« 山下達郎(Tatsuro Yamashita)という精神が貫かれたベスト盤。山下達郎(Tatsuro Yamashita)「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」 | トップページ | トリオ時代のピチカート・ファイヴ(PIZZICATO FIVE)そのもの。野佐怜奈(Reina Nosa)「DON'T KISS, BUT YES」 »

大好きなギタリストにしてメロディ・メイカー。ビル・ネルソン (Bill Nelson)& the Gentlemen Rocketeers「Live In Concert At Metropolis Studios London」

H241013live_in_concert_at_metropoli  ビル・ネルソン (Bill Nelson)& the Gentlemen Rocketeers「Live In Concert At Metropolis Studios London」(2012年6月)。

 私が大好きだったビ・バップ・デラックス(Be-Bop Deluxe)の中心人物、ビル・ネルソン (Bill Nelson)の2011年3月のライヴ。

 ビ・バップ・デラックス(Be-Bop Deluxe)解散後のビル・ネルソン (Bill Nelson)のソロ活動ははっきり言ってついて行けない感がありましたが、本作はビ・バップ・デラックス(Be-Bop Deluxe)色が強いバンド演奏。

 ビ・バップ・デラックス(Be-Bop Deluxe)のナンバーも多数収録。

 大好きなギタリストにしてメロディ・メイカー、ビ・バップ・デラックス(Be-Bop Deluxe)のビル・ネルソン (Bill Nelson)が堪能できます。

H241013_2012_06

 少し前ですが、音楽雑誌「ストレンジデイズ 2012年 06月号」の表紙には驚きでした。

 まさか、2012年の日本の音楽雑誌の表紙がビ・バップ・デラックス(Be-Bop Deluxe)とは(おそらく初めてでは)!

 ビル・ネルソン (Bill Nelson)のデビュー40周年を記念した8枚組ボックス・セット、「The Practice Of Everyday Life~ Celebrating 40 Years Of Recordings」(2011年11月)の発売を記念し特集が組まれたものでしたが、当該ボックス・セットは、ソロ活動について行けない私にとっては少々重荷。

 そんな中、おそらくこれもデビュー40周年の記念だと思われますが、2011年3月のライヴ盤、ビル・ネルソン (Bill Nelson)& the Gentlemen Rocketeers「Live In Concert At Metropolis Studios London」(2012年6月)が発売。

 いったいどうなっちゃてるんだろうと恐る恐る聴いてみましたが、これがなかなか会心の出来。

・You Tube上の9曲目、ビ・バップ・デラックス(Be-Bop Deluxe)の最大のヒット曲「闇夜の航海(Ships In The Night)」。

 http://www.youtube.com/watch?v=gl3KnOfvb5s

 ギブソンのセミアコの音の良いこと。

・You Tube上の11曲目、ビ・バップ・デラックス(Be-Bop Deluxe)の大好きな名曲「魅惑の淑女(Maid In Heaven)」。

  http://www.youtube.com/watch?v=1WeiBzGBTu8

 この速弾きのイントロがたまりません。

・You Tube上の12曲目、ビ・バップ・デラックス(Be-Bop Deluxe)のこれも大好きな名曲「シスター・シーガル (Sister Seagull)」。

 http://www.youtube.com/watch?v=DQxx978499U&feature=relmfu

  泣きのメロディーです。

 高中正義(Masayoshi Takanaka)とカルロス・サンタナ(Carlos Santana)を2で割ったようなギター、抑揚の大きな歌謡曲っぽいメロディー、やはり大好きなギタリストにしてメロディ・メイカーであることを、なんと2012年に再確認。

 いっそのこと、ビ・バップ・デラックス(Be-Bop Deluxe)の再結成を期待させていただきます。

|

« 山下達郎(Tatsuro Yamashita)という精神が貫かれたベスト盤。山下達郎(Tatsuro Yamashita)「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」 | トップページ | トリオ時代のピチカート・ファイヴ(PIZZICATO FIVE)そのもの。野佐怜奈(Reina Nosa)「DON'T KISS, BUT YES」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/55883490

この記事へのトラックバック一覧です: 大好きなギタリストにしてメロディ・メイカー。ビル・ネルソン (Bill Nelson)& the Gentlemen Rocketeers「Live In Concert At Metropolis Studios London」:

« 山下達郎(Tatsuro Yamashita)という精神が貫かれたベスト盤。山下達郎(Tatsuro Yamashita)「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」 | トップページ | トリオ時代のピチカート・ファイヴ(PIZZICATO FIVE)そのもの。野佐怜奈(Reina Nosa)「DON'T KISS, BUT YES」 »