« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

マンゴーの季節です。「デニーズ(Denny's) 八丁堀店」

Dennys  歩いて約13分のところにあり、よく利用させていただいている「デニーズ(Denny's) 八丁堀店」。

 「デニーズ(Denny's)」で、私が好きなのは、おいしいフレッシュ・フルーツがあること。

 通常はパパイアですが、4月から6月にかけてはマンゴーに変わり、特にマンゴーの質の良さはなかなかなもの。

 今年も4月11日から販売が開始された「フレッシュ・マンゴー」、時期を逃すと食べられませんのでお早めに。

続きを読む "マンゴーの季節です。「デニーズ(Denny's) 八丁堀店」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

21世紀の1人「はっぴいえんど」。大橋トリオ(ohashi Trio)「A BIRD」

H210530_a_bird  以前に、「recommuni blog Editor's Choice」の音楽評論家高橋健太郎氏の記事を読み、知る人ぞ知る存在らしくちょっと気になっていた大橋トリオ(ohashi Trio)。

 そうこうするうちに、メジャー・デビュー・アルバム「A BIRD」(2009年5月)が発売され、前作「THIS IS MUSIC」(2008年7月)の全日本CDショップ店員組合主催「第1回CDショップ大賞」の準大賞受賞の記事が5月15日の朝日新聞に乗り、意外な人気ぶりに少々驚き。

 さっそくチェックさせていただいた大橋トリオ(ohashi Trio)。

 私の印象は、21世紀の1人「はっぴいえんど」、なるほどのグッド・ミュージックです。

続きを読む "21世紀の1人「はっぴいえんど」。大橋トリオ(ohashi Trio)「A BIRD」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.10。住宅ローン控除(住宅ローン減税)の延長・拡大(個人)

 前回に引き続き、平成21年(2009年)税制改正によりどこがどう変わったのか概要を確認して行く「平成21年(2009年)税制改正でこうなる」シリーズの第10回。

 今回は、平成21年(2009年)税制改正の最大の目玉ともいえる、住宅ローン控除(住宅ローン減税)の延長・拡大(個人)についてです。

続きを読む "平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.10。住宅ローン控除(住宅ローン減税)の延長・拡大(個人)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抜群に面白い、1982年から現在にかけての東京ストリート・カルチャー史。「丘の上のパンク -時代をエディットする男、藤原ヒロシ半生記(TINY PUNK ON THE HILLS AN ORAL BIOGRAPHY OF HIROSHI FUJIWARA)」

H210528・プラスティックス(Plastics)の中西俊夫&佐藤チカの傍にいるロンドン帰りの謎のおしゃれ少年(1980年代初期)

・プレジデントBPMこと近田春夫とともにヒップ・ホップにいち早く飛びついたタイニー・パンクス(Tiny Punks)の片割れ(1980年代中期)

・小泉今日子「No17」のDJ出身プロデューサー(1990年代初頭)

・裏原宿で大成功したストリート・ウェアのカリスマ(1990年代中期)

・びっくりしましたエリック・クラプトン(Eric Clapton)とのマブダチ関係(2000年代初期)

・競技用自転車ピスト(Pist)遊びを流行らせている人(2000年代中期)

・曽我部恵一とデュオを組んだりしているフォーク・シンガー(最近)

 1982年から現在にかけての音楽を中心にした東京ポップ・カルチャーを見続けてきた私にとって、藤原ヒロシは「違う世界の人」という印象ながらいつも気になる謎の存在。

 そんな藤原ヒロシの謎を解き明かしてくれるのが、私にPerfume(パフューム)を教えてくれた、尊敬すべきポップ・カルチャー水先案内人、川勝正幸氏が5年近くの歳月をかけて書きあげた、川勝正幸(著)・藤原ヒロシ(監修)「丘の上のパンク -時代をエディットする男、藤原ヒロシ半生記(TINY PUNK ON THE HILLS AN ORAL BIOGRAPHY OF HIROSHI FUJIWARA)」(2009年2月)。

 藤原ヒロシの人物像だけでなく、川勝正幸氏の確かな目利き力に裏打ちされた1982年から現在にかけての東京ストリート・カルチャー史、抜群の面白さです。

続きを読む "抜群に面白い、1982年から現在にかけての東京ストリート・カルチャー史。「丘の上のパンク -時代をエディットする男、藤原ヒロシ半生記(TINY PUNK ON THE HILLS AN ORAL BIOGRAPHY OF HIROSHI FUJIWARA)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.9。土地の固定資産税・都市計画税の税負担の調整措置の継続・拡大(個人、法人)

