« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

破産管財人の報酬の源泉徴収所得税は破産者名で所轄税務署に納付の、最高裁判後の準公式見解?若林孝三、有賀文宣、吉田行雄、中津山凖一共編「平成23年度版 実例問答式 役員と使用人の給与・賞与・退職金の税務」

H231130 我が事務所の常備本、 若林孝三、有賀文宣、吉田行雄、中津山凖一共編「平成23年度版 実例問答式 役員と使用人の給与・賞与・退職金の税務」が、平成21年度版を改訂する形で発売(2011年10月)。

 私が注目したのは、以前に当ブログでもご紹介した、破産管財人が自らに支払う管財人報酬についての源泉徴収義務を負うと最高裁の初判断(最高裁 2011年01月14日 平成20年(行ツ)236号)を受けて、当該問題がどのように触れられているかです。

 

続きを読む "破産管財人の報酬の源泉徴収所得税は破産者名で所轄税務署に納付の、最高裁判後の準公式見解?若林孝三、有賀文宣、吉田行雄、中津山凖一共編「平成23年度版 実例問答式 役員と使用人の給与・賞与・退職金の税務」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研ぎ澄まされた言葉とリズムを貫く、筒美京平(Kyohei Tsutsumi)も認めるキャッチーなセンスが抜群です。サカナクション(Sakanaction)「DocumentaLy」

H231127documentaly サカナクション(Sakanaction)「DocumentaLy」(2011年9月)が素晴らしい。

 お恥ずかしながら、サカナクション(Sakanaction)の音楽をきちんと聴いたのは最近のこと。

 東日本大震災のニュースを見ていたら、偶然始まったNHKのトップ・ランナーで先行シングル曲「ルーキー」を聴いてびっくり。

 研ぎ澄まされた言葉とリズムを貫く、筒美京平(Kyohei Tsutsumi)も認めるキャッチーなセンスが抜群です。

続きを読む "研ぎ澄まされた言葉とリズムを貫く、筒美京平(Kyohei Tsutsumi)も認めるキャッチーなセンスが抜群です。サカナクション(Sakanaction)「DocumentaLy」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

修正後の平成23年度(2011年度)税制改正法案が衆議院可決。法人課税と納税環境整備以外の所得税、資産課税等は平成24年度(2012年度)税制改正以降へ先送りが確定。

 先日、当ブログでもご紹介した、民主党、自由民主党、公明党の三党が合意した修正後の平成23年度(2011年度)税制改正法案が、2011年11月24日、衆議院で可決されました。

 法人課税と納税環境整備は当初案通り改正となりましたが、所得税、資産課税等は平成24年度(2012年度)税制改正以降へ先送りが確定しました。

続きを読む "修正後の平成23年度(2011年度)税制改正法案が衆議院可決。法人課税と納税環境整備以外の所得税、資産課税等は平成24年度(2012年度)税制改正以降へ先送りが確定。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輪廻転生、不死鳥のように甦るブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)の無邪気な魔法の音楽。ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys)「スマイル(Smile Sessions)」

H231121_smile_sessions ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys)「スマイル(Smile Sessions)」が発売(2011年11月)。

 「ペット・サウンズ(Pet Sounds)」(1966年)的浮遊感溢れる音世界が大好きだけど、サーフィン・サウンドはわからない軟弱な(山下達郎等の人々と比べて)ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys)ファンの私にとっても大事件。

 とはいっても、EMIミュージックジャパンの売り文句のような未発表アルバム「スマイル(Smile)」が44年後に遂に発売というのはやはり多くの方が指摘の通りあまりに不適切。

 今回発売されたのは、あくまでも、当初1967年に発売予定であったもののお蔵入りとなった未完成アルバム「スマイル(Smile)」のためのセッションの音源を、2003年にブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)がソロ・アルバムとして完成させた「スマイル(Smile)」の構成でいろいろとつぎはぎして再構築してみたという代物(その辺の事情は本盤解説と同じく萩原健太執筆の「レコード・コレクターズ2011年12月号」の記事を読むとよくわかります)。

 では、おまけのおまけみたいなアルバムかというとそうはどっこい、さすがに「スマイル(Smile)」、「ペット・サウンズ(Pet Sounds)」を上回るかというぐらいの素晴らしい出来。

 輪廻転生、不死鳥のように甦るブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)の無邪気な魔法の音楽、この気持ちよさは何なのでしょうか!

