« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

40年前の名作「ギヴ・イット・アップ(Give It Up)」(1972年)に匹敵する大傑作です。ボニー・レイット (Bonnie Raitt)「スリップストリーム(Slipstream)」

H240531_slipstream ボニー・レイット (Bonnie Raitt)のデビュー41年目にして通算16枚目、7年ぶりのアルバム、「スリップストリーム(Slipstream)」(US:2012年4月、JP:2012年5月)。

 8曲が自身のプロデュースで、4曲がジョー・ヘンリー (Joe Henry)のプロデュース。

 全米最高6位とセールスも好調な本作、40年前の名作「ギヴ・イット・アップ(Give It Up)」(1972年)に匹敵する大傑作です。

続きを読む "40年前の名作「ギヴ・イット・アップ(Give It Up)」(1972年)に匹敵する大傑作です。ボニー・レイット (Bonnie Raitt)「スリップストリーム(Slipstream)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良質ながら骨太かつ貪欲、今年のベスト・アルバムの1枚。タニザワトモフミ(Tomofumi Tanizawa)「何重人格」

H240529 今年は、新譜、再発ともに良いアルバムが多くてブログ更新がなかなか追いつかないうれしい悲鳴。

 タニザワトモフミ(Tomofumi Tanizawa)「何重人格」(2012年4月)も本当はもっと早くご紹介すべき傑作。

 「アカウンティング&ミュージック 2011年邦楽ベスト5(Accounting&Music 2011 Japan music Best 5)」に選出させていただいた前作、タニザワトモフミ(Tomofumi Tanizawa)「日本に落ちてきた男」(2011年2月)と同様に、良質ながら骨太かつ貪欲。

 今年のベスト・アルバムの1枚です。

続きを読む "良質ながら骨太かつ貪欲、今年のベスト・アルバムの1枚。タニザワトモフミ(Tomofumi Tanizawa)「何重人格」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今聴いても最高の音質です。ドン・ゲーマン(Don Gehman)プロデュースのモダン・アメリカン・ルーツ・サウンド。ジョン・クーガー・メレンキャンプ(John Cougar Mellencamp)「ロンサム・ジュビリー(The Lonesome Jubilee)」

H240527_the_lonesome_jubilee 1976年芸名ジョン・クーガー(John Cougar)でデビューし、1983年にジョン・クーガー・メレンキャンプ(John Cougar Mellencamp)と改名、1991年から本名を名乗るジョン・メレンキャンプ(John Mellencamp)の、1978年から1989年にかけてのアルバム8タイトルが紙ジャケ+SHM-CD仕様で再発。

 私の注目は、もちろん、ジョン・クーガー・メレンキャンプ(John Cougar Mellencamp)名義の「ロンサム・ジュビリー(The Lonesome Jubilee)」(オリジナル:1987年、JP紙ジャケ再発:2012年3月)。

 発売当時、私を夢中にさせたドン・ゲーマン(Don Gehman)プロデュースのモダン・アメリカン・ルーツ・サウンド、今聴いても最高の音質です。

続きを読む "今聴いても最高の音質です。ドン・ゲーマン(Don Gehman)プロデュースのモダン・アメリカン・ルーツ・サウンド。ジョン・クーガー・メレンキャンプ(John Cougar Mellencamp)「ロンサム・ジュビリー(The Lonesome Jubilee)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期待通りの会心の出来。我が国が世界に誇る芸能です。きゃりーぱみゅぱみゅ(Kyarypamyupamyu)「ぱみゅぱみゅレボリューション(Pamyu Pamyu Revolution)」

H240525 きゃりーぱみゅぱみゅ(Kyarypamyupamyu)の1stフル・アルバム、「ぱみゅぱみゅレボリューション(Pamyu Pamyu Revolution)」(2012年5月)が遂に発売。

 プロデュース・作詞・作曲・編曲・演奏・録音・ミックス・マスタリングのすべてを完全一人仕事でこなす中田ヤスタカ(Yasutaka Nakata)の非の打ちどころのない「一人縫い」サウンド、村上隆(Takashi Murakami)に匹敵するようなSteve Nakamuraの見事なアート・ワークに支えられ、期待通りの会心の出来。

 アメリカ、フランス、ベルギーのiTunes Storeエレクトロニックチャートで1位を獲得し、Youtubeでも外人コメントが激増している「ぱみゅぱみゅレボリューション(Pamyu Pamyu Revolution)」、我が国が世界に誇る芸能です。

続きを読む "期待通りの会心の出来。我が国が世界に誇る芸能です。きゃりーぱみゅぱみゅ(Kyarypamyupamyu)「ぱみゅぱみゅレボリューション(Pamyu Pamyu Revolution)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドナルド・ダック・ダン(Donald "duck" Dunn)の訃報に接して何度も聞き返している伝説のモントレー(モンタレー)・ポップ・フェスティバル(Monterey Pop Festival)のライヴ。オーティス・レディング(Otis Redding)「Dreams To Remember: The Otis Redding Anthology」

