« 抑揚の大きなメロディーで退屈さを感じさせないチェンバー・ポップ(Chamber Pop)。ジェレク・ビショフ(jherek bischoff)「Composed」 | トップページ | わかりやすいデイヴィッド・シルヴィアン(David Sylvian)。「Victim of Stars 1982-12」 »

天才的な日本語詞を堪能させていただきました。森高千里(Chisato Moritaka)「ザ・シングルス(The Singles)」

H240808the_singles

 森高千里(Chisato Moritaka)「ザ・シングルス(The Singles)」(2012年8月)。

 デビュー25周年を記念した、レーベルの垣根を越えたシングルA面・全45曲が時系列で並べられたベスト盤。

 私の中では、森高千里(Chisato Moritaka)は、小泉今日子(Kyoko Koizumi)や木村カエラ(Kaela Kimura)と並ぶ、才色兼備のスーパー・アイドル。

 中でも、感じたことをそのまま歌にしただけのように見えながら、研ぎ澄まされた美しさを放つ日本語詞はもはや天才的。

 特にDisc2からDisc3にかけて、その天才的な日本語詞が堪能できます。

 森高千里(Chisato Moritaka)「ザ・シングルス(The Singles)」(2012年8月)の発売に合わせて開設された森高千里公式チャンネルでは、200曲セルフカヴァー映像が公開開始。

・You Tube上の200曲セルフカヴァー映像の第1弾、「SWEET CANDY」(1997年)。

 http://www.youtube.com/watch?v=2qiPIg707_E&list=PL88F560E5468166C0&index=1&feature=plpp_video

 感じたことをそのまま歌にしただけのように見えながら、研ぎ澄まされた美しさを放つ、森高千里(Chisato Moritaka)の日本語詞の真骨頂が味わえます。

 ところで、森高千里(Chisato Moritaka)は様々なアーテイストとコラボレーションしていますが、やっぱり忘れられないのが以前に当ブログでもご紹介した細野晴臣(Haruomi Hosono)とのコラボ。

 「ザ・シングルス(The Singles)」にも、森高千里とローソン(LAWSON)のCMで共演したのを機会に発表したシングル「ミラクル・ライト(Miracle Light)」(1997年)が収録。

・You Tub上の「ミラクル・ライト(Miracle Light)」(1997年)の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=pYK2fZTYyYE

 200曲セルフカヴァー映像でも、細野晴臣プロデュースの傑作アルバム、「今年の夏はモア・ベター」(1998年)から早くも2曲アップされており少々びっくり(夏向けの曲だからでしょうが)。

・You Tube上の200曲セルフカヴァー映像の第4弾、「カリプソの娘」(1998年)。

 http://www.youtube.com/watch?v=tuEPhhfV4FA&list=PL88F560E5468166C0&index=4&feature=plpp_video

・You Tube上の200曲セルフカヴァー映像の第5弾、「Hey! 犬」(1998年)。

 http://www.youtube.com/watch?v=tatJfNx4G1s&list=PL88F560E5468166C0&index=5&feature=plpp_video

 どうやら歌手活動を本格的に再開するらしい森高千里(Chisato Moritaka)、期待させていただきます。

|

« 抑揚の大きなメロディーで退屈さを感じさせないチェンバー・ポップ(Chamber Pop)。ジェレク・ビショフ(jherek bischoff)「Composed」 | トップページ | わかりやすいデイヴィッド・シルヴィアン(David Sylvian)。「Victim of Stars 1982-12」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/55381271

この記事へのトラックバック一覧です: 天才的な日本語詞を堪能させていただきました。森高千里(Chisato Moritaka)「ザ・シングルス(The Singles)」:

« 抑揚の大きなメロディーで退屈さを感じさせないチェンバー・ポップ(Chamber Pop)。ジェレク・ビショフ(jherek bischoff)「Composed」 | トップページ | わかりやすいデイヴィッド・シルヴィアン(David Sylvian)。「Victim of Stars 1982-12」 »