« なんと全米No.1、アップ・タウン・ファンク(Uptown Funk)がもう最高。マーク・ロンソン(Mark Ronson)「アップ・タウン・スペシャル(Uptown Special)」 | トップページ | 刺さりまくる掘り出し物の趣味趣味音楽(しゅみしゅみミュージック)。ザ・ペンフレンドクラブ(The Pen Friend Club)「スピリット・オブ・ザ・ペンフレンドクラブ(Spirit Of The Pen Friend Club)」 »

孤独な中小企業経営者へぴったりの強烈なエール。見城徹(著) 「たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉」

20150329_51 見城徹(著) 「たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉」(2015年3月)。

 当ブログでも、見城徹(著)、 藤田晋(著)「憂鬱でなければ、仕事じゃない」 (2011年6月)、見城徹(著)、 藤田晋(著)「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない」 (2012年4月)をご紹介し共感させていただいている、幻冬舎社長見城徹の仕事術本。

 お客様から次々に持ち込まれる難問ばかりのトラブル・シューティングに明け暮れる今日この頃、私もだいぶ勇気づけさせていただきました。

 孤独な中小企業経営者へぴったりの強烈なエールです。

 一番印象に残ったのが見城徹の次の仕事感。

 「なぜ仕事に熱狂するのか」

 「仕事とは、後戻りできずに、一方通行で死に向かっている虚しさを紛わす重要な一要素だ。」

 65歳になろうとする見城徹ですが、本作の言葉は前2作にも増して重みのあるものが多く、勇気付けられるだけでなくいろいろと考えさせられました。

 「おわりに」で引用された高倉健の座右の銘、「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」もすごくいい言葉だと思います。

|

« なんと全米No.1、アップ・タウン・ファンク(Uptown Funk)がもう最高。マーク・ロンソン(Mark Ronson)「アップ・タウン・スペシャル(Uptown Special)」 | トップページ | 刺さりまくる掘り出し物の趣味趣味音楽(しゅみしゅみミュージック)。ザ・ペンフレンドクラブ(The Pen Friend Club)「スピリット・オブ・ザ・ペンフレンドクラブ(Spirit Of The Pen Friend Club)」 »

開業・中小企業経営等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/61358781

この記事へのトラックバック一覧です: 孤独な中小企業経営者へぴったりの強烈なエール。見城徹(著) 「たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉」:

« なんと全米No.1、アップ・タウン・ファンク(Uptown Funk)がもう最高。マーク・ロンソン(Mark Ronson)「アップ・タウン・スペシャル(Uptown Special)」 | トップページ | 刺さりまくる掘り出し物の趣味趣味音楽(しゅみしゅみミュージック)。ザ・ペンフレンドクラブ(The Pen Friend Club)「スピリット・オブ・ザ・ペンフレンドクラブ(Spirit Of The Pen Friend Club)」 »