« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

ボブ・ディラン(Bob Dylan)も好きらしい名曲「バリータウンから来た男(Barrytowan)」。ベン・フォールズ(Ben Folds)「ベスト・イミテーション・オブ・マイセルフ(The Best Imitation of Myself:A Retrospective)」

H240128the_best_imitation_of_myse_2  ベン・フォールズ(Ben Folds)の裏ベスト&BF5の再結成作&レア・トラック集&LIVE音源集の要素を併せ持つコンピレーション・アルバム、「ベスト・イミテーション・オブ・マイセルフ(The Best Imitation of Myself:A Retrospective)」 (2011年10月)。

 ベン・フォールズ(Ben Folds)のベスト・アルバムとしては、「ベン・フォールズ・ファイル コンプリート・ベスト・オブ・ベン・フォールズ・ファイヴ&ベン・フォールズ(Bem Folds File Complete Best Of Ben Folds Five&Ben Folds)」(2009年2月)が素晴らしい出来でしたが・・・。

 

続きを読む "ボブ・ディラン(Bob Dylan)も好きらしい名曲「バリータウンから来た男(Barrytowan)」。ベン・フォールズ(Ben Folds)「ベスト・イミテーション・オブ・マイセルフ(The Best Imitation of Myself:A Retrospective)」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書店やamazonでは買えないユニークな事業再生の参考書。川野雅之「「企業再生」 事例集」

H240127_3

 書店やamazonでは買えないため、その存在に気が付くのが遅れたのが、川野雅之「「企業再生」 事例集」(2011年9月)。

 TKC出版の直販商品のため、下記のサイトでないと購入不可のようです。

 http://www.tkcshuppan.co.jp/57065/57065_1.htm

 入手方法だけではなく、中身もユニークな事業再生の参考書です。

続きを読む "書店やamazonでは買えないユニークな事業再生の参考書。川野雅之「「企業再生」 事例集」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実は小西康晴(Yasuharu Konishi)名曲集。野宮真貴(Maki Nomiya)「30~Greatest Self Covers&More!!!~」

H24012630greatest_self_coversmore  野宮真貴(Maki Nomiya)のデビュー30周年を記念したセルフ・カヴァー・アルバム、野宮真貴(Maki Nomiya)「30~Greatest Self Covers&More!!!~」(2012年1月)。

 以前にも当ブログでご紹介の通り、私、野宮真貴(Maki Nomiya)についてはデビュー当時から30年のファン。

 年齢を完璧に感じさせない声、川勝正幸の今野雄二ばりの愛情溢れるライナーでも指摘の「どんどん上手くなった」歌は本当にグレート。

 ただし、各曲に野宮真貴(Maki Nomiya)ゆかりのプロデューサーがついているのですが、小西康晴(Yasuharu Konishi)の名前がなぜかありません。

続きを読む "実は小西康晴(Yasuharu Konishi)名曲集。野宮真貴(Maki Nomiya)「30~Greatest Self Covers&More!!!~」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは便利です。太田達也「決算・税務申告対策の手引―平成24年3月期決算法人対応」

H240124243  2012年3月期(平成24年3月期)の決算は、

・過年度遡及会計基準の適用(会計処理・申告調整・税効果会計対応等)

・会社計算規則の改正(会計方針の変更に関する注記・会計上の見積りの変更に関する注記・誤謬の訂正に関する注記等)

・平成23年税制改正(法人税等の税率変更等)

の影響の大きい改正項目があり、実務上、注意が必要。

 そんな中で発売されたのが、太田達也「決算・税務申告対策の手引―平成24年3月期決算法人対応」(2011年12月)。

 改正事項に的を絞った決算対策の単行本というのは珍しいような気がしますが、これは便利です。

続きを読む "これは便利です。太田達也「決算・税務申告対策の手引―平成24年3月期決算法人対応」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天才メロディ・メイカー鈴木慶一(Keiichi Suziki)の真髄が味わえる、デモ音源集の超名盤。「The Lost SUZUKI Tapes 2」

