« 清算所得課税の通常の所得課税へ移行ですが、清算を予定している法人は、平成22年9月30日までに解散しておくのが安全のようです。平成22年度税制改正に関する「所得税法等の一部を改正する法律案」が平成22年2月5日に閣議決定され、国会に提出。 | トップページ | 「清算所得課税廃止の見合いで認められる期限切れ欠損金の活用・使途や回数に制限なし」(「週間税務通信 No.3103 平成22年2月22日」より) »

録音の素晴らしさにノック・アウトされました。LOVE PSYCHEDELICO(ラブ・サイケデリコ)「ABBOT KINNEY(アボット・キニー)」

H220218_abbot_kinney  2010年1月、全国のCDショップの店員の投票により選出される「第2回CDショップ大賞」の大賞に、当ブログでも絶賛のTHE BAWDIES(ザ・ボウディーズ)「THIS IS MY STORY」が見事選出。

 時を同じくして、「THIS IS MY STORY」で4曲をプロデュースしていたNAOKI のLOVE PSYCHEDELICO(ラブ・サイケデリコ)がデビュー10周年にして2年半ぶりの5枚目のアルバム「ABBOT KINNEY(アボット・キニー)」(2010年1月)を発売。

 大変失礼ながら、THE BAWDIES(ザ・ボウディーズ)がらみで購入させていただいた「ABBOT KINNEY(アボット・キニー)」、録音の素晴らしさにノック・アウトされました。

・You Tube上の、1曲目「ABBOT KINNEY(アボット・キニー)」のYouTube限定映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=_4n0cI60gyc

 この1曲目といい、2曲目「Beautiful days」といい、どこかで聞いたことのある感じがするのはご愛嬌。

 とにかく、ギターやバンジョーの音の良いこと。

 LOVE PSYCHEDELICO(ラブ・サイケデリコ)って、こんなに音が良かったっけと、過去のアルバムをあわててチェツクしてみましたが、「ABBOT KINNEY(アボット・キニー)」は別格。

 ジョー・ガストワート(Joe Gastwirt)のマスタリングによるところが大きいのでしょうか?

・You Tube上の、10曲目「This way(ディス・ウェイ)」のYouTube限定映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=xK3HxCdsjMk

 12曲目、ラスト・ナンバーが、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival:CCR)の名曲、「雨をみたかい(Have You Ever Senn The Rain?)」なのもポイント高し。

・You Tube上の、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival:CCR)「雨をみたかい(Have You Ever Senn The Rain?)」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=TS9_ipu9GKw

 「ABBOT KINNEY(アボット・キニー)」、愛聴させていただいております。

|

« 清算所得課税の通常の所得課税へ移行ですが、清算を予定している法人は、平成22年9月30日までに解散しておくのが安全のようです。平成22年度税制改正に関する「所得税法等の一部を改正する法律案」が平成22年2月5日に閣議決定され、国会に提出。 | トップページ | 「清算所得課税廃止の見合いで認められる期限切れ欠損金の活用・使途や回数に制限なし」(「週間税務通信 No.3103 平成22年2月22日」より) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/47597563

この記事へのトラックバック一覧です: 録音の素晴らしさにノック・アウトされました。LOVE PSYCHEDELICO(ラブ・サイケデリコ)「ABBOT KINNEY(アボット・キニー)」:

« 清算所得課税の通常の所得課税へ移行ですが、清算を予定している法人は、平成22年9月30日までに解散しておくのが安全のようです。平成22年度税制改正に関する「所得税法等の一部を改正する法律案」が平成22年2月5日に閣議決定され、国会に提出。 | トップページ | 「清算所得課税廃止の見合いで認められる期限切れ欠損金の活用・使途や回数に制限なし」(「週間税務通信 No.3103 平成22年2月22日」より) »