« 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.23:国税に関する申告・納付等の期限の地域指定による延長における「理由のやんだ日」 | トップページ | 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.24:国税庁による「震災損失の繰戻し還付及び中間申告における所得税額還付の適用を受ける場合の申告書等の記載例」の公表 »

祝!ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)初の紙ジャケ再発盤、No.2。感動を呼ぶ、隠れたベスト・オブ・ベスト・アルバム。「ドリームランド(Dremaland)」

H230521_dreamland  先日ご紹介したように、紙ジャケ再発盤が発売されない数少ない大物、ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)ですが、ワーナー・ミュージックから1968年から1979年までのスタジオ盤10タイトルが紙ジャケSHM-CD仕様で発売(2011年4月)。

 今回ご紹介するのは、再発されたアルバムではありませんが、どこかでご紹介したいと思っていた、私が選ぶベスト・オブ・ベスト・アルバム、「ドリームランド(Dremaland)」(2004年)。

 ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)自身による自らの人生を総括するような選曲、やはり自身による油絵を配したジャケット、バニー・グランドマン(Bernie Grundman)のリマスタリングによる素晴らしい音質、そして発売元がライノ(RHINO)と来れば、これはもう非の打ちどころがありません。

 私が選ぶベスト・オブ・ベスト・アルバムです。

H230521_hits  ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)のベスト盤としては、やはり自身の選曲による「永遠の愛の歌(hits)」(1996年)の方が有名。

 ウィキペディア(Wikipedia)によれば、2007年現在アメリカで488,000枚のセールスだし、発売時期もジョニの「まだまだ」現役時。

 それに比べると、「ドリームランド(Dremaland)」(2004年)は、2007年現在アメリカで78,000枚のセールス、発売されたのも、「トラヴェローグ(Travelogue)」(2002年)発売時のレコーディング・アーティスト引退宣言後、発売元もコレクター向けレーベル感のあるライノ(RHINO)と、アンソロジー感漂うベスト・アルバム。

 ところが、この「ドリームランド(Dremaland)」、隠れたベスト・オブ・ベスト・アルバムといって良い見事な出来。

H230521_dreamland_2 まず、ジョニの油絵がふんだんにあしらわれ、ジョニとライノ(RHINO)の日系アメリカ人アート・ディレクターMASAKI KOIKE(小池正樹)との共同アート・ディレクションによるジャケットが素晴らしい。

 また、さすが多くの人がマスタリングの素晴らしさを指摘するライノ(RHINO)、日本盤帯も全く触れていないのですがバニー・グランドマン(Bernie Grundman)のリマスタリングで、音質も今回発売のSHM-CD再発盤に引けを取りません。

 そして、なんといっても素晴らしいのが、おそらくジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)自身による、まるで自らの人生を総括するような選曲と曲順。

 特に素晴らしいのが、

 「パリの自由人Free Man In Paris)」→ 「フランスの恋人たち(In France They Kiss on Main Street)」→「夢の国(Dreamland)」という軽やかな出だし、

 「アメリア (オーケストラ・ヴァージョン) Amelia (2002 orchestral version)」→「バラにおくる (オーケストラ・ヴァージョン) (For The Roses (2002 orchestral version)」→「青春の光と影 (オーケストラ・ヴァージョン) (Both Sides Now (2000 orchestral version) 」の人生の終焉を静かに迎えるかのような後半、

 そして涙が出そうになる、若かりしジョニの歌声に反転する、ラストの「サークル・ゲーム(The Circle Game)」のエンディング!

 「このまま、ジョニは死んでしまうのではないか」と思わせますが、その後、「シャイン(Shine)」(2007年)で引退宣言を撤回、見事に復活。

 あと、先日もご紹介させていただきましたが、アメリア・イアハート(Amelia Earhart)のことを歌った「アメリア (オーケストラ・ヴァージョン) Amelia (2002 orchestral version)」は、「トラヴェローグ(Travelogue)」(2002年)から選曲のこのバージョンが一番感動的で、これを選んだこともポイント高し。

 amazonのランキングでも「永遠の愛の歌(hits)」と比べずいぶんと下位に沈んでしまってる「ドリームランド(Dremaland)」、プレミアムがついてしまった歌詞と映画監督キャメロン・クロウ(Cameron Crowe)の解説の日本語訳付の日本盤はおすすめしづらいが、なんと執筆日現在846円のUS盤は「だまってクリックしてください」と言いたいぐらいのおすすめ。

 このアルバムが世に知られないのは歯がゆい思いがいたします。

|

« 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.23:国税に関する申告・納付等の期限の地域指定による延長における「理由のやんだ日」 | トップページ | 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.24:国税庁による「震災損失の繰戻し還付及び中間申告における所得税額還付の適用を受ける場合の申告書等の記載例」の公表 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/51733778

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)初の紙ジャケ再発盤、No.2。感動を呼ぶ、隠れたベスト・オブ・ベスト・アルバム。「ドリームランド(Dremaland)」:

« 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.23:国税に関する申告・納付等の期限の地域指定による延長における「理由のやんだ日」 | トップページ | 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.24:国税庁による「震災損失の繰戻し還付及び中間申告における所得税額還付の適用を受ける場合の申告書等の記載例」の公表 »