« 脱帽の完成度の「アルバム」。RHYMESTER(ライムスター)「ダーティーサイエンス」 | トップページ | 2013年のバレンタインはバランシア~ブッシュ型~。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) »

メロディアスでフォーキー、いい枯れ方の心和む会心のソロ作。クリス・ステイミー(Chris Stamey)「Lovesick Blues」

H250208lovesick_blues クリス・ステイミー(Chris Stamey)「Lovesick Blues」(2013年2月)。

 昨年、「ザ・サウンド・オブ・ミュージック(The Sound Of Music)」以来25年ぶりのスタジオ・アルバム、「Falling Off The Sky」(2012年6月)を発表し、うれしい驚きを与えてくれたザ・ディービーズ(The dB's)。

 その主要メンバー、クリス・ステイミー(Chris Stamey)の、「Travels in the South」(2004年)以来となるソロ名義ではおそらく7枚目のアルバム。

 メロディアスでフォーキー、いい枯れ方の心和む会心のソロ作です。

 

H250208its_alright 昨年、「レコード・コレクターズ 2012年 09月号」の「A&Mレコーズの200枚」で、和久井光司(Koji Wakui)がクリス・ステイミー(Chris Stamey)の最高傑作「It's Alright」(1987年)を選んでいたのには少々びっくり。

 和久井光司(Koji Wakui)は、1980年代、日本で数少ないザ・ディービーズ(The dB's)の熱心なファンでしたが、まだ愛してくれているんだなぁと感心。

 それに、「A&Mレコーズの200枚」でというのも、意外性があって面白い。

・You Tube上の「It's Alright」1曲目「Cara Lee」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=dzDWW_r8UZQ

 今回、検索していて発見しましたが、こんなものが作られていたとは!

 そんなこんなの2013年に発売されたクリス・ステイミー(Chris Stamey)「Lovesick Blues」(2013年2月)、これが会心の出来。

・You Tube上の1曲目「Skin」のリリック・ビデオ(Lyrics Video)。

 http://www.youtube.com/watch?v=s7exkXmsxUw

・You Tube上の3曲目「Astronomy」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=a8yxxwi1BeE

・You Tube上の9曲目「Occasional Shivers」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=mM7iaAyXHcY

・You Tube上の10曲目「Lovesick Blues」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=Bm7U0FZXsjA

・You Tube上の11曲目「If Memory Serves」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=dLD5oDvezvs

 もう、美しいメロディーの洪水。

 エってぐらいにアバンギャルドな作品があるクリス・ステイミー(Chris Stamey)のソロ作としては(全作品おすすめできるわけではありません)、ピーター・ホルサップル&クリス・ステイミー(Peter Holsapple & Chris Stamey)名義作以上の、おそらく一番メロディアスでフォーキーな作品です。

 また、こんなにミュージック・ビデオができているなんて、いったいどうしたんでしょう。

H250208king_strut_other_stories ところで、本作のプロデュースは、Jeff Crawfordですが、「(with Suggestions from Andy Partridge)」と意味深なクレジットが付記されています。

クリス・ステイミー(Chris Stamey)とアンディ・パートリッジ(Andy Partridge)の米英の稀代のポップ・メイカー二人は、過去にピーター・ブレグバッド(Peter Blegvad)「King Strut & Other Stories」(1990年)にともに参加していた接点はありましたが、どんなSuggestionsがあったのか気になりますね。

 「Lovesick Blues」でブレイクなんて奇跡があるかもしれないクリス・ステイミー(Chris Stamey)、今後も当然期待させていただきます。

 

 

|

« 脱帽の完成度の「アルバム」。RHYMESTER(ライムスター)「ダーティーサイエンス」 | トップページ | 2013年のバレンタインはバランシア~ブッシュ型~。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

おっ、本作 【Occaisional Shivers】が再録されてますね。かつてアルバム【CHRISTMAS TIME】に収録されていた超名曲ですからね。

投稿: tommi sasuga | 2013年2月24日 (日) 14時04分

tommi sasugaさん、正に「さすが」のコメント、ありがとうございます。
私は全く気が付きませんでした。
リンク追加しておきましたが「CHRISTMAS TIME」は、買っても大丈夫な(笑)クリス・ステイミー(Chris Stamey)の名盤ですよね。
それにしても還暦近くになって吹っ切れたようなクリス・ステイミー(Chris Stamey)のプチ「ブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)」状態、いったいどうしたんでしょうね。

投稿: Accounting&Music | 2013年2月24日 (日) 15時25分

ありがとうございます(笑)。で、iTunesで調べ、さらなる衝撃が!!
ボーナストラックに《I'M COSMOS》!
なんと、Big Starのリーダー クリスベルの、しかもソロ作の、とりわけ超名曲のカバー。
これをクリスステイミーがなんとカバーしているとは。
DLしている場合ではない。今から、買いに走ります!

投稿: tommi sasuga | 2013年2月24日 (日) 16時09分

tommi sasugaさん、ひれ伏すしかない「さすが」のコメント、ありがとうございます。
音楽配信嫌いでボーナス・トラックのダウン・ロードすらしない私も思わずあわててダウンロードしました!
英語版Wikipediaによれば、クリス・ステイミー(Chris Stamey)は、
1977年に独立レコード・レーベル「カー・レコーズ(Car Records)」を設立し、
1978年にクリス・ベル(Chris Bell)のシングル「I Am The Cosmos/You And Your Sister」をリリースした
との記載があります。
どうもクリス・ステイミー(Chris Stamey)と深い関係のある曲のようですが、確かに良い曲ですね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Chris_Stamey
http://www.youtube.com/watch?v=aUWJzxVq_kk
勉強させていただきましてありがとうございます。

投稿: Accounting&Music | 2013年2月24日 (日) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/56719458

この記事へのトラックバック一覧です: メロディアスでフォーキー、いい枯れ方の心和む会心のソロ作。クリス・ステイミー(Chris Stamey)「Lovesick Blues」:

« 脱帽の完成度の「アルバム」。RHYMESTER(ライムスター)「ダーティーサイエンス」 | トップページ | 2013年のバレンタインはバランシア~ブッシュ型~。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) »