« いかにもベルリン録音という手触りです。クレア&ザ・リーズンズ(Clare & the Reasons) 「KR-51」 | トップページ | 聴いて良し、見て良し。シャディー(Sade)「ブリング・ミー・ホーム:ライヴ2011(Bring Me Home - Live 2011)CD+DVD」 »

細野晴臣(Haruomi Hosono)らはっぴいえんど(Happy End)が驚いたサウンドです。リトル・フィート (Little Feat)「アメリカン・キューティ(American Cutie)」

H240708american_cutie  リトル・フィート (Little Feat)「アメリカン・キューティ(American Cutie)」(2012年2月)。

 「デキシー・チキン(Dixie Chicken)」(1973年)発売直後の1973年7月、FM放送出演時のライブ音源。

 以前に当ブログでご紹介したように、1972年、録音でロスアンジェルスを訪れていた細野晴臣(Haruomi Hosono)らはっぴいえんど(Happy End)のメンバーが「デキシー・チキン(Dixie Chicken)」のレコーディングを見学し、「何で見ちゃったんだろうと思うけど、見ちゃったものはしょうがない」というほど衝撃を受けたというシンコペーション(MUSIC MAGAZINE(ミュージック・マガジン)2007年11月号参照)。

 その衝撃がダイレクトに伝わるような、熱演です。

・You Tube上の14曲目「ファット・マン・イン・ザ・バスタブ(Fat Man in the Bath Tub)」の、ほぼ同時期、1975年のBBC Old Grey Whistle Testの映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=SkZsSydzQjM

 ローウェル・ジョージ(Lowell George)がスリムです。

 リトル・フィート (Little Feat)のライブ盤としては、「ウェイティング・フォー・コロンブス(Waiting For Columbus)」(1978年)が有名で、音質はそちらの方がよいのですが、タワー・オブ・パワー(Tower of Power)のホーンセクションが入っていたり、長尺ジャム指向が強かったりで、コンパクトで荒削りな「アメリカン・キューティ(American Cutie)」の方が私にとっては魅力的。

 来日したり、新譜を出したり、いまだに現役バリバリのリトル・フィート (Little Feat)ですが、貴重な音源の発掘も期待させていただきます。

|

« いかにもベルリン録音という手触りです。クレア&ザ・リーズンズ(Clare & the Reasons) 「KR-51」 | トップページ | 聴いて良し、見て良し。シャディー(Sade)「ブリング・ミー・ホーム:ライヴ2011(Bring Me Home - Live 2011)CD+DVD」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/55152327

この記事へのトラックバック一覧です: 細野晴臣(Haruomi Hosono)らはっぴいえんど(Happy End)が驚いたサウンドです。リトル・フィート (Little Feat)「アメリカン・キューティ(American Cutie)」:

« いかにもベルリン録音という手触りです。クレア&ザ・リーズンズ(Clare & the Reasons) 「KR-51」 | トップページ | 聴いて良し、見て良し。シャディー(Sade)「ブリング・ミー・ホーム:ライヴ2011(Bring Me Home - Live 2011)CD+DVD」 »