H240121the_lost_suzuki_tapes_2

 無期限活動休止を宣言した影響もあるのか、2011年はムーンライダーズ(Moonriders)祭りとも言えるほど、関係作品が多数発売。

 その中でさりげなく発売されたのが、鈴木慶一(Keiichi Suziki)の「The Lost SUZUKI Tapes」(1993年)以来の デモ音源集、「The Lost SUZUKI Tapes 2」(2011年12月)。

 天才メロディ・メイカー鈴木慶一(Keiichi Suziki)の真髄が味わえる、デモ音源集の超名盤です。

続きを読む "天才メロディ・メイカー鈴木慶一(Keiichi Suziki)の真髄が味わえる、デモ音源集の超名盤。「The Lost SUZUKI Tapes 2」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倒産件数は2年連続の前年比減少で、負債総額は過去10年で最小。帝国データバンク「全国企業倒産 2011年報 2011年1月1日~12月31日」

 帝国データバンクが2012年1月13日に「全国企業倒産 2011年報 2011年1月1日~12月31日」を公表。

 倒産件数は1万1369件、2年連続の前年比減少で、負債総額は3兆4637億3300万円、過去10年で最小とのこと。

続きを読む "倒産件数は2年連続の前年比減少で、負債総額は過去10年で最小。帝国データバンク「全国企業倒産 2011年報 2011年1月1日~12月31日」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「名作曲家」、パディ・マクアルーン(Paddy McAloon)。naomi & goro × 菊地成孔(Naruyoshi Kikuchi)「calendula(カレンデュラ)」

H240118calendula  トーマス・ドルビー(Thomas Dolby)「Map of the Floating City」(2011年10月)収録の「Oceanea」を聴いて思い起こしたのが、トーマス・ドルビー(Thomas Dolby)がプロデューサーを務めたプリファブ・スプラウト (Prefab Sprout)。

 そして、プリファブ・スプラウト (Prefab Sprout)のリーダーにしてソング・ライター、パディ・マクアルーン(Paddy McAloon)の「名作曲家」ぶりを堪能させてくれるのが、naomi & goro × 菊地成孔(Naruyoshi Kikuchi)「calendula(カレンデュラ)」(2011年7月)です。

続きを読む "「名作曲家」、パディ・マクアルーン(Paddy McAloon)。naomi & goro × 菊地成孔(Naruyoshi Kikuchi)「calendula(カレンデュラ)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の抱える最も大きな問題。「週刊 ダイヤモンド 2012年 1/21号 特集 あなたは中国経済を信じますか」

H240117_2012_121  「週刊 ダイヤモンド 2012年 1/21号」の特集は、「あなたは中国経済を信じますか」。

 12月に行われた事業再生研究機構のセミナー「中国における会計実務の諸問題と倒産手続」で、中国で活動するチャールズ チャン(Charles W D Chan)英国勅許公認会計士が何度も指摘していた、中国の抱える最も大きな問題についても触れられています。

続きを読む "中国の抱える最も大きな問題。「週刊 ダイヤモンド 2012年 1/21号 特集 あなたは中国経済を信じますか」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聴いて見て楽しむ、ポップでキャッチーなトーマス・ドルビー(Thomas Dolby)。「Singular Thomas Dolby (Bonus Dvd)」

H240115singular_thomas_dolby_bonus_

 19年ぶりのスタジオ・フル・アルバム、「Map of the Floating City」(2011年10月)が素晴らしかったトーマス・ドルビー(Thomas Dolby)。

 日本盤が発売されていなかったこともありご存知のない方もいるかと思いますが、2009年にベスト盤と初期2作のリマスター盤が発売されています。

 お勧めは、1981年から1992年までのシングル曲を集めたミュージック・ビデオ付のベスト盤「Singular Thomas Dolby (Bonus Dvd)」(2009年3月)です。

続きを読む "聴いて見て楽しむ、ポップでキャッチーなトーマス・ドルビー(Thomas Dolby)。「Singular Thomas Dolby (Bonus Dvd)」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

考えさせられます。日本経済新聞「私の履歴書 トニー・ブレア(Tony Blair)」

 そろそろ折り返しに入ろうとしていますが、日本経済新聞「私の履歴書 トニー・ブレア(Tony Blair)」を面白く読ませていただいています。

 保守党政権から政権交代した労働党政権のトニー・ブレア(Tony Blair)の回顧録、民主党政権への日本経済新聞が送る「エール」のようにも思えてしまいます。

続きを読む "考えさせられます。日本経済新聞「私の履歴書 トニー・ブレア(Tony Blair)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期待を上回る19年ぶりのスタジオ・フル・アルバム。トーマス・ドルビー(Thomas Dolby)「Map of the Floating City」

