音楽等(やや通向)

アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)。野宮真貴(Maki Nomiya)「野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。」(2017年10月)

20180102

 アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)。野宮真貴(Maki Nomiya)「野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。」(2017年10月)。

 再発ではなく新録ですが、名曲スタンダード・カヴァー・アルバム、中でも大瀧詠一アレンジをそのまま踏襲した1曲目「雪やコンコ [feat.Smooth Ace]」が収録されているということで、再編集ものとして選ばさせていただきました。

 坂口修(The Niagara Enterprises.Inc)プロデュースの本シリーズ、安心のクオリティーです。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)。野宮真貴(Maki Nomiya)「野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。」(2017年10月)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)。竹内まりや(Mariya Takeuchi)REQUEST -30th Anniversary Edition-」

20180102_request_30th_anniversary_e

 アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)。竹内まりや(Mariya Takeuchi)REQUEST -30th Anniversary Edition-」(Orig:1987年、Re:2017年11月)。

 本作も、リアルタイムでは関心がなく、今回、魅力を再確認。

 山下達郎の解説によると、他者への提供曲のセルフ・カヴァー盤の先駆け的作品とのこと。
 
 歌詞、メロディー、歌のシンプルな音楽の魅力が詰まっています。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)。竹内まりや(Mariya Takeuchi)REQUEST -30th Anniversary Edition-」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2017年洋楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)。ジャコ・パストリアス (Jaco Pastorius)「ライヴ・イン・ニューヨーク~コンプリート1982 NPR ジャズ・アライヴ! レコーディング」

20180102_1982_npr

 アカウンティング&ミュージック 2017年洋楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)の最後は、ジャコ・パストリアス (Jaco Pastorius)「ライヴ・イン・ニューヨーク~コンプリート1982 NPR ジャズ・アライヴ! レコーディング(Truth, Liberty & Soul: Live In NYC: The Complete 1982 NPR Jazz Alive! Recording )」(2017年4月)。

 発掘ライヴ音源ものですが、すごく音がいい。

 リアルタイムでは、NEW WAVEに関心が移っており、全く追っていなかったワード・オブ・マウス・ビッグ・バンド(Word of Mouth Big Band)ですが、椎名林檎→村田陽一経由で、ギル・エヴァンス(Gil Evans)的ハーモニーの中毒になってしまった私にぴったりはまります。
 

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2017年洋楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)。ジャコ・パストリアス (Jaco Pastorius)「ライヴ・イン・ニューヨーク~コンプリート1982 NPR ジャズ・アライヴ! レコーディング」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2017年洋楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)。ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)「ナイトフライ(The Nightfly)」Limited Editio

20180102_limited_edition

 アカウンティング&ミュージック 2017年洋楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)のお次は、ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)「ナイトフライ(The Nightfly)Limited Edition」(Orig:1982年10月、Re:2017年7月)。

 プリンス(Prince)のオリジナル・アルバムと並んで、従来の再発CDの音質に物足りなさを感じていた本作もリマスター盤が登場。

 リアルタイムでは、NEW WAVEに関心が移っており、ピンと来ませんでしたが、コードの魔術師、冨田ラボ絶賛の本盤、ハーモニー中毒の今の気分にぴったりです。

 

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2017年洋楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)。ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)「ナイトフライ(The Nightfly)」Limited Editio"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2017年洋楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)。プリンス(Prince) 「パープル・レイン(Purple Rain) DELUXE-EXPANDED EDITION」

20180102_deluxeexpanded_edition_2

 年をはさんで、アカウンティング&ミュージック 2017年洋楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)の始めは、プリンス(Prince) 「パープル・レイン(Purple Rain) DELUXE-EXPANDED EDITION」(Orig:1984年、7月、Re:2017年6月)。

 プリンス(Prince)は、生前、オリジナル・アルバムのリマスターを嫌っており、リマスター大好きの私としては再発盤に物足りなさを感じていました。

 待望のリマスター盤、音の良さは期待以上です。

 

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2017年洋楽再発・再編集ベスト3(Accounting&Music 2017 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)。プリンス(Prince) 「パープル・レイン(Purple Rain) DELUXE-EXPANDED EDITION」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)。ノーナ・リーヴス(NONA REEVES)「MISSION」

20171231_mission

 アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)の最後は、ノーナ・リーヴス(NONA REEVES)「MISSION」(2017年10月)。

 えっ、もうそうなのの20周年記念盤。

 前作「FOREVER FOREVER」(2014年6月)を、オリジナル・フル・アルバムとしての最高作として紹介させていただきましたが、それを更新する出来です。
 

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)。ノーナ・リーヴス(NONA REEVES)「MISSION」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)。スカート(Skirt)「20/20(トゥエンティトゥエンティ)」

20171231_2020

 アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)のお次は、スカート(Skirt)「20/20(トゥエンティトゥエンティ)」(2017年10月)。

 澤部渡によるプロジェクトのメジャー・デビュー盤。

 インディーズ時代から注目していましたが、段違いの完成度です。
 

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)。スカート(Skirt)「20/20(トゥエンティトゥエンティ)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)。カーネーション(CARNATION)「Suburban Baroque」

20171231_suburban_baroque

 アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)のお次は、カーネーション(CARNATION)「Suburban Baroque」(2017年9月)。

 結成34年で放つ本作は、なんと私が最高作だと思う「LIVING/LOVING」(2003年)に匹敵するような傑作です。
 

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)。カーネーション(CARNATION)「Suburban Baroque」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)。椎名林檎(Ringo Sheena)「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015

20171231_2015

 アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)のお次は、またもや椎名林檎(Ringo Sheena)「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」(2017年5月)。

 以前に当ブログでも紹介しましたが、 2016年に一番気に入っていたのは、パッケージで発売される前にWOWWOWで放映された同ツアーの録画映像。
 
 ようやく発売された、ジャパニーズ・ゴシック・ファンクとでもいうべき、衣装・演技・歌唱・演奏、特に村田陽一の管楽器アレンジにしびれます。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)。椎名林檎(Ringo Sheena)「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)。椎名林檎(Ringo Sheena)「逆輸入~航空局~」

20171231

 お次は、アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)、椎名林檎(Ringo Sheena)「逆輸入~航空局~」(2017年12月)。

 以前に当ブログで紹介したように、2015年末の紅白歌合戦の椎名林檎「長く短い祭~ここは地獄か天国か篇~」の出来が衝撃的で、ここ2年で、最もよく聴いているのは、椎名林檎。
 
 セルフ・カヴァー集である本作は、11曲中5曲が村田陽一の編曲で、しかも今回は自由にまかせられているらしく、曲によってはまるごと差替えられたらしい、ギル・エヴァンス(Gil Evans)的、モード・ジャズ的ハーモニーが、椎名林檎の個性的な声に実にマッチしています。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2017年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2017 Japan music Best 5)。椎名林檎(Ringo Sheena)「逆輸入~航空局~」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