« 中小企業の事業再生にまた朗報です。「中小・零細企業の返済猶予、リースも対象に 経産相、業界団体に要請へ」(2010年4月12付日本経済新聞夕刊より) | トップページ | 待ちに待った相続税申告のバイブル、「笹本(ササボン)」の最新改訂版。笹岡宏保(著)「具体事例による財産評価の実務―相続税・贈与税〈平成22年3月改訂〉」 »

「両面手焼き」の心意気。THE COLLECTORS(ザ・コレクターズ)「青春ミラー(キミを想う長い午後)」

H220415  何か吹っ切れたような実に痛快なロック・アルバムだった「東京虫BUGS」(2007年)、それを受けるかのように発売された長年の熱心なリスナーでもある音楽評論家岡村誌野によるコンプリート・ブック「ザ・コレクターズ大頭鑑 (CDジャーナルムック)」(2008年11月)と、思わずその世界に引きずり込まれてしまったTHE COLLECTORS(ザ・コレクターズ)。

 5作続いたko fujikawa(ÇÀ et LÀ)に替り、ご存じコンテムポラリー・プロダクション(contemporary production)の信藤三雄の手によるサイケな鏡をモチーフにしたジャケットが印象的な約2年ぶりのニュー・アルバム、「青春ミラー(キミを想う長い午後)」(2010年4月)が到着。

 このCDジャーナル(CDJournal)のインタビューの動画コメントで、加藤ひさし自ら「煎餅で言えば両面手焼き」(笑)と語る、THE COLLECTORS(ザ・コレクターズ)の職人の心意気、もちろんCDで、しかと受け止めさせていただきます。

 プロデュースは、7作連続となるサロン・ミュージック(SALON MUSIC)の吉田仁で、相変わらずの音の太さ。

・You Tube上の1曲目「青春ミラー(キミを想う長い午後)」のプロモーション・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=opyYusNCC-A&feature=related

 古市コータローのギターの音が最高です。

 ザ・フー(The Who)というよりも、XTCのコリン・モールディング(Colin Moulding:B)&テリー・チェンバーズ(Terry Chambers:D)を彷彿とさせる小里誠 (B)&阿部耕作 (D)のタイトでスクエアなリズム・セクションも、THE COLLECTORS(ザ・コレクターズ)の大きな魅力。

 また、3曲目「エコロジー」や8曲目「twitter」といった社会を風刺したユーモアあふれる歌詞に、加藤ひさしの才能が感じられ、この方向性は今後もどんどん期待したいところ。

 先日ご紹介したイギリスのマッドネス(Madness)もそうでしたが、年を重ねるごとにベテラン・バンドの味わいを増すTHE COLLECTORS(ザ・コレクターズ)、応援させていただきます。

|

« 中小企業の事業再生にまた朗報です。「中小・零細企業の返済猶予、リースも対象に 経産相、業界団体に要請へ」(2010年4月12付日本経済新聞夕刊より) | トップページ | 待ちに待った相続税申告のバイブル、「笹本(ササボン)」の最新改訂版。笹岡宏保(著)「具体事例による財産評価の実務―相続税・贈与税〈平成22年3月改訂〉」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/48095727

この記事へのトラックバック一覧です: 「両面手焼き」の心意気。THE COLLECTORS(ザ・コレクターズ)「青春ミラー(キミを想う長い午後)」:

« 中小企業の事業再生にまた朗報です。「中小・零細企業の返済猶予、リースも対象に 経産相、業界団体に要請へ」(2010年4月12付日本経済新聞夕刊より) | トップページ | 待ちに待った相続税申告のバイブル、「笹本(ササボン)」の最新改訂版。笹岡宏保(著)「具体事例による財産評価の実務―相続税・贈与税〈平成22年3月改訂〉」 »