H240113map_of_the_floating_city

 気が付くのが少々遅れましたが、トーマス・ドルビー(Thomas Dolby)「Map of the Floating City」(2011年10月)が発売されていたことを最近発見。

 期待を上回る19年ぶりのスタジオ・フル・アルバムです。

 

続きを読む "期待を上回る19年ぶりのスタジオ・フル・アルバム。トーマス・ドルビー(Thomas Dolby)「Map of the Floating City」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もう経済成長しなくていいという議論があるが、本当にそうか。2012年1月12日付日本経済新聞「C世代駆ける 社会のため自ら行動 グリー社長 田中良和氏(34) 」

 2012年1月12日付日本経済新聞「C世代駆ける 社会のため自ら行動 グリー社長 田中良和氏(34) 」。

 「もう経済成長しなくていいという議論があるが、本当にそうか」にという問題についての、グリー社長 田中良和の意見。

続きを読む "もう経済成長しなくていいという議論があるが、本当にそうか。2012年1月12日付日本経済新聞「C世代駆ける 社会のため自ら行動 グリー社長 田中良和氏(34) 」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「きゃりーANAN」にぞっこんです。きゃりーぱみゅぱみゅ(Kyarypamyupamyu)「つけまつける(Tsukema Tsukeru)」

H240110

 きゃりーぱみゅぱみゅ(Kyarypamyupamyu)のニュー・シングル、「つけまつける(Tsukema Tsukeru)」(2012年1月)が遂に発売。

 中田ヤスタカ(Yasutaka Nakata)のリズミカルな作詞の才能がまたも炸裂。

 おじさんは、「きゃりーANAN」にぞっこんです。

続きを読む "「きゃりーANAN」にぞっこんです。きゃりーぱみゅぱみゅ(Kyarypamyupamyu)「つけまつける(Tsukema Tsukeru)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊 ダイヤモンド 2012年 1/14号」 特集「効率60倍アップ!ビジュアル活用仕事術」

H240109_2012_114  「週刊 ダイヤモンド 2012年 1/14号」の特集は、「効率60倍アップ!ビジュアル活用仕事術」。

 

続きを読む "「週刊 ダイヤモンド 2012年 1/14号」 特集「効率60倍アップ!ビジュアル活用仕事術」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年にあたり被災地の復興を願って。京橋千疋屋 京橋本店「復興支援チャリティMENU 京橋店限定 大粒いちごのワッフル」

Img_0418

 京橋千疋屋 京橋本店「復興支援チャリティMENU 京橋店限定 大粒いちごのワッフル」(消費税込1,575円)。

 お代の10%が義捐金として日本赤十字に寄付されます。

 紅白の縁起の良い色合い、新年にあたり被災地の復興を願って食させていただきました。

続きを読む "新年にあたり被災地の復興を願って。京橋千疋屋 京橋本店「復興支援チャリティMENU 京橋店限定 大粒いちごのワッフル」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 「アカウンティング&ミュージック 2011年 邦楽カバー・アートワーク 番外編(Accounting&Music 2011 Japan Music Cover Artwork Extra)」。さすが日本を代表するWEBデザイナーの作品です。岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)公式ホーム・ページ・オープニングムービー「ぶーしゃかLOOP」

 もうひとつ番外編をご紹介。

 岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)公式ホーム・ページ・オープニングムービー「ぶーしゃかLOOP」(2011年8月)。

 http://okamurayasuyuki.info/

 ご覧になったことのない方は、まずはご覧あれ。

 デイレクション・デザイン(Direction / Design)は、日本を代表するWEBデザイナー、中村勇吾(Yugo Nakamura)。

  カッコ良さに驚きます。

続きを読む " 「アカウンティング&ミュージック 2011年 邦楽カバー・アートワーク 番外編(Accounting&Music 2011 Japan Music Cover Artwork Extra)」。さすが日本を代表するWEBデザイナーの作品です。岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)公式ホーム・ページ・オープニングムービー「ぶーしゃかLOOP」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト 番外編(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue reconstruction Best Extra)」。2011年の重要な再発アルバムを忘れていました。ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)「逃避行(Hejira)」

