« 「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」。輪廻転生、不死鳥のように甦るブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)の無邪気な魔法の音楽。ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys)「スマイル(Smile Sessions)」 | トップページ | アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue reconstruction Best 3)」。ジャック・ブレイズ(Jack Blades)の聴くと元気が出る荒くれベース。ルビコン(Rubicon)「シスコの熱風(Rubicon)」 »

「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」。2011年「ホール&オーツ」祭り、実は2011年リマスター日本盤が再発されていた隠れ名盤。ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)「アバンダンド・ランチョネット(Abandoned Luncheonette)」

H240102abandoned_luncheonette_2

 「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」のお次は、ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)「アバンダンド・ランチョネット(Abandoned Luncheonette)」(オリジナル:1973年、日本盤再発リマスター:2011年)。 

 来日したこともあり、2011年は一挙に過去の音源が再発され、「ホール&オーツ祭り」状態のダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)。

 我が人生の1枚、「モダン・ポップ(X-STATIC)」(1979年)、あるいはおそらくしばらくすると品切れになるであろうデビッド・フォスター(David Foster)プロデュースにしてキング・クリムゾン (King Crimson) のロバート・フリップ(Robert Fripp)参加の怪盤「赤い断層(Along the Red Ledge)」(1978年)を買うのも良し。

 私のお勧めは、実は、Tower Record限定で2011年リマスターSHM-CD仕様日本盤が再発されていた隠れ名盤、「アバンダンド・ランチョネット(Abandoned Luncheonette)」です。

 「アバンダンド・ランチョネット(Abandoned Luncheonette)」(1973年)は、黄金時代を築いたRCA移籍前のワーナー在籍時、アリフ・マーディン(Arif Mardin)プロデュースのフォーキーな隠れ名盤。

 4枚組全74曲入りボックス・セット、「ドゥ・ホワット・ユー・ウォント、ビー・ホワット・ユー・アー(Do What You Want Be What You Are: The Music of Daryl Hall & John Oates)」(US:2009年10月、JP:2009年11月)にも収録されていた「つめたい朝(When The Morning Comes)」で幕を開ける本作は、シンプルがゆえ、ホール&オーツの歌の上手さ、ソング・ライティングの巧みさを満喫できます。

 「アバンダンド・ランチョネット(Abandoned Luncheonette)」、従来入手可能で現時点でもamazonで入手可能なのが、2008年のRHINO(ライノ)盤。

 リマスターの表記はないのですが、そこはRHINO(ライノ)、十分に音が良く、実はTower Record限定の2011年リマスターSHM-CD仕様盤と音質的にはそんなに差はないように思えます。

 しかし、紙ジャケットでないのは残念ですが、矢口清治の見開き4ページのていねいな日本語解説、沼崎敦子の歌詞の日本語訳付ですので、できればTower Record限定盤で入手したいところです。

 http://tower.jp/item/2890498/

 と思ったら、Tower Record限定盤は販売終了で入手が難しいようですので、再再発が待てない方はRHINO(ライノ)盤をお買い求めください。

 「アバンダンド・ランチョネット(Abandoned Luncheonette)」、これからも愛聴させていただきます。

|

« 「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」。輪廻転生、不死鳥のように甦るブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)の無邪気な魔法の音楽。ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys)「スマイル(Smile Sessions)」 | トップページ | アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue reconstruction Best 3)」。ジャック・ブレイズ(Jack Blades)の聴くと元気が出る荒くれベース。ルビコン(Rubicon)「シスコの熱風(Rubicon)」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/53635256

この記事へのトラックバック一覧です: 「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」。2011年「ホール&オーツ」祭り、実は2011年リマスター日本盤が再発されていた隠れ名盤。ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)「アバンダンド・ランチョネット(Abandoned Luncheonette)」:

« 「アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue Reconstruction Best 3)」。輪廻転生、不死鳥のように甦るブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)の無邪気な魔法の音楽。ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys)「スマイル(Smile Sessions)」 | トップページ | アカウンティング&ミュージック 2011年洋楽再発・再構築ベスト3(Accounting&Music 2011 Inport Music Reissue reconstruction Best 3)」。ジャック・ブレイズ(Jack Blades)の聴くと元気が出る荒くれベース。ルビコン(Rubicon)「シスコの熱風(Rubicon)」 »