« 専門家でも理解が難しく落とし穴にはまる不思議な税金、消費税の謎に迫るユニークな書。熊王征秀(著)「クマオーの消費税トラブル・バスター」 | トップページ | 日本航空(JAL)も事業再生ADR(裁判外紛争解決手続)。2009年10月14日付日本経済新聞等より。 »

再発見、名曲ぞろいの傑作「アルバム」。「マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)」

H211013_magical_mystery_tour  2009年9月9日に全世界でリリースされたザ・ビートルズ(The Beatles)の最新デジタル・リマスター盤CD。

 過去と現在の音楽を同じ土俵で聴き比べ出来る音楽アーカイブ時代、とかく神格化されがちなザ・ビートルズ(The Beatles)ですが、リマスターによりいったいどう聴こえるのか興味津々。

 赤盤・青盤世代の私も、早速、ステレオ・ボックス、モノ・ボックス、ダブルで入手してみましたが、この黒箱・白箱、なかなかいいじゃないですか。

 中でも私の1番の再発見といっても良いのが、「マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)」(オリジナル盤:1967年11月、最新リマスター盤:2009年9月)です。

 「マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)」は、そもそもはイギリスのTV番組のサントラ盤で、当初、イギリスでは6曲入りEP2枚組として発売され、後からアメリカで11曲入りアルバムとしてリリースされたという、オリジナル・アルバム未満の軽く見られがちな作品。

 ところが、今回聴きなおしてみて、とにかくポップな名曲ぞろいで、ザ・ビートルズ(The Beatles)の作品の中でも実はよくできた「アルバム」なのではないかと再発見。

・You Tube上の1曲目「マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=h7pvA4EHi08

 注目のステレオ・モノ論争、イントロのコーラスの拡がりはステレオ・ミックスで楽しみたいところということで、本アルバムは私はステレオ・ミックスに軍配。

・You Tube上の2曲目「フール・オン・ザ・ヒル(The Fool On The Hill)」の映像。
 ポール・マッカートニー (Paul McCartney)らしい牧歌的な曲で昔から好きな曲です。
・You Tube上の6曲目「アイ・アム・ザ・ウォルラス(I Am The Walrus)」の映像。
 ジョン・レノン(John Lennon)が「100年後も通用する曲」と豪語する名曲。

・You Tube上の7曲目「ハロー・グッドバイ(Hello Goodbye )」のポール・マッカートニー (Paul McCartney)監督のプロモーション・ビデオ。 

 http://www.youtube.com/watch?v=Qf2S7kKLtEQ

 最近、YMOことイエロー・マジック・オーケストラ(YELLOW MAGIC ORCHESTRA)の「WORLD HAPPINESS 2009」バージョンを聴いて以来、そのメロディーが耳に焼き付いて離れません。

 「ザ・ポップ・ミュージック」ともいうべき聴いてウキウキしてくる、今や貴重な曲。

・ Tube上の8曲目「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー(Strawberry Fields Forever) 」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=-7NoOhmVMac

 イントロのフルートの音色のメロトロンは不滅のサウンドですね。

・You Tube上の9曲目「ペニー・レイン(Penny Lane)」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=_hIV7jwLXt8

 良い曲多すぎます。

・You Tube上の11曲目「愛こそはすべて(All You Need Is Love)」の世界同時宇宙中継特別番組「アワ・ワールド(Our World)」で新曲としてお披露目した際の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=NzJ2NKp23WU

 You Tube時代により気軽に映像も楽しめる「マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)」、名曲ぞろいのザ・ビートルズ(The Beatles)の作品の中でも屈指の「アルバム」ではないでしょうか。

 

|

« 専門家でも理解が難しく落とし穴にはまる不思議な税金、消費税の謎に迫るユニークな書。熊王征秀(著)「クマオーの消費税トラブル・バスター」 | トップページ | 日本航空(JAL)も事業再生ADR(裁判外紛争解決手続)。2009年10月14日付日本経済新聞等より。 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

ビーチボーイズの『ペットサウンズ』のような完成系をビートルズに求めるとするならば、
やっぱり、このアルバムだと思います。

ビートルズの不思議なところは、アルバムによってなんでこんな中途半端な楽曲入れて
るのかなってのがあるところなんですね。
特にポールの遊び心ってのが、謎です。

そういうのがないですよね、このアルバムには。

ところで、珍説。
【GOD ONLY KNOWS】が兄で、【Your Mother Should Know】は弟か。

投稿: tommy sasuga | 2009年10月21日 (水) 23時01分

tommy sasugaさん、コメントありがとうございます。
昔はオリジナル・アルバム信仰に洗脳されていたため
米キャピトル・レコードがイギリス盤EPとシングルを合体させただけの「編集盤」
という思い込みがありましたが
今改めて聴くとビートルズの作品で一番楽しいアルバムだと思います。
【GOD ONLY KNOWS】が兄で、【Your Mother Should Know】は弟、なるほど!

投稿: Accounting&Music | 2009年10月31日 (土) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/46480516

この記事へのトラックバック一覧です: 再発見、名曲ぞろいの傑作「アルバム」。「マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)」:

« 専門家でも理解が難しく落とし穴にはまる不思議な税金、消費税の謎に迫るユニークな書。熊王征秀(著)「クマオーの消費税トラブル・バスター」 | トップページ | 日本航空(JAL)も事業再生ADR(裁判外紛争解決手続)。2009年10月14日付日本経済新聞等より。 »