« お帰りなさい、残響(リバーブ:Reverberation)の時代(1980年代)の最高のアメリカン・ギター・ポップ・バンドNo.1。ザ・ディービーズ(The dB's)「スタンズ・フォー・デシベルズ(Stands for Decibels)」 | トップページ | お帰りなさい、残響(リバーブ:Reverberation)の時代(1980年代)の最高のアメリカン・ギター・ポップ・バンドNo.3。ザ・ディービーズ(The dB's)「ライク・ディス(Like This)」 »

お帰りなさい、残響(リバーブ:Reverberation)の時代(1980年代)の最高のアメリカン・ギター・ポップ・バンドNo.2。ザ・ディービーズ(The dB's)「Repercussion」

H240612_repercussion 当ブログでも先日ご紹介のとおり、ザ・ディービーズ(The dB's)が、「ザ・サウンド・オブ・ミュージック(The Sound Of Music)」以来25年ぶりのスタジオ・アルバム、「Falling Off The Sky」を2012年6月12日にリリース。

 「お帰りなさい、残響(リバーブ:Reverberation)の時代(1980年代)の最高のアメリカン・ギター・ポップ・バンド」と題した特集の第2回は、2ndアルバム、ザ・ディービーズ(The dB's)「Repercussion」(1982年)。

 味わい深さならこちらが上、「スタンズ・フォー・デシベルズ(Stands for Decibels)」(1981年)に負けず劣らずの傑作です。

H240612_music_magazine_1982_06 現在はインターネットを通じて即時、大量の情報を入手できますが、当時は音楽雑誌が情報源。

 ザ・ディービーズ(The dB's)の2ndアルバム、「Repercussion」(1982年)の発売を知ったのは、「MUSIC MAGAZINE(ミュージック・マガジン)1982年6月号」。

 前作と異なり日本盤の発売がなかったので、「輸入盤紹介」で、今野雄二が紹介。

 「ニュー・ヨーク・シックス・パック」と呼ばれた1群の中ではザ・ボンゴーズがダントツだと確信していたが、ザ・ディービーズのこのセカンド・アルバムを聞くに及び、それもいささかぐらつき始めた。それ程、これは素晴らしい出来なのである。」

 「これが新しい音だ、といいたい。」

と「MUSIC MAGAZINE(ミュージック・マガジン)」誌上では実に手厳しかった今野雄二(Yuji Konno)も絶賛。

 「ニュー・ヨーク・シックス・パック」とは、ザ・ディービーズ(The dB's)、ザ・ボンゴーズ(The Bongos)、ザ・フィーリーズ(The Feelies)、ザ・ラウンジ・リザーズ(The Lounge Lizards)等の当時のニューヨークの先進的バンド群6組をイギリスに紹介する際に用いられていた言葉で、今でいうならばバンパイア・ウィークエンド(Vampire Weekend)やMGMT等の「ブルックリン系」と似たような言葉。

 当時、今野雄二は「ニュー・ヨーク・シックス・パック」についての記事も書いていたはずですが、「MUSIC MAGAZINE(ミュージック・マガジン)」誌上では見つからないので、おそらくシティ・ロード誌の方でしたでしょうか。

H240612_repercussion_2 私がいち早く入手した、おそらく限定盤のザ・ディービーズ(The dB's)「Repercussion」(1982年)のオリジナルLPは、左画像のように右下の「FREE」と書かれた小さな袋がついており、A面最後に「pH Factor」 、B面最後に「Judy」の2曲のLP未収録のエクストラ・トラックが含まれたカセットがおまけで付いているという珍盤。                                                 

 特に、メロディ・メイカー、ピーター・ホルサップル(Peter Holsapple)の作詞作曲、「Judy」は名曲で、仲間に自慢して聴かせたものです。

・You Tube上の「Judy」の貴重なライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=4NuO4u5PV9E

・You Tube上の「pH Factor」の貴重なライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=r-GCCp0cuW4

 ちなみに「Judy」は、「スタンズ・フォー・デシベルズ(Stands for Decibels)」の現行CDのボーナストラック、「pH Factor」は、1曲目が「Living A Lie」の、LPや現行CDとは曲順の違う1989年にI.R.S.から出た「Repercussion」のCDのボーナストラックとして収録されています。

 「Repercussion」のプロデュースとレコーディングは、その後、ザ・ディービーズ(The dB's)のファンだったらしいR.E.M.を手掛けることになるスコット・リット(Scott Litt)。

・You Tube上の、1曲目「Happenstance」の貴重なライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=tjM3dGCZkhQ

 作詞作曲は、クリス・ステイミー(Chris Stamey)。

・You Tube上の、3曲目「Living A Lie」の貴重なライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=DGBDN1TtQEQ

 作詞作曲は、ピーター・ホルサップル(Peter Holsapple)。

 7曲目「Neverland」はミュージック・ビデオがあったのですが、現在はブロックされており残念ながらご紹介できません。

 http://www.youtube.com/watch?v=hfpli2VQtZU&feature=list_related&playnext=1&list=AL94UKMTqg-9Ahj31lPd5TIR6qc4P54yyf

  前作に比べ疾走感はなくなりましたが、味わい深さではこちらが上の「Repercussion」、金羊社の技術でカセット・ポケット再現の紙ジャケ・リマスター盤を期待させていただきます。

 

|

« お帰りなさい、残響(リバーブ:Reverberation)の時代(1980年代)の最高のアメリカン・ギター・ポップ・バンドNo.1。ザ・ディービーズ(The dB's)「スタンズ・フォー・デシベルズ(Stands for Decibels)」 | トップページ | お帰りなさい、残響(リバーブ:Reverberation)の時代(1980年代)の最高のアメリカン・ギター・ポップ・バンドNo.3。ザ・ディービーズ(The dB's)「ライク・ディス(Like This)」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/54945704

この記事へのトラックバック一覧です: お帰りなさい、残響(リバーブ:Reverberation)の時代(1980年代)の最高のアメリカン・ギター・ポップ・バンドNo.2。ザ・ディービーズ(The dB's)「Repercussion」:

« お帰りなさい、残響(リバーブ:Reverberation)の時代(1980年代)の最高のアメリカン・ギター・ポップ・バンドNo.1。ザ・ディービーズ(The dB's)「スタンズ・フォー・デシベルズ(Stands for Decibels)」 | トップページ | お帰りなさい、残響(リバーブ:Reverberation)の時代(1980年代)の最高のアメリカン・ギター・ポップ・バンドNo.3。ザ・ディービーズ(The dB's)「ライク・ディス(Like This)」 »