« 景気低迷の中、業績を伸ばしている企業。 | トップページ | 着々と整備がなされる事業再生に関する税務の取り扱い。「株式会社企業再生支援機構が買取決定等を行った債権の債務者に係る事業再生計画に基づき債権放棄等が行われた場合の税務上の取扱いについて」(平成20年11月6日回答) »

ストレンジなサウンドは一歩後退の感はあるものの、唯一無二の浮遊感のあるソング・ライティングと声は健在の待望の新作。クレア&リーズンズ(Clare & the Reasons) 「アロー(Arrow)」

211117_arrow  デュー・アルバム「ザ・ムービー(The Movie)」(2007年)が、強力プッシュの当ブログも含め日本がたぶん一番だったかもしれないのですが、大好評だったクレア&ザ・リーズンズ(Clare & the Reasons) の新作、「アロー(Arrow)」(2009年10月)が到着。

 現在民事再生手続中のヨージ・ヤマモトのものらしい帽子をかぶったクレア・マルダー(Clare Muldaur)の写真が使われたシンプルなジャケットが象徴するように、本作では前作の夫君オリヴィエ・マンション(Olivier Manchon)によるものではないかと思われるハリウッド的ユーモア&ゴージャス感は後退し、よりシンプルなサンドに。

 でもご安心あれ、クレア・マルダー(Clare Muldaur)の唯一無二の浮遊感のあるソング・ライティングと声は健在です。

211117_the_point_2  岡村詩野氏による日本盤ライナー・ノーツによると、「アロー(Arrow)」というタイトルは、自身の原作によるTVアニメのサウンドトラック・アルバム であるニルソン(Nilsson)「オブリオの不思議な旅(The Point!)」(1971年)収録、「アローは友だち(Me And My Arrow)」からとられているらしい。

  You Tube上の、ニルソン「アローは友だち(Me And My Arrow)」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=43ey8s8EALU

 クレア・マルダー(Clare Muldaur)の浮遊感あるソング・ライティングは、ハリー・ニルソン(Harry Nilsson)に影響をうけているのかもしれませんね。

 そのニルソン(Nilsson)作品のプロデューサーを務めたこともあり、前作「ザ・ムービー(The Movie)」に参加していた、気難しいことで知られるヴァン・ダイク・パークス(Van Dyke Parks)の最大級の賛辞が、日本盤の帯に。

 「クレアは、リーズンズの『レゾン・デートル(存在証明)』。メロディアスでミステリアス・・・それがバンドのエスプリ。夢世界の逃避行に、エレガントなアレンジに包まれた、エッジィな弦楽。このアルバムをビザ代わりに、ホンモノの音楽の冒険に出かけよう。ウットリ度は100%さ!」

 なお、独自のボーナス・トラックもついた日本盤は、現時点ではAmazonでは取り扱っていないようですので、発売元Buffalo Recordsさんの通販サイト等からご購入を。

 http://www.buffalo-records.com/itemview.asp?gid=657&category=1&siteid=1

 You Tube上の、「アロー(Arrow)」、1曲目「All The Wine」のプロモーション・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=k0a03Nb7u_8

 良い曲です。

 前作の日本盤ボーナス・トラック、1985年の全米第1位の大ヒット、ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for Fears)「ルール・ザ・ワールド(Everybody Wants to Rule the World)」のカヴァーにもニヤリとさせられましたが、今回のお楽しみカヴァーは、ジェネシス(Genesis)の1983年の全米第6位のヒット、「ザッツ・オール(That's All)」。

 You Tube上の5曲目、「ザッツ・オール(That's All)」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=fm9ZxMK7GYk

 「アロー(Arrow)」ですが、管楽器の大幅導入も大きな特徴。

 今最も期待のアーティストといっても良いクレア&ザ・リーズンズ(Clare & the Reasons)、 私の好みを言わせていていただくならば、次作は、もっと、オリヴィエ・マンション(Olivier Manchon)の変幻自在なストリングス・アレンジを楽しまさせていただきたいと思います。

|

« 景気低迷の中、業績を伸ばしている企業。 | トップページ | 着々と整備がなされる事業再生に関する税務の取り扱い。「株式会社企業再生支援機構が買取決定等を行った債権の債務者に係る事業再生計画に基づき債権放棄等が行われた場合の税務上の取扱いについて」(平成20年11月6日回答) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/46792765

この記事へのトラックバック一覧です: ストレンジなサウンドは一歩後退の感はあるものの、唯一無二の浮遊感のあるソング・ライティングと声は健在の待望の新作。クレア&リーズンズ(Clare & the Reasons) 「アロー(Arrow)」:

« 景気低迷の中、業績を伸ばしている企業。 | トップページ | 着々と整備がなされる事業再生に関する税務の取り扱い。「株式会社企業再生支援機構が買取決定等を行った債権の債務者に係る事業再生計画に基づき債権放棄等が行われた場合の税務上の取扱いについて」(平成20年11月6日回答) »