H230508_hejira_2

 もう一度ご紹介しておきたい重要な再発アルバムを忘れていましたので、アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト 番外編(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue reconstruction Best Extra)」として、追加でご紹介。

 そのアルバムは、ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)初の紙ジャケ再発盤として発売された、「逃避行(Hejira)」(オリジナル:1976年、紙ジャケ再発:2011年4月)。

 ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)の独特のオープン・チューニング・ギターによる心地よいテンションのコード感、ジャコ・パストリアス (Jaco Pastorius)の美しいベース・ラインが寄り添う粒ぞろいの名曲の数々、ほれぼれする美しさ。

 私の人生ベスト・アルバム10枚の中に入りそうな名盤中の名盤です。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト 番外編(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue reconstruction Best Extra)」。2011年の重要な再発アルバムを忘れていました。ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)「逃避行(Hejira)」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アカウンティング&ミュージック 2011年 邦楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Japan Music Cover Artwork Best 3)」。選曲が絶品な家族をテーマとする名曲のカバー・アルバムという内容をよく表したアット・ホームなジャケット写真。児玉奈央と青柳拓次(No Kodama&Takuji Aoyagi)「Family Songs」

H230905family_songs

 「アカウンティング&ミュージック 2011年 邦楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Japan Music Cover Artwork Best 3)」の締めは、児玉奈央と青柳拓次(No Kodama&Takuji Aoyagi)「Family Songs」(2011年7月)。

 ジェリー鵜飼(JERRY UKAI)の手による、選曲が絶品な家族をテーマとする名曲のカバー・アルバムという内容をよく表したアット・ホームなジャケット写真に心が和みます。

続きを読む "「アカウンティング&ミュージック 2011年 邦楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Japan Music Cover Artwork Best 3)」。選曲が絶品な家族をテーマとする名曲のカバー・アルバムという内容をよく表したアット・ホームなジャケット写真。児玉奈央と青柳拓次(No Kodama&Takuji Aoyagi)「Family Songs」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アカウンティング&ミュージック 2011年 邦楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Japan Music Cover Artwork Best 3)」。日本の誇り、コーネリアス (Cornelius)・ビジュアル。salyu×salyu(サリュ バイ サリュ)「s(o)un(d)beams(サウンドビームス)」

H230424_soundbeams

 「アカウンティング&ミュージック 2011年 邦楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Japan Music Cover Artwork Best 3)」のお次は、salyu×salyu(サリュ バイ サリュ)「s(o)un(d)beams(サウンドビームス)」(2011年4月)。

 ジャケット・デザインはHELP!の北山雅和(Masakazu Kitayama)、中の冊子を含めて、日本の誇り、コーネリアス (Cornelius)・ビジュアルが楽しめます。

続きを読む "「アカウンティング&ミュージック 2011年 邦楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Japan Music Cover Artwork Best 3)」。日本の誇り、コーネリアス (Cornelius)・ビジュアル。salyu×salyu(サリュ バイ サリュ)「s(o)un(d)beams(サウンドビームス)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アカウンティング&ミュージック 2011年 邦楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Japan Music Cover Artwork Best 3)」。一見軽い少女趣味に見えながらおじさんを「うむむ」と唸らせる只者ならぬ「本物感」。きゃりーぱみゅぱみゅ(Kyarypamyupamyu)「もしもし原宿(Moshi Moshi Harajuku)」

 

H230820

 今度は、「アカウンティング&ミュージック 2011年 邦楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Japan Music Cover Artwork Best 3)」。

 皮切りは、きゃりーぱみゅぱみゅ(Kyarypamyupamyu)「もしもし原宿(Moshi Moshi Harajuku)」(2011年8月)。

 アート・デイレクターはSteve Nakamura、村上隆(Takashi Murakami)とも相通じる、一見軽い少女趣味に見えながら細部にまで徹底された美意識、おじさんは見逃しませんぞ。

