« 欠損金の繰戻し還付目的の「技あり」の民事再生法の活用?株式会社プロパストが民事再生法の手続申立。 | トップページ | 平成22年(2010年)税制改正でこうなるNo.5。租税特別措置法の見直し »

歳を重ねるって素晴らしいと勇気づけられる、最高のライヴ。キャロル・キング&ジェイムス・テイラー (Carole King & James Taylor)「トルバドール・リユニオン(Live at the Troubadour)」

H220602_live_at_the_troubadour 2007年11月にロサンジェルスの老舗ライヴ・ハウス「トルバドール(Troubadour)」で開催された、同ライヴ・ハウスの50周年を記念した、36年ぶりとなる歴史的再会ライヴキャロル・キング&ジェイムス・テイラー (Carole King & James Taylor)「トルバドール・リユニオン(Live at the Troubadour)」(2010年5月)が発売。

 写真家のジェームズ・オメーラ(James O’Mara) と作家のケイト・ライアン(Kate Ryan)のコンビ、オメーラ&ライアン(O’Mara&Ryan)の手による、素晴らしいジャケットから十分に想像ができるように、単なる懐メロ・ショーではない、歳を重ねるって素晴らしいと勇気づけられる、最高のライヴ・アルバムです。

 まずは、1曲目「花(Blossom)」のジェイムス・テイラー(James Taylor)のアコースティック・ギター、キャロル・キング(Carole King)のアコースティック・ピアノの音の素晴らしいこと。

 エンジニアは、本作参加の名ドラマー、ラス・カンケル(Russell Kunkel)の息子、ナザニエル・カンケル(Nathaniel Kunkel)。

 この録音の素晴らしさが、本作を単なる懐メロ・ショーではなく、キャロル・キング(Carole King)とジェイムス・テイラー(James Taylor)が長い旅路の末に行き着いた、珠玉のライヴ作品へと昇華させています。

 You Tube上の1曲目、ジェイムス・テイラー(James Taylor)作「花(Blossom)」の本作のライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=QZ7Qyi3CpCQ&feature=related

 さらに、素晴らしいのが、バックを務めるダニー・クーチマー(Danny Kortchmar:Guitar)、リーランド・スクラー(Leland Sklar:Bass)、ラス・カンケル(Russell Kunkel:Drums)のザ・セクション(The Section)の面々。

 特に、クーチ(Kootch)こと、ダニー・クーチマー(Danny Kortchmar)のギターのカッコ良さ。

 日本を代表するギタリスト、佐橋佳幸がなぜ、ダニー・クーチマー(Danny Kortchmar)にあれほど惚れ込んでいるのかがよくわかります。

 You Tube上の3曲目、ダニー・クーチマー(Danny Kortchmar)作「マシンガン・ケリー(Machine Gun Kelly)」の本作のライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=ixz8Dq5CNyc&feature=related

 You Tube上のキャロル・キング(Carole King)作、5曲目「イッツ・トゥー・レイト(It's Too Late)」、6曲目「スマックウォーター・ジャック(Smackwater Jack)」の本作のライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=idEVQ5k88aE&feature=related

 http://www.youtube.com/watch?v=4FYw-bYUJGU&feature=related

 たまりません。

H220602_fork_it_over_2 なお、フォークの刺さったアナログ・レコードのジャケットが印象的な、ザ・セクション(The Section)「フォーク・イット・オーヴァー(Fork It Over)」(1977年)も、2010年4月に紙ジャケ再発されていますので、お見逃しなく。

 「トルバドール・リユニオン(Live at the Troubadour)」、加藤和彦にも、こんな作品を作ってほしかったなぁなんて思わず思ってしまう、歳を重ねるって素晴らしいと勇気づけられる作品です。

|

« 欠損金の繰戻し還付目的の「技あり」の民事再生法の活用?株式会社プロパストが民事再生法の手続申立。 | トップページ | 平成22年(2010年)税制改正でこうなるNo.5。租税特別措置法の見直し »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

来日公演は前から4列目で観ました。
1曲目の【Blossom】のイントロでのエレアコの音の良さにしびれ、ジェームズテイラーの
唄声にほれぼれしました。

2曲目の【So Far Away】のイントロでもうこみ上げました。

それから、終演までの間、数ある来日公演あれど、こんなに泣いたのは初めてです。

これだけの珠玉の名曲達と、完璧なパフォーマンスと、暖かい会場の雰囲気
がそろってパッケージされたDVDは珍しいです。

マーチンスコセッジが撮らなきゃいけなかったのは、この映像だったのじゃないかと、
そう思いますけどね。

投稿: tommy_sasuga | 2010年6月 5日 (土) 00時57分

tommy_sasugaさん、コメントありがとうございます。
日本公演も、評判が高く、音も良かったようですね。
歳を重ねることにより、テクノロジーの進歩を十二分に享受するお二人、素敵です。
もちろん、枯れることを知らない、圧倒的な才能があってのことかとは思いますが。

投稿: Accounting&Music | | 2010年6月 6日 (日) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/48528711

この記事へのトラックバック一覧です: 歳を重ねるって素晴らしいと勇気づけられる、最高のライヴ。キャロル・キング&ジェイムス・テイラー (Carole King & James Taylor)「トルバドール・リユニオン(Live at the Troubadour)」:

« 欠損金の繰戻し還付目的の「技あり」の民事再生法の活用?株式会社プロパストが民事再生法の手続申立。 | トップページ | 平成22年(2010年)税制改正でこうなるNo.5。租税特別措置法の見直し »