« アカウンティング&ミュージック 2023年邦楽ベスト3。第1位:椎名林檎(Ringo Sheena)「椎名林檎と彼奴等と知る諸行無常(Sheena Ringo & The Others Know:Impermanence)」 | トップページ | アカウンティング&ミュージック 2023年邦楽ベスト3。第3位:大貫妙子(Taeko Onuki)「Taeko Onuki Concert 2022(タエコ・オオヌキ・コンサート 2022)」 »

アカウンティング&ミュージック 2023年邦楽ベスト3。第2位:くるり(Quruli)「感覚は道標(Driven By Impulse)」

Driven-by-impulse 第2位:くるり(Quruli)「感覚は道標(Driven By Impulse)」

 オリジナルメンバーのドラム、森信行を迎えての懐古的なアルバムかと初めは思いましたが、「Philharmonic or die」、「THE PIER」に匹敵する名盤ですね。
 制作の様子を追いかけたドキュメンタリー映画「くるりのえいが」を見てのとおり、ゆるい雰囲気で作られているのですが、それが故に、曲作りの良さ、演奏の上手さ、くるりのバンドとしての実力のすごさがよくわかります。
 アルバム発売ツアーで、森信行とともにドラマーとして参加していたクリフ・アーモンド(Cliff Almond)を初めて生で見て、そのグルーヴ

に鳥肌が立ちましたが、このアルバムには彼は参加しておらず、だれがドラマーでも極上のグルーヴを紡げるのが今のくるり。

 岸田繁のリズム・ギターに目が行きがちですが、日本のウィリー・ウィークス(Willie Weeks)の域に達した佐藤征史のベースこそがくるりのドラマーを選ばないグルーヴの良さの源泉だとだんだんわかってきました。

 配信先行シングル「In Your Life」の歌詞ではないですが、実は日本のスティーリー・ダンは、キリンジではなく彼らではないかと思わせるくるり、今後の活躍に期待させていただきます。

■amazonで購入:感覚は道標(Driven By Impulse)

|

« アカウンティング&ミュージック 2023年邦楽ベスト3。第1位:椎名林檎(Ringo Sheena)「椎名林檎と彼奴等と知る諸行無常(Sheena Ringo & The Others Know:Impermanence)」 | トップページ | アカウンティング&ミュージック 2023年邦楽ベスト3。第3位:大貫妙子(Taeko Onuki)「Taeko Onuki Concert 2022(タエコ・オオヌキ・コンサート 2022)」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカウンティング&ミュージック 2023年邦楽ベスト3。第1位:椎名林檎(Ringo Sheena)「椎名林檎と彼奴等と知る諸行無常(Sheena Ringo & The Others Know:Impermanence)」 | トップページ | アカウンティング&ミュージック 2023年邦楽ベスト3。第3位:大貫妙子(Taeko Onuki)「Taeko Onuki Concert 2022(タエコ・オオヌキ・コンサート 2022)」 »