続きを読む "「アカウンティング&ミュージック 2011年 邦楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Japan Music Cover Artwork Best 3)」。一見軽い少女趣味に見えながらおじさんを「うむむ」と唸らせる只者ならぬ「本物感」。きゃりーぱみゅぱみゅ(Kyarypamyupamyu)「もしもし原宿(Moshi Moshi Harajuku)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アカウンティング&ミュージック 2011年 洋楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Import Music Cover Artwork Best 3)」。等身大の作品という中身をよく表したデザイン。ジェスカ・フープ(Jesca Hoop)「スノウグローブ(Snowglobe)」(UK:2011年3月)

H230417_snowglobe

 「アカウンティング&ミュージック 2011年 洋楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Import Music Cover Artwork Best 3)」の締めは、ジェスカ・フープ(Jesca Hoop)「スノウグローブ(Snowglobe)」(UK:2011年3月)。

 「Kismet Acoustic Ep」(2008年11月)と同様にとりあえずイギリスのLast Laughレーベル盤のみの発売、エルボー(Elbow)のガイ・ガーヴェイ(Guy Garvey)の勧めで活動の拠点としているらしいマンチェスター(Manchester)のミュージシャンやエンジニアと録音した、小規模な編成のアコースティックな小品。

 そんな等身大の作品という中身をよく表しているのが、シーツにくるまったジェスカ・フープ(Jesca Hoop)の写真を使ったMelanie Knottのデザインです。

続きを読む "「アカウンティング&ミュージック 2011年 洋楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Import Music Cover Artwork Best 3)」。等身大の作品という中身をよく表したデザイン。ジェスカ・フープ(Jesca Hoop)「スノウグローブ(Snowglobe)」(UK:2011年3月)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アカウンティング&ミュージック 2011年 洋楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Import Music Cover Artwork Best 3)」。おなじみM/M(paris)によるスタイリッシュかつエキセントリックな美しさ。ビョーク(Bjork)「バイオフィリア(Biophilia)」

H231023_biophilia  「アカウンティング&ミュージック 2011年 洋楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Import Music Cover Artwork Best 3)」のお次は、ビョーク(Bjork)「バイオフィリア(Biophilia)」(2011年10月)。

 ミカエル・アムザラグ(Michael Amzalag)とマティアス・オーギュスティニアック(Mathias Augustyniak)が1992年に結成したグラフィックデザイナー・アートディレクターのデュオ、M/M(paris)によるジャケットがまたまた素晴らしい。

 やっぱり、「様」をつけていいのは「●●様」ではなく「ビョーク(Bjork)様」だ、と確信するスタイリッシュかつエキセントリックな美しさです。

続きを読む "「アカウンティング&ミュージック 2011年 洋楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Import Music Cover Artwork Best 3)」。おなじみM/M(paris)によるスタイリッシュかつエキセントリックな美しさ。ビョーク(Bjork)「バイオフィリア(Biophilia)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アカウンティング&ミュージック 2011年 洋楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Import Music Cover Artwork Best 3)」。どんな人為的なデザインも寄せ付けない自然の神秘的な美しさに心打たれます。ピーター・ガブリエル(Peter Gabriel)「ニュー・ブラッド(New Blood)」

H240107new_blood

  仕事始めも一段落の連休に入りましたが、またまた、2011年の音楽コンテンツを振り返らせていだきます。

 今度は、「アカウンティング&ミュージック 2011年 洋楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Import Music Cover Artwork Best 3)」。

 パッケージ・ソフトの最後の砦といっても良いかもしれない「カバー・アートワーク(Cover Artwork)ですが、今年は、洋楽、邦楽に分けてベスト3を順不同で一枚ずつご紹介。

 皮切りは、ピーター・ガブリエル(Peter Gabriel)「ニュー・ブラッド(New Blood)」(2011年10月)。

 昨年の「スクラッチ・マイ・バック(Scratch My Back)」(2010年2月)と同様の「科学と神秘シリーズ」、どんな人為的なデザインも寄せ付けない自然の神秘的な美しさです。

