« 職人の凄味。NHKプロフェッショナル 仕事の流儀「不満足こそが、極上を生む パン職人・成瀬 正」 | トップページ | 池上さんにとっても税金は難しい?池上彰(著)「知らないと損する 池上彰のお金の学校」 »

ランク・アップした音質で蘇る珠玉のDisc1。大貫妙子(Teko Onuki)「GOLDEN☆BEST The BEST 80’s Director’s Edition」

H240303goldenbest_the_best_80s_dire 大貫妙子(Teko Onuki)「GOLDEN☆BEST The BEST 80’s Director’s Edition」(2011年12月)。

 本人と当時のスタッフの選曲による、RCA移籍第2弾作品「ROMANTIQUE」(1980年)からMIDIレコード最後の作品「NEW MOON」(1990年)までの1980年代の作品を中心としたベスト盤。

 最新リマスタリングが施されていると思われる音質、Disc1の選曲が素晴らしく、RCA時代のオリジナル・アルバムのリマスター盤をお持ちの方もこれは「買い」のベスト盤です。

 

H240303aventure まずは、3曲目の私の一番好きな曲、「恋人達の明日」の音の良さにびっくり。

 私にとっての大貫妙子(Teko Onuki)の最高傑作の名盤、同曲が収録された「AVENTURE」(1981年)の2008年リマスター盤と聴き比べてみましたが、ワン・ランク上の立体感。

 このリマスター音源で、「AVENTURE」の再発も期待いたします。

 「AVENTURE」は、1984年にヨーロッパ旅行をした際によく聴きましたが、街並みと空気に実にマッチ。

 なお、同時に、CM曲集、「TAEKO ONUKI WORKS 1983-2011 CM / TV Music Collection」(2011年12月)も発売。

 こちらは、ファンの方は当然見逃せないでしょう。

 先日ご紹介の岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)と対極にある音楽性の大貫妙子(Teko Onuki)、交互に聴くと気持ちいいことは新たな発見です。

 

|

« 職人の凄味。NHKプロフェッショナル 仕事の流儀「不満足こそが、極上を生む パン職人・成瀬 正」 | トップページ | 池上さんにとっても税金は難しい?池上彰(著)「知らないと損する 池上彰のお金の学校」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/54133787

この記事へのトラックバック一覧です: ランク・アップした音質で蘇る珠玉のDisc1。大貫妙子(Teko Onuki)「GOLDEN☆BEST The BEST 80’s Director’s Edition」:

« 職人の凄味。NHKプロフェッショナル 仕事の流儀「不満足こそが、極上を生む パン職人・成瀬 正」 | トップページ | 池上さんにとっても税金は難しい?池上彰(著)「知らないと損する 池上彰のお金の学校」 »