« 和風キング・クリムゾン(King Crimson) という感じの傑作。ZAZEN BOYS(ザゼン・ボーイズ)「すとーりーず」 | トップページ | 歌心抜群の期待のシンガーの会心作。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団(Strange Reitaro Travel Swing Orchestra)「桜富士山(Sakura Fujiyama)」 »

実は今年よく聴いていたアルバムです。ジョージ・ベンソン(George Benson)「ブリージン( Breezin')」

H241229_breezin  ジョージ・ベンソン(George Benson)「ブリージン( Breezin')」(1976年、紙ジャケSHM-CD再発:2012年)。

 この「音楽水道時代」、フュージョン、クロスオーバー・ブームの名盤が今どう聴こえるのかの検証も密かな楽しみ。

 ビルボードのPOP、R&B、JAZZの各部門ので同時1位に輝いた大ヒット作ですが、当時はソフトすぎてあまりピンとこなかった印象が。

 しかし、今聴いていみると、完璧なギター・テクニックもさることながら、キャッチーなメロディー、切れの良いリズム等、普遍的な魅力に溢れたアルバムです。

・You tube上のジョージ・ベンソン(George Benson)「ブリージン( Breezin')」、1曲目)「ブリージン( Breezin')」のライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=VDLkaC0oIH4

 テレビのBGMでもおなじみのこの曲は、元々は、ボビー・ウーマック(Bobby Womack)が、ハンガリー出身のジャズ・ギタリスト、ガボール・ザボ (Gabor Szabo)に提供した曲らしい。

 プロデュースは、トミー・リピューマ(Tommy LiPuma)、ミックスはアル・シュミット(Al Shmitt)、スクエアなリズムを刻むハービー・メイスン(Harvey Mason)のドラムが効いています。

 「音楽水道時代」、今後もかつての名盤の再発を期待いたします。

 

|

« 和風キング・クリムゾン(King Crimson) という感じの傑作。ZAZEN BOYS(ザゼン・ボーイズ)「すとーりーず」 | トップページ | 歌心抜群の期待のシンガーの会心作。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団(Strange Reitaro Travel Swing Orchestra)「桜富士山(Sakura Fujiyama)」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/56421092

この記事へのトラックバック一覧です: 実は今年よく聴いていたアルバムです。ジョージ・ベンソン(George Benson)「ブリージン( Breezin')」:

« 和風キング・クリムゾン(King Crimson) という感じの傑作。ZAZEN BOYS(ザゼン・ボーイズ)「すとーりーず」 | トップページ | 歌心抜群の期待のシンガーの会心作。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団(Strange Reitaro Travel Swing Orchestra)「桜富士山(Sakura Fujiyama)」 »