H240522_dreams_to_rememberthe_otis_ 
  STAX! スティーヴ・クロッパー、ドナルド“ダック”ダン&エディ・フロイド ( STAX! STEVE CROPPER,DONALD "DUCK" DUNN & EDDIE FLOYD)の一員として来日していたベーシスト、ドナルド・ダック・ダン(Donald "duck" Dunn)が2012年5月13日、宿泊先のホテルで急死。

 私にとって、ドナルド・ダック・ダン(Donald "duck" Dunn)といえば、なんといっても1975年に39歳の若さで凶弾に倒れたドラマー、アル・ジャクソン(Al Jackson)とのコンビでのオーティス・レディング(Otis  Redding)のバッキング。

 オーティス・レディング(Otis  Redding)の録音物は音質的に私好みでないものが多いのですが、マスタリングに定評のあるライノ(RHINO)の「Dreams To Remember: The Otis Redding Anthology」(1998年)はそんな先入観を払拭させてくれる素晴らしいサウンド。

 中でも伝説の1967年のモントレー(モンタレー)・ポップ・フェスティバル(Monterey Pop Festival)のライヴ音源が最高です。

続きを読む "ドナルド・ダック・ダン(Donald "duck" Dunn)の訃報に接して何度も聞き返している伝説のモントレー(モンタレー)・ポップ・フェスティバル(Monterey Pop Festival)のライヴ。オーティス・レディング(Otis Redding)「Dreams To Remember: The Otis Redding Anthology」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リヴォン・ヘルム (Levon Helm)の訃報に接して無性に聴きたくなった1枚。久保田麻琴(Makoto Kubota)「ON THE BORDER(オン・ザ・ボーダー)」

H240515_on_the_border 1998年に喉頭がんと診断されて以降、闘病生活を続けてきた、ザ・バンド (The Band)のドラマーにしてヴォーカリスト、リヴォン・ヘルム (Levon Helm)が2012年4月19日、71歳で死去。

 訃報に接して無性に聴きたくなった1枚が、久保田麻琴(Makoto Kubota)「ON THE BORDER(オン・ザ・ボーダー)」(2000年11月)。

 ゴールデン・ウィークに我が家のCDを整理してようやく発見しました。

 

続きを読む "リヴォン・ヘルム (Levon Helm)の訃報に接して無性に聴きたくなった1枚。久保田麻琴(Makoto Kubota)「ON THE BORDER(オン・ザ・ボーダー)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーク・ロンソン(Mark Ronson)プロデュースのルーファス・ウェインライト(Rufus Wainwright)、最高です。ルーファス・ウェインライト(Rufus Wainwright)「アウト・オブ・ザ・ゲーム(Out of the Game)」

H240513_out_of_the_game
 アメリカン・SSWだったら何といってもスフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)派の私としては、どうしてもなじめなかったルーファス・ウェインライト(Rufus Wainwright)。

 歌の上手さは確かに脱帽するけれど、今まで琴線に触れたのは、申し訳ありませんが、アメリカ映画「アイ・アム・サム(I am Sam)」(2001年)の傑作サウンドトラック、「アイ・アム・サム オリジナル・サウンドトラック(I Am Sam music from and inspired by the motion picture)」(2002年)収録、「アクロス・ザ・ユニバース(Across the Universe)」のカヴァーだけ。

 ところが、ルーファス・ウェインライト(Rufus Wainwright)の新作、「アウト・オブ・ザ・ゲーム(Out of the Game)」(2012年4月)のプロデューサーはなんとそのポップ・センスを私も高く評価するマーク・ロンソン(Mark Ronson)!

 マーク・ロンソン(Mark Ronson)プロデュースのルーファス・ウェインライト(Rufus Wainwright)、最高じゃないですか。

 

続きを読む "マーク・ロンソン(Mark Ronson)プロデュースのルーファス・ウェインライト(Rufus Wainwright)、最高です。ルーファス・ウェインライト(Rufus Wainwright)「アウト・オブ・ザ・ゲーム(Out of the Game)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社が生きるか死ぬかの修羅場で真剣勝負をしてきた筆者ならではの「本質を突いた」経営分析の書。冨山和彦(著)、経営共創基盤(著) 「IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ」

H240511_igpi 
 産業再生機構の元代表取締役専務兼業務執行最高責任者(COO)として有名な冨山和彦と、同氏が現在代表取締役専務兼最高経営責任者(CEO)を務める経営共創基盤の共著「IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ」(2012年3月)。

 会社が生きるか死ぬかの修羅場で真剣勝負をしてきた筆者ならではの「本質を突いた」経営分析の書です。

続きを読む "会社が生きるか死ぬかの修羅場で真剣勝負をしてきた筆者ならではの「本質を突いた」経営分析の書。冨山和彦(著)、経営共創基盤(著) 「IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »