« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

追悼、コーネル・デュプリー(Cornell Dupree)。スタッフ(Stuff)ってこんなにすごかったんだと価値観を書き換えられる超ファンキー&グルーヴィーなライヴ。「ライヴ・アット・モントルー 1976(Live at Montreux 1976)」

H230522_live_at_montreux_1976  スタッフ(Stuff)のメンバー、そして私にとってはダニー・ハザウェイ(Donny Hathaway)「ライヴ(Live)」(1972年)のバッキング・ギタリストとして印象深いコーネル・デュプリー(Cornell Dupree)が5月8日に死去。

 昔自分が好きだった音楽が今どう聴こえるかという検証作業も、この「音楽水道時代」の楽しみ。

 1970年代後半に好きだったクロス・オーバー(Crossover)、ジャズ・フュージョン(Jazz Fusion)もそのひとつ。

 スタッフ(Stuff)のDVD、「ライヴ・アット・モントルー 1976(Live at Montreux 1976)」(JP:2007年、US他:2008年)は、1970年代当時は知られていなかった発掘映像・音源。

 ピーター・バラカン(Peter Barakan)が発売時に大絶賛していたこともあり、実は最近入手し密かに愛聴していた作品で、これを機会にご紹介。

 大変申し訳ありませんが、当時のスタジオ盤だけでなくライヴ盤を聴きなおしてもそれほど良いとは思えなかったスタッフ(Stuff)ですが、この「ライヴ・アット・モントルー 1976(Live at Montreux 1976)」、超ファンキー&グルーヴィーな別格的な出来。

 スタッフ(Stuff)ってこんなにすごかったんだと価値観を書き換えられました。

続きを読む "追悼、コーネル・デュプリー(Cornell Dupree)。スタッフ(Stuff)ってこんなにすごかったんだと価値観を書き換えられる超ファンキー&グルーヴィーなライヴ。「ライヴ・アット・モントルー 1976(Live at Montreux 1976)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.24:国税庁による「震災損失の繰戻し還付及び中間申告における所得税額還付の適用を受ける場合の申告書等の記載例」の公表

 このたびの東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお折りいたします。

 当ブログでも微力ではありますが、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報をアップさせていただきますので、よろしければご参考ください。

 今回は、国税庁による「震災損失の繰戻し還付及び中間申告における所得税額還付の適用を受ける場合の申告書等の記載例」の公表についてです。

続きを読む "東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.24:国税庁による「震災損失の繰戻し還付及び中間申告における所得税額還付の適用を受ける場合の申告書等の記載例」の公表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)初の紙ジャケ再発盤、No.2。感動を呼ぶ、隠れたベスト・オブ・ベスト・アルバム。「ドリームランド(Dremaland)」

H230521_dreamland  先日ご紹介したように、紙ジャケ再発盤が発売されない数少ない大物、ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)ですが、ワーナー・ミュージックから1968年から1979年までのスタジオ盤10タイトルが紙ジャケSHM-CD仕様で発売(2011年4月)。

 今回ご紹介するのは、再発されたアルバムではありませんが、どこかでご紹介したいと思っていた、私が選ぶベスト・オブ・ベスト・アルバム、「ドリームランド(Dremaland)」(2004年)。

 ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)自身による自らの人生を総括するような選曲、やはり自身による油絵を配したジャケット、バニー・グランドマン(Bernie Grundman)のリマスタリングによる素晴らしい音質、そして発売元がライノ(RHINO)と来れば、これはもう非の打ちどころがありません。

 私が選ぶベスト・オブ・ベスト・アルバムです。

続きを読む "祝!ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)初の紙ジャケ再発盤、No.2。感動を呼ぶ、隠れたベスト・オブ・ベスト・アルバム。「ドリームランド(Dremaland)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.23:国税に関する申告・納付等の期限の地域指定による延長における「理由のやんだ日」

 このたびの東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお折りいたします。

 当ブログでも微力ではありますが、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報をアップさせていただきますので、よろしければご参考ください。

 今回は、国税に関する申告・納付等の期限の地域指定による延長における「理由のやんだ日」についてです。

続きを読む "東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.23:国税に関する申告・納付等の期限の地域指定による延長における「理由のやんだ日」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)初の紙ジャケ再発盤。ジョニの独特のコード感、ジャコ・パストリアス (Jaco Pastorius)のベースが寄り添う名曲揃いの最高スタジオ作。「逃避行(Hejira)」

H230508_hejira  紙ジャケ再発盤が発売されない数少ない大物、ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)ですが、ワーナー・ミュージックから1968年から1979年までのスタジオ盤10タイトルが紙ジャケSHM-CD仕様で発売(2011年4月)。

