« 堅実に音楽活動を前進させている当ブログ一押しアーティストの新作。ジェスカ・フープ(Jesca Hoop)「ハウス・ザット・ジャック・ビルト(House That Jack Built)」 | トップページ | 偉大なるデューク・エリントン(Duke Ellington)の絶妙なる解釈。ジョー・ジャクソン(Joe Jackson)「The Duke」 »

祝、ロンドン・オリンピック開幕。ロンドンといったらやっぱりこのバンドです。マッドネス(Madness)「フォーエヴァー・ヤング~ザ・スカ・コレクション(Forever Young-Ska Collection)」

H240728forever_youngska_collection

 マッドネス(Madness)「フォーエヴァー・ヤング~ザ・スカ・コレクション(Forever Young-Ska Collection)」(2012年3月)。

 当ブログでもご紹介のとおり、素晴らしかった、2009年から2010年にかけての英サルボ(SALVO)からのマッドネス(Madness)の再発デラックスエディション。

 そのおまけのようにさりげなく発売されたのが、1979年から2009年まで30年間のキャリアから選ばれたスカ・ナンバーのベスト・アルバム。

 ロンドンといったらやっぱりこのバンドです。

 マッドネス(Madness)「フォーエヴァー・ヤング~ザ・スカ・コレクション(Forever Young-Ska Collection)」(2012年3月)の注目は、ジミー・クリフ(Jimmy Cliff)「ヴェトナム(Vietnam)」、ノルウェーの作曲家エドヴァルド・グリーグ(Edvard Grieg)の名曲「山の魔王の宮殿にて(In The Hall Of The Mountain King)」のカヴァー2曲の未発表音源。

 どちらも何で未発表だったのかわからない素晴らしい出来。

・You tube上の「山の魔王の宮殿にて(In The Hall Of The Mountain King)」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=XiufY9dESAs

 ベスト盤を編集とするとよく映える、ポップな作品にことかかないマッドネス(Madness)らしく、通常ベスト盤、「トータル・マッドネス(Total Madness)」(2009年9月)と並んでお勧めです。

 私も思わず見入ってしまいましたが、映画「トレインスポッティング(Trainspotting)」の監督ダニー・ボイル(Danny Boyle)が芸術監督を務め、アンダーワールド (underworld)が音楽監督を務めたロンドン・オリンピック開会式、「驚異の島(Isle Of Wonder)」はすごかったですね。

 産業革命の部分が特に印象に残りました。

 閉会式には、マッドネス(Madness)も登場するらしく、そちらも期待させていただきます。

|

« 堅実に音楽活動を前進させている当ブログ一押しアーティストの新作。ジェスカ・フープ(Jesca Hoop)「ハウス・ザット・ジャック・ビルト(House That Jack Built)」 | トップページ | 偉大なるデューク・エリントン(Duke Ellington)の絶妙なる解釈。ジョー・ジャクソン(Joe Jackson)「The Duke」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/55301981

この記事へのトラックバック一覧です: 祝、ロンドン・オリンピック開幕。ロンドンといったらやっぱりこのバンドです。マッドネス(Madness)「フォーエヴァー・ヤング~ザ・スカ・コレクション(Forever Young-Ska Collection)」:

« 堅実に音楽活動を前進させている当ブログ一押しアーティストの新作。ジェスカ・フープ(Jesca Hoop)「ハウス・ザット・ジャック・ビルト(House That Jack Built)」 | トップページ | 偉大なるデューク・エリントン(Duke Ellington)の絶妙なる解釈。ジョー・ジャクソン(Joe Jackson)「The Duke」 »