« 便利だからよく解ります。通販&ネット販売「百貨店、コンビニを抜いた通販&ネット販売の魔力」(週刊ダイヤモンド  2009年 11/28号) | トップページ | 今年も無事出ました、倒産・事業再生に携わるプロの法令・判例・ガイドライン等の「たな卸し」に最適の一冊。伊藤眞・多比羅誠・須藤英章編集代表「倒産・再生再編六法〈2010年版〉」 »

2人となったカーネーション(Carnation)の浄化された自然体の好アルバム。カーネーション(Carnation)「Velvet Velvet」

211125_velvet_velvet  当ブログでも既にご紹介のように、ソロ・プロジェクト、ミューズメント(Musement)名義の「Random Access Melody」(2007年7月)が素晴らしい出来だったドラマーの矢部浩志が、椎間板ヘルニアにより演奏活動への復帰の見通しが立たず、2009年1月末日をもって脱退してしまった、直枝政広(直枝政太郎)率いるカーネーション(Carnation)。

 シングル「ジェイソン(Jason)」(2009年4月)から若干間があきましたが、待望の新作スタジオ・アルバム「Velvet Velvet」(2009年11月)が到着。

 表裏を見ると「そして、2人が残った。」という印象の、黒田智之氏によるシンプルでストレートなジャケットの「Velvet Velvet」(2009年4月)、1曲目「Velvet Velvet」、いいじゃないですか!

・You Tube上の1曲目「Velvet Velvet」のプロモーション・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=wSs16FprLWw

 カフェロン(Cafelon)の渡辺シュンスケのベルの音がすがすがしい、スケール感のあるドリーミーなナンバー。

 プロモーション・ビデオも実にシンプル。

 「おおっ、こうきたか」と思わず興奮した私ですが、アルバム全体がこのスケール感のあるシンプル&ドリーミーな世界であるわけでもなく、2人を中心にセッション的な自由な雰囲気で作られたというだけあって、その「自然体」が印象に残るアルバム。

211125_music_magazine_2009_12 ブログ「ナオエのドンキー日記」からもその置かれた状況が伝わってきていましたが、「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2009年 12月号」の志田歩氏による直枝政広(直枝政太郎)へのインタビューでは、鳴り物入りで立ち上げたハリケーン・レコーズからの離脱と、よりプライベートなカーネーション・オフィスとコズミック・シー・レコーズの立ち上げのいきさつ、直枝自身の体調不調など、転がり続けるロックン・ロール人生の裏側も吐露。

 しかし、「Velvet Velvet」にはそういった要素は持ち込まず、そのために自分たちは何年かかけて、カーネーション(Carnation)という浄化してきたので、単純に音楽を音楽として楽しんでほしいと語る直枝。

 確かに、単純に音楽を音楽として楽しめる好アルバムです。

 でも、欲を言わせていただくと、個人的には、1曲目「Velvet Velvet」の世界をどんどん広げいって欲しいと思うなぁ。

 

|

« 便利だからよく解ります。通販&ネット販売「百貨店、コンビニを抜いた通販&ネット販売の魔力」(週刊ダイヤモンド  2009年 11/28号) | トップページ | 今年も無事出ました、倒産・事業再生に携わるプロの法令・判例・ガイドライン等の「たな卸し」に最適の一冊。伊藤眞・多比羅誠・須藤英章編集代表「倒産・再生再編六法〈2010年版〉」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/46861930

この記事へのトラックバック一覧です: 2人となったカーネーション(Carnation)の浄化された自然体の好アルバム。カーネーション(Carnation)「Velvet Velvet」:

« 便利だからよく解ります。通販&ネット販売「百貨店、コンビニを抜いた通販&ネット販売の魔力」(週刊ダイヤモンド  2009年 11/28号) | トップページ | 今年も無事出ました、倒産・事業再生に携わるプロの法令・判例・ガイドライン等の「たな卸し」に最適の一冊。伊藤眞・多比羅誠・須藤英章編集代表「倒産・再生再編六法〈2010年版〉」 »