 私のおすすめは、最高スタジオ作だと思う、「逃避行(Hejira)」(オリジナル:1976年、紙ジャケ再発:2011年4月)。

 ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)の独特のオープン・チューニング・ギターによる心地よいテンションのコード感、ジャコ・パストリアス (Jaco Pastorius)の美しいベース・ラインが寄り添う粒ぞろいの名曲の数々、ほれぼれする美しさです。

 

続きを読む "祝!ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)初の紙ジャケ再発盤。ジョニの独特のコード感、ジャコ・パストリアス (Jaco Pastorius)のベースが寄り添う名曲揃いの最高スタジオ作。「逃避行(Hejira)」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.22:被災者への「減税」の周知について

 このたびの東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお折りいたします。

 当ブログでも微力ではありますが、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報をアップさせていただきますので、よろしければご参考ください。

 今回は、被災者への「減税」の周知についてです。

続きを読む "東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.22:被災者への「減税」の周知について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華麗なるフュージョン野郎の過剰なるベース・ラインを楽しむ。冨田ラボ(Tomita lab)「ワークス・ベスト~ビューティフル・ソングス・トゥ・リメンバー(WORKS BEST~beautiful songs to remember~)」

H230503_works_bestbeautiful_songs_t  華麗なるフュージョン野郎、冨田ラボ(Tomita lab)の新作は、新録曲(限定盤5曲、通常盤3曲)を含むベスト盤、「ワークス・ベスト~ビューティフル・ソングス・トゥ・リメンバー(WORKS BEST~beautiful songs to remember~)」(2011年3月)。

 一般に管弦楽器等の華麗なるアレンジャーぶりに注目が集まる冨田ラボ(Tomita lab)ですが、私が特に惹きつけられるのは、ジャコ・パストリアス (Jaco Pastorius)やチャック・レイニー(Chuck Rainey)等の70年代ジャズ・フュージョンの影響大の、その過剰ともいえる装飾的なラインが特徴のベーシストとしての才能。

 本作でも十分に堪能させていただきました。

続きを読む "華麗なるフュージョン野郎の過剰なるベース・ラインを楽しむ。冨田ラボ(Tomita lab)「ワークス・ベスト~ビューティフル・ソングス・トゥ・リメンバー(WORKS BEST~beautiful songs to remember~)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.21:国税庁が被災者に適用される各種の税制上の措置に関するパンフレットを作成

 このたびの東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお折りいたします。

 当ブログでも微力ではありますが、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報をアップさせていただきますので、よろしければご参考ください。

 今回は、国税庁が被災者に適用される各種の税制上の措置に関するパンフレットを作成についてです。

続きを読む "東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.21:国税庁が被災者に適用される各種の税制上の措置に関するパンフレットを作成"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スフィアン・スティーヴンス (Sufjan Stevens)に通ずるロック色の薄いプログレ的サウンドが気持ち良いです。フリート・フォクシーズ(Fleet Foxes)「ヘルプレスネス・ブルーズ(Helplessness Blues)」

H230501_helplessness_blues 以前にブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)好きには堪らないバロック・ハーモニック・ジャム(baroque harmonic pop jams)2008年の重要盤と2回にわたり当ブログでもご紹介させていただいたデビュー作、「フリート・フォクシーズ(Fleet Foxes)」(2008年)から早3年近く。

 待望のフリート・フォクシーズ(Fleet Foxes)の2ndアルバム、「ヘルプレスネス・ブルーズ(Helplessness Blues)」(2011年4月)が遂に到着。

 タイトルに「ブルーズ(Blues)」なんてついていますが、ロック色の薄さ、そしてそのロックが活力を得てきた源泉である黒人音楽の要素の薄さは、スフィアン・スティーヴンス (Sufjan Stevens)といい勝負(我らがTHE BAWDIES (ザ・ボウディーズ)の真逆)。

 少々浮世離れしたプログレ的と言っても良いサウンドが気持ち良いです。

続きを読む "スフィアン・スティーヴンス (Sufjan Stevens)に通ずるロック色の薄いプログレ的サウンドが気持ち良いです。フリート・フォクシーズ(Fleet Foxes)「ヘルプレスネス・ブルーズ(Helplessness Blues)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.20:「東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律」に関連する告示・通達等

 このたびの東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお折りいたします。

 当ブログでも微力ではありますが、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報をアップさせていただきますので、よろしければご参考ください。

 今回は、「東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律」に関連する告示・通達等についてです。

続きを読む "東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.20:「東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律」に関連する告示・通達等"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »