« 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.13:ふるさと寄附金(ふるさと納税)制度の活用。日本赤十字社や赤い羽根共同募金会(中央共同募金会)などの東日本大震災義援金でも適用できますのでご注意を。 | トップページ | 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.14:国税庁による「災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ」と「災害に関する相続税及び贈与税の取扱いFAQ」の公表。 »

こんな時にだからこそぜひ聴いていただきたいと思いますNo.4。私の今年一番の発見、ストレートなのびやかさとツイステッドな味わい深さの絶妙なバランス。タニザワトモフミ(Tomofumi Tanizawa)「日本に落ちてきた男」

H230410  相変わらず、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)、それに伴う福島の原子力発電所の事故により、不安な気持ちで送らざるを得ない日々が続いています。

 今回、こんな時にだからこそぜひ聴いていただきたいとご紹介するのは、タニザワトモフミ(Tomofumi Tanizawa)「日本に落ちてきた男」(2011年2月)。

 ニール・フィン(Neil Finn)や高野寛(Hiroshi Takano)に感じるような、ストレートなのびやかさとツイステッドな味わい深さの絶妙なバランスは、見事に私にストライク。

 私にとって今年一番といって良いかもしれない発見です。

H230410

 ウィキペディアによると、タニザワトモフミ(Tomofumi Tanizawa)こと、谷澤智文は、1981年岐阜県生まれのシンガー・ソング・ライター。

 恥ずかしながら「日本に落ちてきた男」(2011年2月)で私はその存在を知りましたが、シングルを除いても、既にインディーズでミニ・アルバムを3枚、メジャーでミニ・アルバム1枚、フル・アルバムをを含め2枚発表済み。

・インディーズ1stミニ・アルバム

 「陽炎」(2004年10月)

 元SHI-SHONENのベーシスト、渡邊等プロデュース。

・インディーズ2ndミニ・アルバム

 「七色」(2005年7月)

・インディーズ3rdミニ・アルバム

 「空路」(2006年8月)

・メジャ-1stミニ・アルバム

 「オートバイ少年」(2009年7月)

・メジャ-1stフル・アルバム

 「まぼろし時計」(2010年3月)

 本人と浅田秀之の共同プロデュース。

 今回、現在入手が難しい「七色」以外、全部聴いてみましたが、どれも素晴らしい出来。

 この失敗作ゼロの誠実な仕事ぶりも、ニール・フィン(Neil Finn)みたいで、ストライク。

・ You Tube上の「空路」1曲目の「I Think I Like You」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=REqdTZvo4MY

H230410_3

 特に「まぼろし時計」(2010年3月)は、アニメ「君に届け」のオープニングテーマのシングル「きみにとどけ」(2009年11月)が収録されるなど、最近ありがちなグッド・ミュージック・アーティストにとどまらないメジャー感が頼もしい。

・You Tube上の1曲目「きみにとどけ」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=K0slqS4Qiac

・You Tube上のメジャー・デビュー・シングルにして2曲目「東京ハロー」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=H3GsEkyhjaw

・You Tube上の6曲目「オートバイ少年」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=fvmWuB2AGyo

H230410_4

 メジャ-2ndフル・アルバム「日本に落ちてきた男」(2011年2月)は、今までも「オートバイ少年」や「まぼろし時計」のサウンド・プロデュースに関わってきた、カフェロン(Cafelon)のギタリスト、XTC好きの石崎光(Hikaru Ishizaki)のプロデュース。

 XTCの変名バンド、デュークス・オブ・ストラトスフィア(The Dukes of Stratosphear)を彷彿とさせるジャケットを見てとおり、XTCやザ・ビートルズ(The Beatles)等ツイステッドなブリティシュ・ポップへのオマージュ溢れるアルバム。

 ただし、タニザワトモフミ(Tomofumi Tanizawa)の良いところは、ストレートなのびやかさ、メジャー感を失わないバランスの良さ。

・You Tube上の4曲目「爽風」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=hT2U4rpD7vU&feature=related

 イントロのアンディ・パートリッジ(Andy Partridge)ばりのテンションの利いたカッティングにおじさんはニッコリ。

・You Tube上の5曲目「くたばれJ-POP」のミュージック・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=gAQeCqifLuo

 こんな過激な歌詞の曲でも、聴き手が引かずに聴ける品の良さがタニザワトモフミ(Tomofumi Tanizawa)の魅力。

 スガ・シカオの影響を受けているらしいこともあり、歌詞もなかなかのものです。

 本当にどの作品を聴いても飽きが来ない、タニザワトモフミ(Tomofumi Tanizawa)、当ブログの一押しです。

|

« 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.13:ふるさと寄附金(ふるさと納税)制度の活用。日本赤十字社や赤い羽根共同募金会(中央共同募金会)などの東日本大震災義援金でも適用できますのでご注意を。 | トップページ | 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.14:国税庁による「災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ」と「災害に関する相続税及び贈与税の取扱いFAQ」の公表。 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

4曲目「颯爽」ではなく「爽風」(さわかぜ)ですよ。

投稿: | 2011年8月10日 (水) 19時49分

誤りのご指摘のコメント、ありがとうございます。
大変申し訳ございませんでした。
さっそく、訂正させていただきます。

投稿: | 2011年8月10日 (水) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/51356841

この記事へのトラックバック一覧です: こんな時にだからこそぜひ聴いていただきたいと思いますNo.4。私の今年一番の発見、ストレートなのびやかさとツイステッドな味わい深さの絶妙なバランス。タニザワトモフミ(Tomofumi Tanizawa)「日本に落ちてきた男」:

« 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.13:ふるさと寄附金(ふるさと納税)制度の活用。日本赤十字社や赤い羽根共同募金会(中央共同募金会)などの東日本大震災義援金でも適用できますのでご注意を。 | トップページ | 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に関する特例措置情報No.14:国税庁による「災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ」と「災害に関する相続税及び贈与税の取扱いFAQ」の公表。 »