« 平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.25。不動産証券化関係:特定目的会社等の課税の特例の見直し等(法人) | トップページ | 破産実務に関する、新世代によるユニークな力作。野村剛司(著)・新宅正人(著)・石川貴康(著)「破産管財実践マニュアル」 »

ようやくよくわかったスライのカッコ良さ。スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)「ウッドストック・エディション(The Woodstock Experience)」

H210813_the_woodstock_experience 今年は、1969年8月、アメリカ合衆国ニューヨーク郊外で開かれたウッドストック・フェスティバル(Woodstock Music and Art Festival)から40周年。

 その記念盤として、今まで2曲しか公式盤ではCD化されていなかった、スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)のウッドストック・フェスティバルでの全演奏を収録した「Recorded Live At The Woodstock Music & Art Fair,Sunday,August 17,1969」と、スタジオ盤「スタンド!(Stand!)」(1969年)がパッケージされた、「ウッドストック・エディション(The Woodstock Experience)」(US:2009年6月、JP:2009年7月)が発売。

 スライの影響下にある音楽は大好きなものの、ご本家のスタジオ盤はどうしても好きになれなかった私ですが、このライヴ盤、スライのカッコ良さを思い知らされました。

 ピチカート・ファイヴ(Pizzicato Five)、スガ・シカオ、プリンス(Prince)といったスライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)の影響下にあるアーティスト、はたまたスライ門下のベーシスト、ラリー・グラハム(Larry Graham)は大好きなものの、ご本家のスタジオ盤は何かモコモコしたサウンドと病的な感触が好きになれなかった私ですが、このライヴ盤、「Recorded Live At The Woodstock Music & Art Fair,Sunday,August 17,1969」にはノック・アウトされました。

 何といっても、1曲目「マレディー(M'Lady)」から最後の「スタンド!(Stand!)」まで、今までの私のスライへのイメージを覆す、その明るく前向きな高揚感が素晴らしい。

 CDでは「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック(Dance to the music)」と「ミュージック・ラヴァー/ハイヤー(MEDLEY: Music Lover/Higher)」の2曲、DVDでも「アイ・ウォント・トゥ・テイク・ユー・ハイヤー(I Want To Take You Higher)」と「ラヴ・シティ(Love City)」の2曲しか、今まで公式にはパッケージ・ソフト化されていなかったのが実に不思議。

 ウッドストック・フェスティバル(Woodstock Music and Art Festival)のものではありませんが、You Tube上の「マレディー(M'Lady)」のライヴ映像。

  http://www.youtube.com/watch?v=a8Tds3Y39Wc

 トランペットのシンシア・ロビンソン(Cynthia Robinson)のあおりまくるシャウト、ラリー・グラハム(Larry Graham)のチョッパー、おっと失礼スラップ完成前ながら、ファズ利かせまくりの親指ベースがたまりません。

 同じく、「シング・ア・シンプル・ソング(Sing A Simple Song)」、「ユー・キャン・メイク・イット・イフ・ユー・トライ(You Can Make It If You Try)」、「エブリデイ・ピープル(Everyday People)」のライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=sX4ZZ-QT7Ls

 http://www.youtube.com/watch?v=OWx7o2ojUxI

 http://www.youtube.com/watch?v=mFE8gr6_5sM

 このライヴ映像は、ウッドストックと曲順が同じで、画質は悪いですが素晴らしい演奏です。

 これもウッドストック・フェスティバルではありませんが、You Tube上の、「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック(Dance to the music)」と「ミュージック・ラヴァー/ハイヤー(MEDLEY: Music Lover/Higher)」のメドレーのTV番組らしきライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=DkP5roFukKY

 ラリー・グラハム(Larry Graham)は、何とセミアコ・ベース(笑)。

 おまちかね、ウッドストック・フェスティバルの「アイ・ウォント・トゥ・テイク・ユー・ハイヤー(I Want To Take You Higher)」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=ZYrz5y1mW5U

 同じく、ウッドストック・フェスティバルの「ラヴ・シティ(Love City)」の映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=Vv8CgsWSmCg

 You Tube上ではウッドストック以外のその他の映像が多数アップされていますが、1969年頃のスライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)のライヴって最高なんですね。

 日々新たな発見ができる、再発・You Tubeの音楽アーカイヴ時代、心より感謝させていただきたいと思います。

|

« 平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.25。不動産証券化関係:特定目的会社等の課税の特例の見直し等(法人) | トップページ | 破産実務に関する、新世代によるユニークな力作。野村剛司(著)・新宅正人(著)・石川貴康(著)「破産管財実践マニュアル」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/45912080

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくよくわかったスライのカッコ良さ。スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)「ウッドストック・エディション(The Woodstock Experience)」:

« 平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.25。不動産証券化関係:特定目的会社等の課税の特例の見直し等(法人) | トップページ | 破産実務に関する、新世代によるユニークな力作。野村剛司(著)・新宅正人(著)・石川貴康(著)「破産管財実践マニュアル」 »