« 平成22年(2010年)税制改正でこうなるNo.3。中小企業向け特例措置の大法人の100%子法人に対する適用制限 | トップページ | リーマン・ショック後のデフレ不況下でも大きく利益を上げている会社があるのです。「逆境下、1割が最高益 成長市場を開拓・コスト改革・特需」(2010年5月15日付日本経済新聞より) »

あまりにも寡作な究極を求めるメロディ・メイカーにしてサウンド・クリエイター、オウズリー(Owsley)をこれまたあまり知られているとはいえない外仕事で偲ぶNO.2。エイミー・グラント(Amy Grant)「シンプル・シングス(Simple Things)」

H220512_simple_things  当ブログでも思わぬ反響があった、オウズリー(Owsley)ことウィル・オウズリー(Will Owsley)のあまりにも早すぎる死。

 あまりにも寡作な究極を求めるメロディ・メイカーにしてサウンド・クリエイター、オウズリー(Owsley)をこれまたあまり知られているとはいえない外仕事で偲ぶ第2回目。

 今回は、オウズリー(Owsley)の才能の良き理解者であったと思われるエイミー・グラント(Amy Grant)の2003年のアルバム、「シンプル・シングス(Simple Things)」です。

 エイミー・グラント(Amy Grant)は、1960年生まれのナッシュビル在住のアメリカのシンガー・ソング・ライターで、16歳でデビュー後、累計で3,000枚以上のアルバム・セールスを誇る「クリスチャン・ポップの女王(The Queen of Christian Pop)」。

 ザ・セマンティクスで挫折を味わったオウズリー(Owsley)は、ミラード・パワーズ(Millard Powers)とともに参加した1994年の1年半にも及んだエイミー・グラント(Amy Grant)のワールド・ツアーで資金を貯め、ナッシュビルの自宅にスタジオを作り、傑作、「カミング・アップ・ローセズ(Owsley)」(1999年)を制作。

 ちなみに、オウズリー(Owsley)は、1987年のジャドソン・スペンス(Judson Spence)のツアー・ギタリストとしての来日以来、2回目の来日を1994年にエイミー・グラント(Amy Grant)のツアー・ギタリストととして果たしているらしい。

・You Tube上で実に面白い映像を発見。

 1994年のエイミー・グラント(Amy Grant)によるジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)のビッグ・イエロー・タクシー(Big Yellow Taxi)のカヴァーのライヴ映像、バックにはもちろん、若きオウズリー(Owsley)&ミラード・パワーズ(Millard Powers)。

 http://www.youtube.com/watch?v=41SCyFsljwY

 オウズリー(Owsley)のスライド・ギターもなかなか良いですね。

H220512_simple_things_2

 「シンプル・シングス(Simple Things)」(2006年)で、オウズリー(Owsley)は、ギタリストだけではなく、3曲目「シンプル・シングス(Simple Things)」と8曲目「タッチ(Touch)」で共同作曲者としてもクレジット。

 また、1曲目「ハッピー(Happy)」では、バックグラウンド・ボーカルとして、オウズリー(Owsley)とともに当時の奥さんレベッカ(Rebecca)もクレジットされています。

 ビルボード(Billboard)の アダルト・コンテンポラリー・チャート(Adult Contemporary chart)の第23位を記録した「シンプル・シングス(Simple Things)」は、なかなかの名曲。

・You Tube上の、ギターがオウズリー(Owsley)の「シンプル・シングス(Simple Things)」のライヴ映像、ただしベースはミラード・パワーズ(Millard Powers)ではない。

 http://www.youtube.com/watch?v=EPxcUP4neSM&feature=PlayList&p=C8EF7FEBCE9DFA49&playnext_from=PL&playnext=1&index=1

 メロディアスながらハードなオウズリー(Owsley)のバッキング・ギターが楽しめます。

H220512_time_againamy_grant_live_al

 オウズリー(Owsley)のエイミー・グラント(Amy Grant)のライヴでのプレイが堪能できるのが、ライヴDVD「Time Again: Amy Grant Live All Access」(2006年)。

 2006年4月のテキサス州フォート・ワースのベース・ホール(Bass Hall in Fort Worth, TX)でのライヴ映像ですが、うれしいことに、こちらはベースもミラード・パワーズ(Millard Powers)。

 You Tube上の映像がなくご紹介できないのが残念ですが、ほぼ全曲にわたって二人のプレイが楽しめ、もちろん「シンプル・シングス(Simple Things)」も収録されています。

 エイミー・グラント(Amy Grant)「シンプル・シングス(Simple Things)」を通して、より多くの人にオウズリー(Owsley)の音楽が届くとことを願わさせていただきます。

|

« 平成22年(2010年)税制改正でこうなるNo.3。中小企業向け特例措置の大法人の100%子法人に対する適用制限 | トップページ | リーマン・ショック後のデフレ不況下でも大きく利益を上げている会社があるのです。「逆境下、1割が最高益 成長市場を開拓・コスト改革・特需」(2010年5月15日付日本経済新聞より) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/48337488

この記事へのトラックバック一覧です: あまりにも寡作な究極を求めるメロディ・メイカーにしてサウンド・クリエイター、オウズリー(Owsley)をこれまたあまり知られているとはいえない外仕事で偲ぶNO.2。エイミー・グラント(Amy Grant)「シンプル・シングス(Simple Things)」:

« 平成22年(2010年)税制改正でこうなるNo.3。中小企業向け特例措置の大法人の100%子法人に対する適用制限 | トップページ | リーマン・ショック後のデフレ不況下でも大きく利益を上げている会社があるのです。「逆境下、1割が最高益 成長市場を開拓・コスト改革・特需」(2010年5月15日付日本経済新聞より) »