« 平成22年(2010年)税制改正でこうなるNo.6。消費税の仕入税額控除の調整措置に係る適用の適正化 | トップページ | 待ってました!粉飾決算等を行っている会社のBS上の実在性のない資産の取扱いについての提言。事業再生研究機構「平成22年度税制改正後の清算中の法人税申告における実務上の取扱いについて」 »

あまりにも寡作な究極を求めるメロディ・メイカーにしてサウンド・クリエイター、オウズリー(Owsley)をこれまたあまり知られているとはいえない外仕事で偲ぶNO.3。ボブ・ゲイトウッド(Bob Gatewood)「Finally Home」

H220719_finally_home

 当ブログでも思わぬ反響があったものの、日本の音楽誌等での報道は寂しいと言わざるを得ない、オウズリー(Owsley)ことウィル・オウズリー(Will Owsley)の早すぎる死。

 そこで、あまりにも寡作な究極を求めるメロディ・メイカーにしてサウンド・クリエイター、オウズリー(Owsley)をこれまたあまり知られているとはいえない外仕事で偲ぶ第3回目。

 今回は、オウズリー(Owsley)の1stアルバム「カミング・アップ・ローセズ(Owsley)」(1999年)に惚れ込み参加してもらったという、ボブ・ゲイトウッド(Bob Gatewood)「Finally Home」(2001年)です。

 ボブ・ゲイトウッド(Bob Gatewood)は、カラバッシュ(Calabash)というバンドを率いて、オハイオ州クリーブランド(Cleveland)で活動しているらしいアメリカのシンガー・ソング・ライター。

 1997年に、カラバッシュ(Calabash)名義で、「Flowerbed」というアルバムを発表していますが、あまりに地味な仕上り。

 2001年のおそらく1stソロ・アルバム「Finally Home」は、ライナー・ノーツでボブ・ゲイトウッド(Bob Gatewood)自身が熱く語っているように、プロデューサーにジョン・フォガティ(John Fogerty)との仕事で知られるトム・ブコヴァツ(Tom Bukovac)を迎え、ドラムにはジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)との仕事で知られるジョー・ヴィターレ(Joe Vitale)を起用、そして「カミング・アップ・ローセズ(Owsley)」に惚れ込みオウズリー(Owsley)にも参加要請した力作。

 特に、オウズリー(Owsley)「カミング・アップ・ローセズ(Owsley)」が自分の求めていたサウンドらしく、ハードでハイファイなロックン・ロール・サウンドは、「Flowerbed」と様変わりの気持ちよさ。

・You tube上の1曲目「Intro」、2曲目「The One That Got Away」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=zrIhmMa7GTg&feature=related

・You tube上の5曲目「Gotta Go」のプロモーション・ビデオ(PV)と思われる映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=nTWpVYfO0TI&feature=related

・You tube上の6曲目「Blades on the Water」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=yoELd7Ne_28

・You tube上の9曲目「Long Gone」の、オウズリー(Owsley)が亡くなった後にボブ・ゲイトウッド(Bob Gatewood)自身がアップした、貴重なリハーサル映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=OUJlpJnTheo&feature=related

・You tube上の9曲目「Long Gone」の完成版の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=O6UjrQmBWQ8&feature=related

・You tube上の12曲目「If I didn't Have You」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=Ay2g_gCO4PE

 他にも、オウズリー(Owsley)は、外仕事として、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)やジョナス・ブラザーズ (Jonas Brothers)などでもギターを弾いていますが、特別の敬意をもって招かれている外仕事としては、ボブ・ゲイトウッド(Bob Gatewood)「Finally Home」がエイミー・グラント(Amy Grant)とのものと並んで双璧ではないでしょうか。

 改めて、謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

|

« 平成22年(2010年)税制改正でこうなるNo.6。消費税の仕入税額控除の調整措置に係る適用の適正化 | トップページ | 待ってました!粉飾決算等を行っている会社のBS上の実在性のない資産の取扱いについての提言。事業再生研究機構「平成22年度税制改正後の清算中の法人税申告における実務上の取扱いについて」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

いや〜、しかし凄い調査力ですね、上の記事、ただただビックリです。
僕はこのブログで訃報を知ったあと、
Semantics,the hard wayを入手、改めてその仕事ぶりに感動しております。
Coming up rosesなどは何度か真夜中に全曲V-DRUMで合わせて叩いたりしちゃってます。
しかし本当にどのアルバムを切っても捨て曲がないですね〜!

投稿: C3PAPA | 2010年7月20日 (火) 10時38分

C3PAPAさん、コメントありがとうございます。
今までだったら知り得ないローカルなバンド・マン、ボブ・ゲイトウッド(Bob Gatewood)の存在を知り得るのもYou Tube時代のおかげだと思います。
オウズリー(Owsley)の誠実な仕事ぶり、もっと評価されてほしいですね。

投稿: Accounting&Music | | 2010年7月25日 (日) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/48912235

この記事へのトラックバック一覧です: あまりにも寡作な究極を求めるメロディ・メイカーにしてサウンド・クリエイター、オウズリー(Owsley)をこれまたあまり知られているとはいえない外仕事で偲ぶNO.3。ボブ・ゲイトウッド(Bob Gatewood)「Finally Home」:

« 平成22年(2010年)税制改正でこうなるNo.6。消費税の仕入税額控除の調整措置に係る適用の適正化 | トップページ | 待ってました!粉飾決算等を行っている会社のBS上の実在性のない資産の取扱いについての提言。事業再生研究機構「平成22年度税制改正後の清算中の法人税申告における実務上の取扱いについて」 »