続きを読む "「アカウンティング&ミュージック 2011年 洋楽カバー・アートワーク・ベスト3(Accounting&Music 2011 Import Music Cover Artwork Best 3)」。どんな人為的なデザインも寄せ付けない自然の神秘的な美しさに心打たれます。ピーター・ガブリエル(Peter Gabriel)「ニュー・ブラッド(New Blood)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アカウンティング&ミュージック 2011年邦楽再発・再構築ベスト3」(Accounting&Music 2011 Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)」。最高の歌謡曲歌手、サンディー(Sandii)。サンディー・アイ(Sandi Ai)「くちづけは許して」

H231009

 「アカウンティング&ミュージック 2011年邦楽再発・再構築ベスト3」(Accounting&Music 2011 Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)」の締めは、サンディー・アイ(Sandi Ai)「くちづけは許して」(オリジナル盤:1975年、再発盤:2011年8月)。

 今やフラダンスの先生もしくはハワイアン・シンガーとしての印象が強いサンディー(Sandii)の、サンディー・アイ(Sandi Ai)名義のデビュー・アルバム。

 12曲中9曲を、懐かしのライオン「エメロンシャンプー」のCM曲「ふりむかないで」のハニー・ナイツのリーダー、葵まさひこが作曲・編曲を手掛けるコテコテの歌謡アルバムなのですが、昔は良いメロディーが多かったなぁと思わず感心してしまう名曲ぞろいのカヴァーと、それを歌いこなすサンディー(Sandii)。

 最高の歌謡曲歌手、サンディー(Sandii)を堪能できます。

続きを読む "「アカウンティング&ミュージック 2011年邦楽再発・再構築ベスト3」(Accounting&Music 2011 Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)」。最高の歌謡曲歌手、サンディー(Sandii)。サンディー・アイ(Sandi Ai)「くちづけは許して」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アカウンティング&ミュージック 2011年邦楽再発・再構築ベスト3」(Accounting&Music 2011 Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)」。「ヒットよりも永く愛される曲」というムーンライダーズ(Moon Riders)の本質的魅力が堪能できます。「クラウン・イヤーズ・ベスト&LIVE」

H231219live

  「アカウンティング&ミュージック 2011年邦楽再発・再構築ベスト3」(Accounting&Music 2011 Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)」のお次は、ムーンライダーズ(Moonriders)「クラウン・イヤーズ・ベスト&LIVE」(2011年1月)。

 日本最古の現役ロックバンドとも称されるムーンライダーズ(Moonriders)が2011年をもって無期限活動休止を宣言。

 ムーンライダーズ(Moonriders)は私が大学時代に最も影響を受けていたバンド。

 「東京一は日本一」(1981年)と同様に矢吹申彦に頼めばなぁと思わせる素朴なジャケット・デザイン、ファンの方も見逃していそうな地味なベスト・アルバム、「クラウン・イヤーズ・ベスト&LIVE」を選んだのは、決して餞別がわりなどではありません。

 2010年リマスターの音質、「地下水道」や「エレファント」を含んだ選曲、未公表ライヴ音源のボーナス・トラックも魅力ですが、このJASRACのサイトの鈴木博文と岡田徹のインタビューでも触れられている「ヒットよりも永く愛される曲」というムーンライダーズ(Moon Riders)の本質的魅力が堪能できます。

続きを読む "「アカウンティング&ミュージック 2011年邦楽再発・再構築ベスト3」(Accounting&Music 2011 Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)」。「ヒットよりも永く愛される曲」というムーンライダーズ(Moon Riders)の本質的魅力が堪能できます。「クラウン・イヤーズ・ベスト&LIVE」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アカウンティング&ミュージック 2011年邦楽再発・再構築ベスト3」(Accounting&Music 2011 Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)」。天才、岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)のブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)同様な「魔法」感と「純粋」感。「エチケット(パープルジャケット)(Etiquette Purple Jacket)」

H230824etiquette_purple_jacket_2

 今度は、「アカウンティング&ミュージック 2011年邦楽再発・再構築ベスト3」(Accounting&Music 2011 Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)」。

 皮切りは、岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)「エチケット(パープルジャケット)(Etiquette Purple Jacket)」(2011年8月)。

 ライヴ用音源等を「再構築」して製作されたセルフ・カヴァー・アルバムのため、再発・再構築( Reissue Reconstruction)のカテゴリーで選出。

  繰り返し聴いているうちに気が付いたのが、天才、岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)のブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)との共通点。

