« まだかまだかと思っていたら、いつのまにか発売になっていました。金子宏(編集)・新堂幸司(編集)・平井宜雄(編集) 「法律学小辞典 第4版補訂版」 | トップページ | これはすごく面白い、99%のマネー本を無効にする運用本。山崎元(著)「超簡単 お金の運用術 (朝日新書) 」 »

今、一番キャッチーな音楽。ミーカ(MIKA)「ザ・ボーイ・フー・ニュー・トゥー・マッチ(The Boy Who Knew Too Much)」

210929_the_boy_who_knew_too_much  デビュー・アルバム「ライフ・イン・カートゥン・モーション(LIFE IN CARTOON MOTION)」(2007年)が、UKだけで150万枚、世界で600万枚も売れたらしく、このCDが売れない時代に驚くしかない、ミーカ(MIKA)。

 そのミーカ(MIKA)の2ndアルバム、「ザ・ボーイ・フー・ニュー・トゥー・マッチ(The Boy Who Knew Too Much)」(2009年9月)が到着。

 前作と同様、DaWack名儀の姉のヤスミーン(Yasmine)、リチャード・ホッグ(Richard Hogg)、ミーカ(MIKA)自身の3名によるカラフルなイラストが印象的な「ザ・ボーイ・フー・ニュー・トゥー・マッチ(The Boy Who Knew Too Much)」、今、一番キャッチーな音楽でしょう。

210929_life_in_cartoon_motion  ミーカ(MIKA)は、父親がアメリカ人、母親がレバノン人の1983年レバノン生まれのシンガー・ソングライター。

 父親がレバノン系ブラジル人、母親がフランス人の日産のカルロス・ゴーン(CARLOS GHOSN)とその濃い雰囲気が少々似ています。

 デビュー・アルバム「ライフ・イン・カートゥン・モーション(LIFE IN CARTOON MOTION)」(2007年)ですが、シングル「グレース・ケリー(Grace Kelly)」がとにかくキャッチーでした。

 You Tube上の「グレース・ケリー(Grace Kelly)」のプロモーション・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=7vH-tGdxh8I

 明らかにクイーン(Queen)のフレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)の影響を受けていると思われる、音域の広いヴォーカルが素晴らしい。

210929_the_boy_who_knew_too_much_2  ジャケットと同様、「ザ・ボーイ・フー・ニュー・トゥー・マッチ(The Boy Who Knew Too Much)」(2009年9月)でも、そのキャッチーさを踏襲。

 You Tube上の1曲目「ウィー・アー・ゴールデン(We Are Golden)」のプロモーション・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=cy3ivLZYdyM

 グッド・ミュージックとも言うべき質の高い音楽が増えているものの、CD売上規模の縮小の影響なのかさらにキャッチーという音楽は逆に少なくなっているのではと感じる今日この頃、ミーカ(MIKA)の奮闘振りは頼もしいかぎりです。

|

« まだかまだかと思っていたら、いつのまにか発売になっていました。金子宏(編集)・新堂幸司(編集)・平井宜雄(編集) 「法律学小辞典 第4版補訂版」 | トップページ | これはすごく面白い、99%のマネー本を無効にする運用本。山崎元(著)「超簡単 お金の運用術 (朝日新書) 」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/46350159

この記事へのトラックバック一覧です: 今、一番キャッチーな音楽。ミーカ(MIKA)「ザ・ボーイ・フー・ニュー・トゥー・マッチ(The Boy Who Knew Too Much)」:

« まだかまだかと思っていたら、いつのまにか発売になっていました。金子宏(編集)・新堂幸司(編集)・平井宜雄(編集) 「法律学小辞典 第4版補訂版」 | トップページ | これはすごく面白い、99%のマネー本を無効にする運用本。山崎元(著)「超簡単 お金の運用術 (朝日新書) 」 »