 前回に引き続き、平成21年(2009年)税制改正によりどこがどう変わったのか概要を確認して行く「平成21年(2009年)税制改正でこうなる」シリーズの第9回。

 今回は、土地の固定資産税・都市計画税の税負担の調整措置の継続・拡大(個人、法人)についてです。

続きを読む "平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.9。土地の固定資産税・都市計画税の税負担の調整措置の継続・拡大(個人、法人)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはありがたい、実用性の高い好企画盤。土岐麻子(ASAKO TOKI)「ミドル&メロウ・オブ・土岐麻子(middle&mellow of ASAKO TOKI )」

H210524_middlemellow_of_asako_tok_2 当ブログでも、2008年10月発売の第1弾、「ミドル&メロウ・オブ・クレイジーケンバンド(middle&mellow of CRAZY KEN BAND)」、「ミドル&メロウ・オブ・ハピネス・レコード(middle&mellow of Happiness Records)」(2008年10月)をご紹介させていただいた、「BARFOUT!(バァフアウト!)」編集長、山崎二郎氏選曲&監修による企画、「middle&mellow」。

 第3弾として、土岐麻子(ASAKO TOKI)「ミドル&メロウ・オブ・土岐麻子(middle&mellow of ASAKO TOKI )」(2009年4月)が発売。

 ちょうど、土曜日に知人のライヴに行き、土岐麻子(ASAKO TOKI)の「モンスターを飼い馴らせ」と「小麦色のマーメイド」のカヴァーを演奏していたのを見たばかりですが、正に「middle&mellow」にぴったりの音楽性。

 そういえば、ベスト盤がこれまで発売されていなかった土岐麻子、これはありがたい、実用性の高い好企画盤です。

続きを読む "これはありがたい、実用性の高い好企画盤。土岐麻子(ASAKO TOKI)「ミドル&メロウ・オブ・土岐麻子(middle&mellow of ASAKO TOKI )」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.8。不動産取得税の軽減措置の延長(個人、法人)

 前回に引き続き、平成21年(2009年)税制改正によりどこがどう変わったのか概要を確認して行く「平成21年(2009年)税制改正でこうなる」シリーズの第8回。

 今回は、不動産取得税の軽減措置の延長(個人、法人)についてです。

続きを読む "平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.8。不動産取得税の軽減措置の延長(個人、法人)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

細野晴臣「サウンドストリート21」(5月24日23:00~24:30@NHKFM)でかかりました!NHKスペシャル マネー資本主義のテーマ音楽、細野晴臣&アン・サリー(Ann Sally)「スマイル(smile)」

 当ブログでもご紹介しているとおり、その美しさに心打たれる、NHKスペシャル マネー資本主義のテーマ音楽、細野晴臣&アン・サリー(Ann Sally)「スマイル(smile)」(2009年)。

 本日、川勝正幸氏のハニカム(honeyee.com)・ブログで知りたまたま聴いてみた細野晴臣「サウンドストリート21」(5月24日23:00~24:30@NHKFM)で全曲(おそらく)がかかりました。

 細野晴臣による制作にまつわる話も聞けました。

続きを読む "細野晴臣「サウンドストリート21」(5月24日23:00~24:30@NHKFM)でかかりました!NHKスペシャル マネー資本主義のテーマ音楽、細野晴臣&アン・サリー(Ann Sally)「スマイル(smile)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気軽に入れるデパート内本格寿司店。「おけい寿司 日本橋高島屋新館店」

1  いくら年をとっても、敷居の高さがどうしても気になるのが本格寿司店。

 そこで、デパートに入っている本格寿司店を見つけると、その気軽さゆえについ試してみようという気になるのですが、大変申し訳ありませんが、満足感が得られることは少ない印象。

 そんな中で、「おけい寿司 日本橋高島屋新館店」は、そば処「萱場」との同居で輪をかけた入りやすさの上、ていねいに仕事がされたにぎり寿司は、値段とクオリティーのバランスがとれた私のお気に入りです。

続きを読む "気軽に入れるデパート内本格寿司店。「おけい寿司 日本橋高島屋新館店」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手塚治虫、アニメーション。RAVEX(レイベックス)「TRAX(トラックス)」

H210522_trax  エイベックス創立20周年と手塚治虫生誕80周年を記念した、Mondo Grossoの大沢伸一、Fantastic Plastic Machineの田中知之、m-floの☆Taku Takahashiによるプロジェクト、RAVEX(レイベックス)のアルバム「trax(トラックス)」(2009年4月)。
 グルーヴィーなサウンド作りでは、日本を代表するお三方がフィーチャーする歌い手は、安室奈美恵、土屋アンナ、安藤裕子、東方神起、後藤真希、BoA、DJ OZMA、MONKEY MAJIK、LISA、GIRL NEXT DOORのヴォーカル千紗と、これまたavex(エイベックス)のお歴々で、我が国の史上最高のクリエイターと言って良い手塚治虫のキャラクターと豪華コラボレーション。

 役者は揃いましたが、私は大変申し訳ありませんが少々複雑な気分です。

続きを読む "手塚治虫、アニメーション。RAVEX(レイベックス)「TRAX(トラックス)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他人事とは思えない、遂に発生した新型インフルエンザ関連倒産。玩具小売りの株式会社いせや(大阪府)など2社が破産手続開始決定(帝国データバンク「大型倒産速報」より)

 帝国データバンク「大型倒産速報」によると、玩具小売りの株式会社いせや(大阪府大阪市北区)と関連会社の株式会社アンヴィ(東京都墨田区)が、5月20日に大阪地方裁判所に自己破産を申請し、5月21日には破産手続開始決定を受けましたが、「新型インフルエンザ関連倒産」との見出し。

 http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3033.html

 1923年(大正12年)創業、1963年(昭和38年)に法人改組した老舗で、玩具等を、空港や駅前商業施設などで販売し業容拡大したものの、競争激化による経営悪化で2002年1月に大阪地裁に民事再生法の適用を申請、2005年8月に再生手続終結決定を受けていたとのこと。

 そして、関西国際空港、大阪国際空港、成田国際空港の3店舗での営業を続けていたが、今年に入り円高の影響などで海外からの来日客が減少し、さらに4月に発生した新型インフルエンザ流行の影響から空港利用客が激減し、今回の自己破産の申立、そして破産手続開始決定の事態となったとのこと。

 昨年来の100年に一度といわれる世界金融危機で青色吐息の我々中小企業ですが、それに加えて迫りくる新型インフルエンザ、他人事とは思えません。

続きを読む "他人事とは思えない、遂に発生した新型インフルエンザ関連倒産。玩具小売りの株式会社いせや(大阪府)など2社が破産手続開始決定(帝国データバンク「大型倒産速報」より)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

21世紀の日本に突如現れた、ピュア・ブラック・ロックン・ロール。THE BAWDIES(ザ・ボウディーズ)「THIS IS MY STORY」

H210520_this_is_my_story  噂のTHE BAWDIES(ザ・ボウディーズ)のメジャー・デビュー・アルバム「THIS IS MY STORY」(2009年4月)。

 勉強不足の私、今回、初めてTHE BAWDIES (ザ・ボウディーズ)を知ったのですが、これが驚きの新型バンド。

 今のところ、私の2009年最大の発見と言ってよいでしょう。

 21世紀の日本に突如現れた、歌驚き、演奏良し、録音良し、アート・ワーク良しの、ピュア・ブラック・ロックン・ロール、掛け値なしのカッコ良さです。

続きを読む "21世紀の日本に突如現れた、ピュア・ブラック・ロックン・ロール。THE BAWDIES(ザ・ボウディーズ)「THIS IS MY STORY」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素材によって工夫をこらした揚げ方を楽しむ、至福のひととき。「てんぷら深町」(京橋)

Photo  「てんぷら深町」(京橋)は、神田駿河台「山の上ホテル」、池波正太郎が愛した店として知られる天ぷら店「山の上」で料理長を含め35年間勤めたご主人が平成14年に開業。

 今まで、お昼の「特製かき揚げ天丼」しか食べたことがなく、いつかお昼の「天ぷら定食」の方も食してみようと思っていましたが、そうこうするうちにミシュランの星付店に輝き、お値段も上がり、高い敷居がますます高く感じてきたりして現在に。

 ようやく、今回、ちょっとした機会があり、お昼の「てんぷら定食」に挑戦。

 「てんぷら近藤」(銀座)などとも同じ、高温と低温の2つの鍋を駆使したいわゆる「二鍋」による、素材によって工夫をこらした揚げ方は正に絶品、至福のひとときが味わえます。

続きを読む "素材によって工夫をこらした揚げ方を楽しむ、至福のひととき。「てんぷら深町」(京橋)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作詞家、小西康陽健在。ミズノマリ(Mari Mizuno)「mariage(マリアージュ)」