 展開の意外性に満ちた「魔法」感、そして音楽に対する「純粋」感です。

続きを読む "「アカウンティング&ミュージック 2011年邦楽再発・再構築ベスト3」(Accounting&Music 2011 Japan Music Reissue Reconstruction Best 3)」。天才、岡村靖幸(Yasuyuki Okamura)のブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)同様な「魔法」感と「純粋」感。「エチケット(パープルジャケット)(Etiquette Purple Jacket)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue reconstruction Best 3)」。ジャック・ブレイズ(Jack Blades)の聴くと元気が出る荒くれベース。ルビコン(Rubicon)「シスコの熱風(Rubicon)」

H230417_rubicon

 「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue reconstruction Best 3)」の締めは、ルビコン(Rubicon)「シスコの熱風(Rubicon)」(USオリジナル:1978年、US再発:2009年、JP再発:2011年2月)。

 私の中では、ラリー・グラハム(Larry Graham)、ニール・ジェイソン(Neil Jason)と並ぶ3大荒くれベーシストの一人、ジャック・ブレイズ(Jack Blades)参加の希少性のある作品の再発。

 聴くと元気が出ます。

続きを読む "アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue reconstruction Best 3)」。ジャック・ブレイズ(Jack Blades)の聴くと元気が出る荒くれベース。ルビコン(Rubicon)「シスコの熱風(Rubicon)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」。2011年「ホール&オーツ」祭り、実は2011年リマスター日本盤が再発されていた隠れ名盤。ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)「アバンダンド・ランチョネット(Abandoned Luncheonette)」

H240102abandoned_luncheonette_2

 「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」のお次は、ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)「アバンダンド・ランチョネット(Abandoned Luncheonette)」(オリジナル:1973年、日本盤再発リマスター:2011年)。 

 来日したこともあり、2011年は一挙に過去の音源が再発され、「ホール&オーツ祭り」状態のダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)。

 我が人生の1枚、「モダン・ポップ(X-STATIC)」(1979年)、あるいはおそらくしばらくすると品切れになるであろうデビッド・フォスター(David Foster)プロデュースにしてキング・クリムゾン (King Crimson) のロバート・フリップ(Robert Fripp)参加の怪盤「赤い断層(Along the Red Ledge)」(1978年)を買うのも良し。

 私のお勧めは、実は、Tower Record限定で2011年リマスターSHM-CD仕様日本盤が再発されていた隠れ名盤、「アバンダンド・ランチョネット(Abandoned Luncheonette)」です。

続きを読む "「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」。2011年「ホール&オーツ」祭り、実は2011年リマスター日本盤が再発されていた隠れ名盤。ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)「アバンダンド・ランチョネット(Abandoned Luncheonette)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」。輪廻転生、不死鳥のように甦るブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)の無邪気な魔法の音楽。ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys)「スマイル(Smile Sessions)」

H231121_smile_sessions  年を改め、再度、2011年の音楽コンテンツを振り返らせていだきます。

 今度は、「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」。

 従来は、「再発リマスターベスト5」でしたが、今年度より「再発リマスター( Reissue Remaster) 」よりセルフ・カヴァーや再編集等をも含んだ広い概念を想定した「再発・再構築(Reissue Reconstruction)」に、「ベスト5(Best 5)」は再発息切れ感を反映し「ベスト3(Best 3)」に変更。

 皮切りは、ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys)「スマイル(Smile Sessions)」(2011年11月)。

 実は、2011年最もよく聴いたのが、この「再構築」版「スマイル(Smile)」。

 輪廻転生、不死鳥のように甦るブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)の無邪気な魔法の音楽、純粋無垢、ピュアな魅力が満載です。

続きを読む "「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」。輪廻転生、不死鳥のように甦るブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)の無邪気な魔法の音楽。ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys)「スマイル(Smile Sessions)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元旦日本経済新聞1面。「C世代 駆ける(1) 開かれる知 つながる力」

 新年明けましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願い申し上げます。

 毎年、楽しみにしている元旦の日本経済新聞1面ですが、今年(2012年1月1日)の見出しは、「C世代 駆ける(1) 開かれる知 つながる力」でした。

続きを読む "元旦日本経済新聞1面。「C世代 駆ける(1) 開かれる知 つながる力」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »