« 2018年2月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5。レキシ「ムキシ」

20181231_2

 アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2018 Japan music Best 5)のお次は、レキシ「ムキシ」(2018年)。

 池田貴史のプロジェクト、レキシの6枚目。
 歌はうまいし、作曲・編曲能力も高く、アリーナ・クラスの人気もわかる、もはや色物とは言わせない完成度。
 
 すばらしいグルーヴの玉田豊夢のドラムは、現在日本一ではないでしょうか?
 

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5。レキシ「ムキシ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5。 ZETTRIO 「Mysterious Superheroes」

20181231_mysterious_superheroes_2

 アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2018 Japan music Best 5)のお次は、H ZETTRIO 「Mysterious Superheroes」(2018年)。

 H ZETT M(ヒイズミ マサユ機)は、椎名林檎での超絶ピアノ・プレイだけでなく、作曲家としても才能豊か。
 
 彼の最高作だと思います。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5。 ZETTRIO 「Mysterious Superheroes」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5。星野源「POP VIRUS」

20181231_pop_virus

 アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2018 Japan music Best 5)のお次は、星野源「POP VIRUS」(2018年)。

来年は、5大ドーム・ツアーを行うし、紅白でも堂々たるパフォーマンスぶり、歌もどんどん上手くなり、今や日本を代表するアーティストといってもよい星野源。
 多くのメディアが評するように、過去最高の完成度、STUTSの起用等音も攻めています。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5。星野源「POP VIRUS」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5。DAOKO「私的旅行」

20181231

 アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2018 Japan music Best 5)のお次は、DAOKO「私的旅行」(2018年)。

 紅白歌合戦でもハラハラしどうしだった歌唱力とは裏腹に、佐野研二郎のデザイン、サカナクションを支える浦本雅史によるサウンド・プロデュース等、プロダクションは実にプロフェッショナル。
 本人の意見が尊重されているのか、プロデューサーにクレジットされた、東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチームに選出されている川村元気の功績なのか不明ですが、リスペクトしている椎名林檎を髣髴とさせます。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5。DAOKO「私的旅行」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5。椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」

20181231_the_narrow_way

 お次は、アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2018 Japan music Best 5)、椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」。

 配信のみ曲ですが、11月9日のミュージック・ステーション、11月24日、25日のライヴ「(生)林檎博'18 - 不惑の余裕 -」でのパフォーマンス込みで選出。

 打合せをしないで5、6回のリハを繰り返して行われたという絶妙な間合いのMステでのパフォーマンは驚きでした。

 そして、本曲も披露された林檎博は、ピンクレデイー的お色気歌謡、アニソン、演歌、ジャズ、フュージョン、R&B、ファンク、ヒップ・ホップ、パンク、テクノ、グランジ等の次から次への展開される音楽絵巻はとにかく圧巻、本当にすごいライヴでした。

 

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2018年邦楽ベスト5。椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5。ジャネール・モネイ(Janelle Monáe) 「ダーティー・コンピューター(DIRTY COMPUTER)」

20181231_dirty_computer

 アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5(Accounting&Music 2018 Inport music Best 5)の最後は、ジャネール・モネイ(Janelle Monáe) 「ダーティー・コンピューター(DIRTY COMPUTER)」(2018年)。

 「Tightrope」(2010年)のビデオを初めて見たときは、びっくりしましたが、アルバムとなると物足りなかったジャネール・モネイ、脱帽の充実作です。
 

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5。ジャネール・モネイ(Janelle Monáe) 「ダーティー・コンピューター(DIRTY COMPUTER)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5。ダーティー・プロジェクターズ(Dirty Projectors)「ランプ・リット・プローズLAMP LIT PROSE」

20181231_lamp_lit_prose

 アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5(Accounting&Music 2018 Inport music Best 5)のお次は、ダーティー・プロジェクターズ(Dirty Projectors)「ランプ・リット・プローズLAMP LIT PROSE」(2018年)。

 
 大好きだった「ビッテ・オルカ(Bitte Orca)」(2009年)以降、地味な作品が続きましたが、久しぶりにポップな快作です。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5。ダーティー・プロジェクターズ(Dirty Projectors)「ランプ・リット・プローズLAMP LIT PROSE」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5。カマシ・ワシントン(Kamasi Washington)「Heaven and Earth」

20181231_heaven_and_earth_3

 アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5(Accounting&Music 2018 Inport music Best 5)のお次は、カマシ・ワシントン(Kamasi Washington)「Heaven and Earth」(2018年)。

 「Earth」盤と「Heaven」盤の2枚組(アナログ4枚組)で構成される2時間半にも及ぶ、これまたサブスク時代にあらがうような大作。

 ジャケット写真も最高、カマシ・ワシントンにはずれなし。


 

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5。カマシ・ワシントン(Kamasi Washington)「Heaven and Earth」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5。ザ・レモン・ツイッグス (The Lemon Twigs) 「ゴー・トゥ・スクール(Go To School)」

20181231_go_to_school_2

 アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5(Accounting&Music 2018 Inport music Best 5)のお次は、ザ・レモン・ツイッグス (The Lemon Twigs) 「ゴー・トゥ・スクール(Go To School)」(2018年8月)。

 サブスク時代にあらがうよう、人間の男の子として育てられたチンパンジーの物語という、ザ・フーを思い起こすような、クラシック・ロック風コンセプト・アルバム。

  今や貴重な、絶滅危惧種の音楽です。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5。ザ・レモン・ツイッグス (The Lemon Twigs) 「ゴー・トゥ・スクール(Go To School)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5。ノアー(KNOWER) 「LIFE」

20181231_life

 YouTubeに加え、サブスク(サブスクリプション・サービス)が浸透し、もはや風前の灯火のようなレコード文化ですが、アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5(Accounting&Music 2018 Inport music Best 5)は今年もやらせていただきます。

 まずは、ノアー(KNOWER) 「LIFE」(配信:2016年、CD:2018年5月)。

ルイス・コール (Louis Cole)とジェネヴィェーヴ・アルターディ(Genevieve Artadi)の二人組の2016年作ですが、2018年に日本で世界初CD化。

 フラング・ロータスやサンダーキャット周辺のLAジャズ・シーンのドラマーながら、クインシー・ジョーンズやレッド・ホット・チリ・ペッパーズらが賞賛するプロデューサー、ソング・ライターであるルイス・コールは、2018年にソロ作「タイム(TIME)」も発表していますが、メロディー・ハーモニーがよりあふれた本作を選ばせていただきました。

 80年代な例えで恐縮ですが、ファンキーなデイヴ・スチュワート&バーバラ・ガスキンとでもいうべき、スペーシー感が最高です。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2018年洋楽ベスト5。ノアー(KNOWER) 「LIFE」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もおいしくいただきました。イデミ・スギノ(HIDEMI SUGINO)」の2018年 クリスマスケーキ 「ソフィア(Sofia)」と「マスコット(Mascotte)」

 20181231_hidemi_sugino1アップが遅れましたが、京橋の風物詩、「イデミ・スギノ(HIDEMI SUGINO)」の2018年 クリスマスケーキ。

  今年は、「ソフィア(Sofia)」と「マスコット(Mascotte)」。

 今年もおいしくいただきました。   

 

続きを読む "今年もおいしくいただきました。イデミ・スギノ(HIDEMI SUGINO)」の2018年 クリスマスケーキ 「ソフィア(Sofia)」と「マスコット(Mascotte)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2019年1月 »