« ファンはお見逃しなく。加藤和彦の遺品の洋服や靴の写真が公開されています。「加藤和彦 世紀の伊達男伝説」(「MEN'S Precious (メンズ・プレシャス) 2010年 11月号」) | トップページ | 美しいメロディーとアヴァンギャルドな電子音が織りなす唯一無二の音像がすごい、スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)待望の新作フル・アルバム。「ジ・エイジ・オブ・アッズ(Age of Adz)」 »

汐留から近所に移転してきた、ドン・ピエール(dom Pierre)プロデュースのブルガリア料理店。「洋食ブルガリアンダイニング ソフィア(SOFIA)」(八重洲)

Sofia_1  10月5日に、汐留から移転しきた「洋食ブルガリアンダイニング ソフィア(SOFIA)」(八重洲)が開店。

 以来、興味津々、何回か通わせていただき、いろいろなメニューに挑戦。

 ブルガリア料理店は日本でどうもここだけのようですが、「ごはんに合うちょっとスパイシーな洋食」という感じで、気軽に使えるお店です。

Sofia_2  「洋食ブルガリアンダイニング ソフィア(SOFIA)」は、ブルガリア・ヨーグルトの明治乳業株式会社のレストラン運営子会社、株式会社明治レストランシステムズが運営し、京橋の名洋食店ドン・ピエール(dom Pierre)がプロデュースしているらしい。

 メニューは豊富で、ブルガリア料理にいろいろとチャレンジ。

 中でも私が一番気に入ったのは、ブルガリア風のミートボール、「キュフテ」。

 「チュブリッツァー」というらしい独特のスパイスが効いています。

 ランチだと、800円のセットで食べられます。

Sofia_3

 「赤ピーマン肉詰、ソース・ヨーグルト」も気に入りました。

 赤ピーマンの鮮やかな色が美しく食欲をそそります。

 ブルガリアといえば、ヨーグルトという印象ですが、明治乳業のヨーグルトが使われているのか、まったくクセが感じられません。

 ランチだと、1,300円のセットになります。

 数人の男性の外国人がサービスを担当しており、一番若そうな人にブルガリアの方ですかと聞いてみたところ、自分一人がブルガリア人で他の人はフランス人やイタリア人とのこと。

Sofia_4

  ブルガリア料理の真打と ソフィアのWEBでも紹介されている「カヴァルマ」。

 ブルガリアの代表的な煮込み料理で、豚肉などの角切りの肉に玉ねぎ、トマト、ピーマンなどの野菜を加えワインで煮込み、土鍋に入れてさらにオーブンで焼いて作るらしい。

 このような素朴な料理がいいですね。

 洋食店ドン・ピエール(dom Pierre)のプロデュースのせいか、どの料理もパンよりごはんに合うような気がいたします。

 こちらは、ランチだと、800円のセットで食べられます。

Sofia_5_2

 「ブルガリアンムサカ」。

 ムサカは、肉と玉ねぎ、じゃがいもなどの重ね焼きオーブン料理で、ギリシャの代表的料理として有名。

 この汐留時代のAll Aboutのエスニック料理の記事によると、ブルガリア料理はギリシャとトルコに接している土地柄、これらの国々の料理を少しずつ取り入れつつ、ヨーロッパの料理も融合させた料理とのこと。

 ランチだと、1,300円のセットになります。

 私の事務所から1分ほどのところでもあり、ごはんに合うちょっとスパイシーな洋食屋さんとして、これからも気軽に利用させていただきます。

|

« ファンはお見逃しなく。加藤和彦の遺品の洋服や靴の写真が公開されています。「加藤和彦 世紀の伊達男伝説」(「MEN'S Precious (メンズ・プレシャス) 2010年 11月号」) | トップページ | 美しいメロディーとアヴァンギャルドな電子音が織りなす唯一無二の音像がすごい、スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)待望の新作フル・アルバム。「ジ・エイジ・オブ・アッズ(Age of Adz)」 »

ランチ・グルメ等(八重洲・京橋・銀座・丸の内・日本橋・築地)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/49761711

この記事へのトラックバック一覧です: 汐留から近所に移転してきた、ドン・ピエール(dom Pierre)プロデュースのブルガリア料理店。「洋食ブルガリアンダイニング ソフィア(SOFIA)」(八重洲):

« ファンはお見逃しなく。加藤和彦の遺品の洋服や靴の写真が公開されています。「加藤和彦 世紀の伊達男伝説」(「MEN'S Precious (メンズ・プレシャス) 2010年 11月号」) | トップページ | 美しいメロディーとアヴァンギャルドな電子音が織りなす唯一無二の音像がすごい、スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)待望の新作フル・アルバム。「ジ・エイジ・オブ・アッズ(Age of Adz)」 »