« 今は亡き中央監査法人の生んだ会社法決算書作成実務本の傑作が3年ぶりに復活。新日本有限責任監査法人(編)「会社法決算書作成の実務」 | トップページ | 全く同感、「自由に生きることは素晴らしい」。橘玲「貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する」 »

イギリスの庶民の喜怒哀楽と反骨精神を歌に綴り続ける、笑いと涙の珠玉の名曲集。マッドネス(Madness)「トータル・マッドネス(Total Madness)」

H220402_total_madness  再発盤の「ワン・ステップ・ビヨンド~デラックス・エディション(One Step Beyond...)」(オリジナル:1979年、デラックス・エディション再発2009年12月)、新譜の「The Liberty of Norton Folgate Silver Edition」(2009年11月)と、その素晴らしさに最近、はまっているのが、マッドネス(Madness)。

 今回ご紹介するのは、同じく2009年発売のCD23曲・DVD22曲(PV)のベスト盤、マッドネス(Madness)「トータル・マッドネス(Total Madness)」(2009年9月)ですが、これまた素晴らしい。

 ロンドンの2階建バス、ダブルデッカー(Double Decker)のジャケットも鮮やかな本盤、イギリスの庶民の喜怒哀楽と反骨精神を歌に綴り続けるマッドネス(Madness)の、笑いと涙の珠玉の名曲集です。

H220402_divine_madness

 新譜の「The Liberty of Norton Folgate」(2009年5月)が全英第5位と、イギリス人に根強い人気のマッドネス(Madness)。

 「トータル・マッドネス(Total Madness)」(2009年9月)も全英第11位を記録。

 ちなみに、マッドネス(Madness)のベスト・アルバムとしては、過去に、歌詞・対訳付の日本盤も発売された「ベスト・オブ・マッドネス(Divine Madness)」 (1992年)がありますが、こちらはなんと全英第1位を記録しています。

 セールスを見ても解るように、マッドネス(Madness)の曲、特にシングル曲は実にキャッチーで、ベスト・アルバムにするとこれまた実に映えるのです。

 当ブログ恒例のYou Tube上の映像紹介ですが、プロモーション・ビデオについてはほぼ全部アップされていますので、今回は、「喜怒哀楽」の「哀」の部分に絞ってご紹介。

・7曲目「イット・マスト・ビー・ラブ(It Must Be Love)」

 http://www.youtube.com/watch?v=WlrR66WX74g&feature=related

 当ブログへのコメントでtommy sasugaさんがお好きとおっしゃていた1981年11月発売のシングルの本曲は、ラビ・シフレ(Labi Siffre)の1971年の全英第14位のシングルがオリジナルで、カヴァー曲のセンスの良さもマッドネス(Madness)の魅力。

 ラビ・シフレ(Labi Siffre)版「イット・マスト・ビー・ラブ(It Must Be Love)」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=eTeGwNHEEFk

・11曲目「NW5」

 http://www.youtube.com/watch?v=61z9yBZM1n0&feature=related

 新譜の「The Liberty of Norton Folgate」(2009年5月)にも収録された2008年1月発売のシングルの本曲は、 キー・ボードのマイク・バーソン (Mike Barson)とサックスのリー・トンプソン (Lee Jay Thompson)作のオリジナル。

・16曲目「ラブ・ストラック(Lovestruck)」

 http://www.youtube.com/watch?v=kWNGjMufEcc

 アルバム「ワンダフル(Wonderful)」(1999年11月)からの1999年7月発売の先行シングルの本曲は、同じくキー・ボードのマイク・バーソン (Mike Barson)とサックスのリー・トンプソン (Lee Jay Thompson)作のオリジナル。

・17曲目「ワン・ベター・デイ(One Better Day)」

 http://www.youtube.com/watch?v=qezXWcpKkOY

 アルバム「キープ・ムービング(Keep Moving)」(1984年2月)からの1984年2月発売のシングルの本曲は、ヴォーカルのサグス(Suggs)ことグラハム・マクファーソン (Graham McPherson)とベースのマーク・ベドフォード (Mark William Bedford)作のオリジナル。

・18曲目「マイケル・ケイン(Michael Caine)」

 http://www.youtube.com/watch?v=DiWB6XP228Y

 同じくアルバム「キープ・ムービング(Keep Moving)」(1984年2月)からの1984年2月発売のシングルの本曲は、バックヴォーカルのチャス・スマッシュ(Chas Smash)ことカサル・スミス (Cathal Smyth)とドラムスのダニエル・ウッドゲート (Daniel Woodgate)作のオリジナル。

  う~ん、染みるメロディーです。

 こうやって聴いてみると、全曲、元デフ・スクール(Deaf School)のクライヴ・ランガー(Clive Langer)と、アラン・ウィンスタンレイ(Alan Winstanley)のコンビのプロデュースのものの、作詞作曲者は各メンバー、カヴァーと多種多様で、それでいながらの絶妙の統一感と品質管理は、見事の一語。

 マスタリングのクレジットはないようですが、最新リマスタリングと思われる音質も申し分ない「トータル・マッドネス(Total Madness)」、お勧めいたします。

 今後は、新譜「The Liberty of Norton Folgate」とともにぜひ歌詞・対訳付の日本盤の発売を期待させていただきたいと思います。

|

« 今は亡き中央監査法人の生んだ会社法決算書作成実務本の傑作が3年ぶりに復活。新日本有限責任監査法人(編)「会社法決算書作成の実務」 | トップページ | 全く同感、「自由に生きることは素晴らしい」。橘玲「貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/47980271

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスの庶民の喜怒哀楽と反骨精神を歌に綴り続ける、笑いと涙の珠玉の名曲集。マッドネス(Madness)「トータル・マッドネス(Total Madness)」:

« 今は亡き中央監査法人の生んだ会社法決算書作成実務本の傑作が3年ぶりに復活。新日本有限責任監査法人(編)「会社法決算書作成の実務」 | トップページ | 全く同感、「自由に生きることは素晴らしい」。橘玲「貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する」 »