« スマートフォンで個人情報を丸裸にされないためには?「週刊 ダイヤモンド 2012年 2/11号 特集2 奪われるプライバシー」 | トップページ | 2012年のバレンタインは例年より大きめのショコラフランボワーズ。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) »

大ブレイクです。セイント・ヴィンセント(St. Vincent )「ストレンジ・マーシー(Strange Mercy)」

H240208strange_mercy  1月に初来日を果たしたセイント・ヴィンセント(St. Vincent)ことアニー・クラーク(ANNIE CLARK)の3枚目のアルバム、「ストレンジ・マーシー(Strange Mercy)」(2011年9月)。

 1枚目「マリー・ミー(MARRY ME)」(2007年7月)、2枚目「アクター(Actor)」(2009年4月)と当ブログでも早くから注目させていただいたセイント・ヴィンセント(St. Vincent)。

 個人的には、メロディアスな1枚目が好みで、「ストレンジ・マーシー(Strange Mercy)」は2枚目と同様にメロディアスな曲が少ないなぁと思っていたら、ビルボード総合チャートで最高位19位と大当たりしたようです。

・You Tube上の2曲目「Cruel」のミュージック・ビデオ(PV)。

 http://www.youtube.com/watch?v=Itt0rALeHE8

・You Tube上の、1曲目「Chloe In The Afternoon」、4曲目「Surgeon」、6曲目「Strange Mercy」、11曲目「Year Of The Tiger」の「4AD Session」と称するライブ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=5jv4lgFrL7U&feature=relmfu

 このライヴは、芯の強い歌、ロバート・フリップ(Robert Fripp)好きという独特な「鳴らし語り」ギター、そして美しいルックスというセイント・ヴィンセント(St. Vincent)の魅力が凝縮。

 「ストレンジ・マーシー(Strange Mercy)」、何回も聴き直してみましたが完成度の高さは一番かもしれません。

 この来日インタビューによると、次回作はデヴィッド・バーン(David Byrne)とのコラボレーションらしいセイント・ヴィンセント(St. Vincent)、大いに期待させていただきます。

|

« スマートフォンで個人情報を丸裸にされないためには?「週刊 ダイヤモンド 2012年 2/11号 特集2 奪われるプライバシー」 | トップページ | 2012年のバレンタインは例年より大きめのショコラフランボワーズ。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/53929336

この記事へのトラックバック一覧です: 大ブレイクです。セイント・ヴィンセント(St. Vincent )「ストレンジ・マーシー(Strange Mercy)」:

« スマートフォンで個人情報を丸裸にされないためには?「週刊 ダイヤモンド 2012年 2/11号 特集2 奪われるプライバシー」 | トップページ | 2012年のバレンタインは例年より大きめのショコラフランボワーズ。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) »