続きを読む "輪廻転生、不死鳥のように甦るブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)の無邪気な魔法の音楽。ザ・ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys)「スマイル(Smile Sessions)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修正後の平成23年度(2011年度)税制改正法案が公表も、3党合意により法人課税と納税環境整備以外の所得税、資産課税等は平成24年度(2012年度)税制改正以降へ先送りに。

 先日、当ブログでも、政府税制調査会は10月11日の総会で、「東日本大震災からの復興のための事業及びB型肝炎対策の財源等に係る税制改正大綱」を決定し、復興特別所得税・法人税・たばこ税等の措置が講じられるのとともに、審議中であった平成23年度(2011年度)税制改正法案については、改正事項の適用開始時期等の修正が行われたとご報告。

 ところが、11月4日、財務省が「「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律案」の修正」等が公表されたものの、11月10日、民主党、自由民主党、公明党の三党は、たばこ増税の見送り、復興特別所得税を2.1%で25年間とすること等について合意するとともに、平成23年度(2011年度)税制改正法案については、なんと法人課税と納税環境整備以外の項目、すなわち給与所得控除の縮減等を盛り込んだ所得課税の改正、相続税の基礎控除の縮減等を含む資産課税の改正などは平成24年税制改正以降へ先送りに。

 いまだかつてないぐらいに混乱が続く平成23年度(2011年度)税制改正、専門家の我々でも、何が変わって何が変わらないのか、それはいつからなのか慎重に整理する必要がありそうです。

続きを読む "修正後の平成23年度(2011年度)税制改正法案が公表も、3党合意により法人課税と納税環境整備以外の所得税、資産課税等は平成24年度(2012年度)税制改正以降へ先送りに。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人的には心穏やかではいられない事件です。1980年代に最もトンガっていたバンドのリマスター音源が遂に登場。PINK(ピンク)「ゴールデン☆ベスト ULTIMATE」

H231106 「ストレンジデイズ 2011年 12月号」(2011年11月)掲載の鈴木祐による福岡ユタカ(Yutaka Fukuoka)、岡野ハジメ(Hajime Okano)、ホッピー神山(Hoppy Kamiyama)、プロデューサー佐々馨(Koru Sasa)へのインタビュー記事で、PINK(ピンク)の初めてといってよいリマスター音源、「ゴールデン☆ベスト ULTIMATE」(2011年9月)が発売されていたことを発見。

 PINK(ピンク)の初代ギタリストの故渋谷ヒデヒロ(Hidehiro Shibuya)が大学時代のバンド仲間で友人であったこともあり、PINK(ピンク)のリマスター音源を聴くことは個人的には心穏やかではいられない事件です。

続きを読む "個人的には心穏やかではいられない事件です。1980年代に最もトンガっていたバンドのリマスター音源が遂に登場。PINK(ピンク)「ゴールデン☆ベスト ULTIMATE」"

| | コメント (16) | トラックバック (0)

祝、ワーナーミュージック・ジャパン会長兼CEO就任。日本が誇る「ミュージックマン」の「サラーリーマン成功術」は中小企業経営にも参考になります。石坂敬一(著)「出世の流儀―究極のビジネスマンになる方法」

H231105_3 日本が誇る「ミュージックマン」、ユニバーサルミュージック元代表取締役兼CEOの石坂敬一が、2011年11月1日付でワーナーミュージック・ジャパンの代表取締役会長兼CEOに就任。

 そんな、またまた一花咲かせようという石坂敬一の気骨に敬意を表し、入手済みであった石坂敬一(著)「出世の流儀―究極のビジネスマンになる方法」(2011年8月)を一気に読了。

 サラリーマン歴、一応、約7年半の私も「そうだよね、本当のことだよね。でも意外に誰も書かないけど」と思わずポンと手を打ってしまうような、見事な「サラーリーマン成功術」。

 でもそれは、「ビジネス成功術」として中小企業経営にも参考になります。

続きを読む " 祝、ワーナーミュージック・ジャパン会長兼CEO就任。日本が誇る「ミュージックマン」の「サラーリーマン成功術」は中小企業経営にも参考になります。石坂敬一(著)「出世の流儀―究極のビジネスマンになる方法」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郷愁感にじむメロディーと実にていねいに練られた音像の織り成す幸福な音楽。ワールドスタンダード(World Standard)「みんなおやすみ」

H231103 近年、充実作を安定的に送り出し続ける鈴木惣一郎(Soichiro Suzuki)の ワールドスタンダード(World Standard)名義の新作、「みんなおやすみ」(2011年10月)が発売。

 郷愁感あふれる傑作「花音(Canon)」(2008年10月)に続く前作「シレンシオ(静寂)(SILENCIO)」(2010年10月)については、求める要求水準の高さから「静寂と退屈は紙一重」と厳しい意見を述べさせていただきましたが、本作は文句無の傑作。

 郷愁感にじむメロディーと実にていねいに練られた音像の織り成す幸福な音楽です。

続きを読む "郷愁感にじむメロディーと実にていねいに練られた音像の織り成す幸福な音楽。ワールドスタンダード(World Standard)「みんなおやすみ」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »