« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

待望の新曲。岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)「ビバナミダ」

H251014 岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)「ビバナミダ」(2013年10月)。

 2014年1月から放映されるTVアニメ『スペース☆ダンディ』の主題歌で、作詞はノーナ・リーヴス(NONA REEVES)の西寺郷太(Gota Nishidera)との共作、作曲と全ての演奏、編曲及びプロデュースは岡村靖幸。

 2011年8月に発売された2枚のセルフ・カヴァー・アルバム、「エチケット(パープルジャケット)(Etiquette Purple Jacket)」、「エチケット(ピンクジャケット)(Etiquette Pink Jacket)」で完全復活ののろしを上げた岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)の待望の新曲。

続きを読む "待望の新曲。岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)「ビバナミダ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実務上判断に苦しむ「和解金」の税務上の取り扱いマニュアル。馬渕泰至(著)、三木義一(監修)「和解・調停条項と課税リスク」

H251013  馬渕泰至<弁護士・税理士>(著)、三木義一<青山学院大学教授・弁護士> (監修)「和解・調停条項と課税リスク」 (2013年9月)。

 私も実務上判断に苦しむのが、和解・調停条項に記載された「和解金」の税務上の取り扱い。

 本書は、金銭、不動産、労働や相続など民事事件でよく作成される和解・調停条項を取り上げ、そこから発生する課税リスクを、【個人から個人】【法人から個人】など、場合分けし一覧形式でまとめています。

 「和解金」の税務処理の前、というよりも和解・調停条項の作成前に目を通しておきたい、法律専門家、税務会計専門家、必携のマニュアルです。

続きを読む "実務上判断に苦しむ「和解金」の税務上の取り扱いマニュアル。馬渕泰至(著)、三木義一(監修)「和解・調停条項と課税リスク」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽を聴く価値観を書き換えてくれた、これぞ新しい大衆音楽。大友良英(Yoshihide Otomo) 「連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック2(Renzoku Terebi Shōsetsu Amachan Orijinal Soundtrack2)」

H251007_2 
 大友良英(Yoshihide Otomo) 「連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック2(Renzoku Terebi Shōsetsu Amachan Orijinal Soundtrack2)」(2013年9月)。

 繰り返し聴いていると、他の音楽が何か面白くなく感じてしまうほどの魅力を持っているのが、連続テレビ小説「あまちゃん」の音楽。

 ドラマは「おしまい」でも、音楽は繰り返し楽しめます。

 音楽を聴く価値観を書き換えてくれた、これぞ新しい大衆音楽です。

続きを読む "音楽を聴く価値観を書き換えてくれた、これぞ新しい大衆音楽。大友良英(Yoshihide Otomo) 「連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック2(Renzoku Terebi Shōsetsu Amachan Orijinal Soundtrack2)」 "

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私の注目はやはりあの改正です。平成25年税制改正財務省主税局総務課課長補佐 吉沢 浩二郎ほか「改正税法のすべて」(2013年9月)

H25100625 財務省主税局総務課課長補佐 吉沢 浩二郎ほか「改正税法のすべて」(2013年9月)。

 早くも与党の平成26年税制改正大綱の原案が明らかになったとの報道がなされていますが、立法担当者による税制改正の解説本が今年もようやく発売。

 財務省のWEBで開示されている「平成25年度税制改正の解説」「詳解」の書籍版ですが、税務専門家は書籍版をやはり手元に置いておきたいところ。

 私にとっての最重要の改正は、やはり、待望していた、民事再生等の場合の評価損益の計上に適しない資産の範囲からの評価損益が少額の資産の除外です。

続きを読む "私の注目はやはりあの改正です。平成25年税制改正財務省主税局総務課課長補佐 吉沢 浩二郎ほか「改正税法のすべて」(2013年9月)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »