« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

大いに讃えさせていただきます、粋でお洒落な音楽へのあふれんばかりの「愛」、今野雄二。10CC「びっくり電話(How Dare You!)」

H220817_how_dare_you ショック冷めやらぬ、加藤和彦の死から1年をたたぬうちに、後を追うかのように、映画・音楽評論家、今野雄二が自死。

 リブ・ヤング、11PMでのTVコメンテイター、ミュージック・マガジンでの映画・音楽評論、最先端の洋楽レコード、そして邦楽レコードながらサディスティック・ミカ・バンド(Sadistic Mika Band)の解説や帯コピー。

 いつも、人の先を行く粋でお洒落な映画・音楽へ嗅覚と見事なまでの審美眼、そしてそれらを紹介する時のあふれんばかりの「愛」には、いつもワクワク・ドキドキさせられてきました。

 自らスノッブ(snob)を標榜したそのキャラクターから、反感を持つ音楽ファン・音楽関係者も多かったようで、訃報後のインターネット上の反応も良いものばかりではない今野雄二。

 そこで、当ブログでは、今野雄二の音楽への「愛」を大いに讃えさせていただきます。

 レクイエム(Requiem)は、10CC「びっくり電話(How Dare You!)」(1976年)より、「電話を切らないで(DON'T HANG UP)」。

続きを読む "大いに讃えさせていただきます、粋でお洒落な音楽へのあふれんばかりの「愛」、今野雄二。10CC「びっくり電話(How Dare You!)」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

待ってました!粉飾決算等を行っている会社のBS上の実在性のない資産の取扱いについての提言。事業再生研究機構「平成22年度税制改正後の清算中の法人税申告における実務上の取扱いについて」

 忙しくて、忙しくて、もはや瀕死の状態に陥った当ブログではありますが、ようやくできた仕事の合間を見計らって、久々のアップ。

 当ブログでも指摘させていただいておりましたが、平成22年税制改正で最も気になっていたのが、清算所得課税の通常所得課税への移行に伴う解散法人で仮装経理が行われていた場合の期限切れ欠損金の取扱。

 国税の公式見解ではありませんが、事業再生研究機構の税務問題委員会が、この7月に「平成22年度税制改正後の清算中の法人税申告における実務上の取扱いについて」という提言を公表。

 http://www.shojihomu.co.jp/jabr/jabr.html

 http://www.shojihomu.co.jp/jabr/iinkai/zeimu/seisan-shotoku-kazei100720.pdf

 さすが、同じ悩みを抱える実務家の諸先生方、粉飾決算等を行っている会社のBS上の実在性のない資産の取扱いについての提言に注目です。

続きを読む "待ってました!粉飾決算等を行っている会社のBS上の実在性のない資産の取扱いについての提言。事業再生研究機構「平成22年度税制改正後の清算中の法人税申告における実務上の取扱いについて」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »