« 破産手続の実務的指針が全面改訂。全国倒産処理弁護士ネットワーク[編]「破産実務Q&A200問 全倒ネットメーリングリストの質疑から」 | トップページ | ストイックながらも親しみやすいミニ・アルバム。ロンサム・ストリングス&中村まり(Lonesome Strings&Mari Nakamura)「アフターソーツ(Afterthoughts)」 »

好相性です。デヴィッド・バーン&セイント・ヴィンセント(David Byrne & St. Vincent)「ラヴ・ディス・ジャイアント(Love This Giant )」

H241203_love_this_giant

 デヴィッド・バーン&セイント・ヴィンセント(David Byrne & St. Vincent)「ラヴ・ディス・ジャイアント(Love This Giant )」(2012年9月)。

 3枚目のアルバム、「ストレンジ・マーシー(Strange Mercy)」(2011年9月)がビルボード総合チャートで最高位19位とブレイクした、セイント・ヴィンセント(St. Vincent)ことアニー・クラーク(ANNIE CLARK)と、デヴィッド・バーン(David Byrne)のコラボ作。

 強烈な個性のご両人ですが、ショコラ&アキト(Chocolat & Akito)ほどではありませんが、なかなかの好相性です。

 デヴィッド・バーン&セイント・ヴィンセント(David Byrne & St. Vincent)「ラヴ・ディス・ジャイアント(Love This Giant )」(2012年9月)、まずはジャケットが文句なく今年最高というべき素晴らしさ。

 清水裕也の日本盤解説によれば、デヴィッド・バーン(David Byrne)の発案で、フランス民話「美女と野獣(La Belle et la Bête)」をモチーフとし、デヴィッド・バーン(David Byrne)が美女で、セイント・ヴィンセント(St. Vincent)ことアニー・クラーク(ANNIE CLARK)が野獣になっているとのこと。

 二人は2009年のダーティー・プロジェクターズ(Dirty Projectors)とビョーク(Bjork)によるコラボレーション・ライブで出会ったらしく、ブラスとエレクトロ・ビートのサウンドがなかなか新鮮。

・You Tube上の1曲目「Who」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=hpPYKJAnwUo

 パーカッシヴなビートに合わせるデヴィッド・バーン(David Byrne)のダンス、健在です。

・You Tube上のアルバム未収録、アフロ期のトーキング・ヘッズ(Talking Heads)の名曲、「Burning Down the House 」のライヴ映像。

http://www.youtube.com/watch?v=YHDpKA6Yl2g

 ブラス・バンドを従えたライヴ、ものすごく良いですね。

 セイント・ヴィンセント(St. Vincent)の快進撃、今後も期待させていただきます。

|

« 破産手続の実務的指針が全面改訂。全国倒産処理弁護士ネットワーク[編]「破産実務Q&A200問 全倒ネットメーリングリストの質疑から」 | トップページ | ストイックながらも親しみやすいミニ・アルバム。ロンサム・ストリングス&中村まり(Lonesome Strings&Mari Nakamura)「アフターソーツ(Afterthoughts)」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/56238910

この記事へのトラックバック一覧です: 好相性です。デヴィッド・バーン&セイント・ヴィンセント(David Byrne & St. Vincent)「ラヴ・ディス・ジャイアント(Love This Giant )」:

« 破産手続の実務的指針が全面改訂。全国倒産処理弁護士ネットワーク[編]「破産実務Q&A200問 全倒ネットメーリングリストの質疑から」 | トップページ | ストイックながらも親しみやすいミニ・アルバム。ロンサム・ストリングス&中村まり(Lonesome Strings&Mari Nakamura)「アフターソーツ(Afterthoughts)」 »