H210516_mariage  paris match(パリス・マッチ)のヴォーカリスト、ミズノマリ(Mari Mizuno)のファーストソロミニアルバム「mariage(マリアージュ)」(2009年4月)が発売。

 各方面から絶賛を浴びる、ミズノマリ(Mari Mizuno)のクールで透明感のある癒し声に惹かれて、筒美京平、冨田恵一(Tomita Lab)、小西康陽、堀込高樹(KIRINJI)、古内東子、西寺郷太(NONA REEVES)、片寄明人(Great3)、岡野泰也(vividblaze)等の作家陣が集結。

 嬉しいのは、その中でも光りまくる、作詞家、小西康陽健在ぶりです。

続きを読む "作詞家、小西康陽健在。ミズノマリ(Mari Mizuno)「mariage(マリアージュ)」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

細野晴臣&アン・サリー(Ann Sally)の美しい音楽を聴きながら考える「金融」と「資本主義」No.2。NHKスペシャル シリーズ マネー資本主義第2回「“超金余り”はなぜ起きたのか?~カリスマ指導者たちの誤算~」

 100年に一度とも言われる金融危機を生んだ、マネー資本主義は、どのように発生し、成長したのか、その誤謬の実態を解明し、未来に向けた教訓は何かを探っていくという、NHKスペシャル「シリーズ マネー資本主義」。

 第2回「“超金余り”はなぜ起きたのか?~カリスマ指導者たちの誤算~」も、第1回に引き続き興味深く拝見させていただきました。

続きを読む "細野晴臣&アン・サリー(Ann Sally)の美しい音楽を聴きながら考える「金融」と「資本主義」No.2。NHKスペシャル シリーズ マネー資本主義第2回「“超金余り”はなぜ起きたのか?~カリスマ指導者たちの誤算~」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タフに行こうぜ。NONA REEVES(ノーナ・リーヴス)「GO」

H210516_go  NONA REEVES(ノーナ・リーヴス)の11枚目となるニュー・アルバム「GO」(2009年3月)。

 数十年、日本音楽界を見聴き続けていて感じるのは、「継続は力なり」、ブレずに休まずに続けて行くことの大切さ。

 特に、バンドでブレずに休まずに続けて行くことは大変で、その点で、ザ・コレクターズ(THE COLLECTORS)やカーネーション(CARNATION)はたいしたものだと思う今日この頃。

 彼らの世代とは、ちょうど一回り違いますが、NONA REEVES(ノーナ・リーヴス)は、「休まずに続く」バンドの良き後継者。

 ザ・コレクターズ(THE COLLECTORS)「Tough」(1997年)ではないですが、「タフに行こうぜ」 と思わず応援したくなります。

続きを読む "タフに行こうぜ。NONA REEVES(ノーナ・リーヴス)「GO」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.7。不動産譲渡契約書及び工事請負契約書の印紙税の特例の延長(個人、法人)

 前回に引き続き、平成21年(2009年)税制改正によりどこがどう変わったのか概要を確認して行く「平成21年(2009年)税制改正でこうなる」シリーズの第7回。

 今回は、不動産譲渡契約書及び工事請負契約書の印紙税の特例の延長(個人、法人)についてです。

続きを読む "平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.7。不動産譲渡契約書及び工事請負契約書の印紙税の特例の延長(個人、法人)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすが、オリジナルに匹敵する完成度のリミックス。CORNELIUS(コーネリアス:小山田圭吾)「CM3」

H210514_cm3  先日ご紹介した、同時発売の「SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW(センシュアス・シンクロナイズド・ショー)」と同様、当初の発売予定日である3月11日から待たされること約2ヶ月、ようやく届いたCORNELIUS(コーネリアス:小山田圭吾)「CM3」(2009年5月)。

 どうも、「CM3」収録曲の許諾に時間がかかり、発売が延びに延びたらしい。

 「CM3」は、コーネリアスが海外・国内からオファーを受けたリミックス作品集「CM」シリーズ第3弾で、2003年から発表されたリミックス作品を収録。

 さすが、オリジナルに匹敵する完成度のリミックス作品が満載です。

続きを読む "さすが、オリジナルに匹敵する完成度のリミックス。CORNELIUS(コーネリアス:小山田圭吾)「CM3」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.6。土地等に関する登録免許税の特例の延長(個人、法人)

