« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

当ブログ一押し。夜の湖を泳ぐような音楽を奏でるジェスカ・フープ(Jesca Hoop)の傑作2ndアルバムが新ジャケット、ボーナストラック付で再登場。「Hunting My Dress(ハンティング・マイ・ドレス)」

H220920_hunting_my_dress  業務多忙のため、音楽CDのご紹介もずいぶんとご無沙汰。

 そういった中、今年もますます進む「音楽水道時代」、素晴らしい新譜・旧譜は目白押しで嬉しい悲鳴。

 何からご紹介しようか迷うところですが、なんといっても、当ブログ一押し。夜の湖を泳ぐような音楽を奏でるジェスカ・フープ(Jesca Hoop)の傑作2ndアルバム、「Hunting My Dress(ハンティング・マイ・ドレス)」 が新ジャケット、ボーナストラック付で再登場(US:2010年7月)。

 「アカウンティング&ミュージック 2009年洋楽ベスト5(2009 Inport music Best 5)」で堂々の第2位に選ばさせていただいた当アルバム、第1位のショーン・レノン(Sean Lennon)ののらりくらりぶりにに比べ、その後も地道なツアーを続けるジェスカ・フープ(Jesca Hoop)の健気な姿に、今や第1位にしなかったことを後悔中の傑作。

 ジェスカ・フープ(Jesca Hoop)のブレークのためには、またもやひと肌脱がしていただきましょう。

続きを読む "当ブログ一押し。夜の湖を泳ぐような音楽を奏でるジェスカ・フープ(Jesca Hoop)の傑作2ndアルバムが新ジャケット、ボーナストラック付で再登場。「Hunting My Dress(ハンティング・マイ・ドレス)」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは面白い!非メインストリームに生きる中小企業経営者必読の書。日暮泰文「のめりこみ音楽起業―孤高のインディペンデント企業、Pヴァイン創業者のメモワール」

H220919  猛暑も過ぎ去り、仕事上も異常な状況が解消されつつあり、ようやく当ブログも再始動。

 元々はブルース専門レーベルだったのが、クレイジーケンバンド(CRAZY KEN BAND)、トクマル シューゴ(Shugo Tokumaru)等の邦楽、スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)、アントニー&ザ・ジョンソンズ(ANTONY & THE JOHNSONS)等のUSインディーズへの進出と、近年のそのカタログの充実ぶりに目を見張らされてきたPヴァイン・レコード (P-Vine Records)。

 同レーベルを有する株式会社ブルース・インターアクションズ(BLUES INTERACTIONS, INC.)の創業者である日暮泰文がその起業について語った、「のめりこみ音楽起業―孤高のインディペンデント企業、Pヴァイン創業者のメモワール」(2010年8月)が発売。

 カタログの充実ぶりの秘密、クレイジーケンバンド(CRAZY KEN BAND)が移籍して同社は大丈夫なのかといった音楽的興味から手に取った同書ですが、中小企業経営の書籍としてこれが抜群に面白い。

 非メインストリームに生きる中小企業経営者必読の書です。

続きを読む "これは面白い!非メインストリームに生きる中小企業経営者必読の書。日暮泰文「のめりこみ音楽起業―孤高のインディペンデント企業、Pヴァイン創業者のメモワール」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »