« 本人だろうと誰が何と言おうともユキヒロの最高傑作。高橋ユキヒロ(幸宏)(Yukihiro Takahashi)「サラヴァ!(Saravah!)」 | トップページ | 我が人生の1枚。1979年という時代が生んだ奇跡のアルバム。ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)「モダン・ポップ(X-STATIC)」 »

新三浦の「水だき」が手軽に楽しめます。「新三浦ガーデン」(築地)

Photo  「新三浦 銀座店」(銀座二丁目)が移転し、昨年10月に「新三浦ガーデン」として、築地は、「新三浦 築地本店」の隣接地にオープン。

 「新三浦」は、博多で明治43年の創業の約100年続く、白濁スープが特徴の「水だき」の専門店。

 「新三浦ガーデン」は、「新三浦 銀座店」よりだいぶ広くなり入りやすくなったとともに、ランチのメニューもずいぶん豊富になりました。

 特に、「水だき小鍋」1,850円は、「新三浦」の絶品ともいうべき「水だき」の魅力が手軽に楽しめる逸品です。

Photo_2  「水だき小鍋」は、水だき、スープ、筑前だき、ご飯、新香がワン・セット。

 白濁スープの「水だき」をはじめ、筑前だきなどサイド・メニューも、素材を活かした薄味で実に上品な味わい。

 柔らかくジューシーな鶏肉は、焼き鳥の「伊勢廣」と同じく、創業明治40年、築地場外市場の鶏肉専門店「鳥藤(toritoh)」からの仕入らしい。

Photo_3  「新三浦 銀座店」時代のランチは、左写真の「親子丼」950円と、「重ね弁当」1,200円の2種類だったはず。

 お値段が手頃な「親子丼」もおいしいのですが、他にもライバルが多く、やはり「水だき小鍋」が他が真似の出来ないおいしさで、足をのばして行くのであればぜひ注文したいところ。

 ちなみに、WEB上で検索してみると、博多の「新三浦 天神店」では、「水だき小鉢定食」として、小鍋の「水だき」が以前から楽しめたらしい。

 ちょっと、私の事務所からは遠くなってしまいましたが、手軽に楽しめるようになった「新三浦」の「水だき」、機会を見てまたうかがいたいと思います。

|

« 本人だろうと誰が何と言おうともユキヒロの最高傑作。高橋ユキヒロ(幸宏)(Yukihiro Takahashi)「サラヴァ!(Saravah!)」 | トップページ | 我が人生の1枚。1979年という時代が生んだ奇跡のアルバム。ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)「モダン・ポップ(X-STATIC)」 »

ランチ・グルメ等(八重洲・京橋・銀座・丸の内・日本橋・築地)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/45540083

この記事へのトラックバック一覧です: 新三浦の「水だき」が手軽に楽しめます。「新三浦ガーデン」(築地):

« 本人だろうと誰が何と言おうともユキヒロの最高傑作。高橋ユキヒロ(幸宏)(Yukihiro Takahashi)「サラヴァ!(Saravah!)」 | トップページ | 我が人生の1枚。1979年という時代が生んだ奇跡のアルバム。ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)「モダン・ポップ(X-STATIC)」 »