 前回に引き続き、平成21年(2009年)税制改正によりどこがどう変わったのか概要を確認して行く「平成21年(2009年)税制改正でこうなる」シリーズの第6回。

 今回は、土地等に関する登録免許税の特例の延長(個人、法人)についてです。

続きを読む "平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.6。土地等に関する登録免許税の特例の延長(個人、法人)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一!音楽と映像が見事にシンクロする21世紀のエンタテインメント。CORNELIUS(コーネリアス:小山田圭吾)「SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW(センシュアス・シンクロナイズド・ショー)」

H210512_sensuous_synchronized_show 当初の発売予定日である3月11日から待たされること約2ヶ月、やっと届きました、CORNELIUS(コーネリアス:小山田圭吾)「SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW(センシュアス・シンクロナイズド・ショー)」(2009年5月)。

 いやぁ、待ったかいがありました。

 1944年ウルグアイ生まれの米国の建築家ラファエル・ヴィニオリ (Rafael Vinoly)設計の東京国際フォーラム ホールAの美しい造形に、黄・白・赤・青の鮮やかなSENSUOUS Colorをあしらった、信藤三雄率いるコンテムポラリー・プロダクション出身、HELP!の北山雅和の手によるジャケットは、見事な写真の構図と言い早くも2009年No.1かという素晴らしいデザイン。

 「いよっ、世界一」と声をかけたくなる、音楽と映像が見事にシンクロする21世紀のエンタテインメント、期待通りの傑作です。

続きを読む "世界一!音楽と映像が見事にシンクロする21世紀のエンタテインメント。CORNELIUS(コーネリアス:小山田圭吾)「SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW(センシュアス・シンクロナイズド・ショー)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.5。特定の事業用資産の買換えの特例の延長(個人、法人)

 前回に引き続き、平成21年(2009年)税制改正によりどこがどう変わったのか概要を確認して行く「平成21年(2009年)税制改正でこうなる」シリーズの第5回。

 今回は、特定の事業用資産の買換えの特例の延長(個人、法人)についてです。

続きを読む "平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.5。特定の事業用資産の買換えの特例の延長(個人、法人)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マザー、ファーザー、シスター、ブラザー、ソウルトレイン(Soul Train)のテーマの2008年デジタル・リマスターが入っています。「ラヴ・トレイン:フィリー・ソウルの全て(Love Train:The Sound of Philadelphia)」

H210510  細野晴臣ジェネシス(Genesis)のものと並んで、ゴールデン・ウィーク中に聴きまくったボックス・セットが、「ラヴ・トレイン:フィリー・ソウルの全て(Love Train:The Sound of Philadelphia)」 (米盤2008年10月、日本盤2009年2月)。

 フィラデルフィア(フィリー)・ソウル(Philadelphia (Philly) soul)とは、1970年代前半に大流行した、作品の大半がシグマ・サウンド・スタジオ(Sigma Sound Studio)で制作されたことからシグマ・サウンド(Sigma Sound)とも言われることもある、フィラデルフィア(Philadelphia)発のストリングスを多用した都会的で洗練されたスウィートなソウル・ミュージック。

 1971年にケニー・ギャンブル(Kenny Gamble)とリオン・ハフ(Leon Huff)によるプロダクション・チーム「ギャンブル&ハフ(Gamble&Huff)」が設立したフィラデルフィア・インターナショナル・レコード(PIR:Philadelphia International Records)が震源地で、その音源を中心に71曲、2008年デジタル・リマスターCD4枚組にまとめたたのが、「ラヴ・トレイン:フィリー・ソウルの全て(Love Train:The Sound of Philadelphia)」。

 我々の世代にとっては本当に懐かしい、テレビ番組「ソウルトレイン(Soul Train)」のテーマにして、当時のラジオ関東「全米TOP40」のエンディング・テーマ、MFSB フィーチャリング・スリー・ディグリーズ(MFSB featuring vocals by The Three Degrees)「TSOP (The Sound of Philadelphia)」も、2008年デジタル・リマスターで楽しめます。

続きを読む "マザー、ファーザー、シスター、ブラザー、ソウルトレイン(Soul Train)のテーマの2008年デジタル・リマスターが入っています。「ラヴ・トレイン:フィリー・ソウルの全て(Love Train:The Sound of Philadelphia)」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究熱心なシェフによる伝統的郷土料理が楽しめるユニークなイタリア料理店。「リストランテ フィオレンツァ (Ristorante Fiorenza)」(京橋)

Photo 先日ご紹介した、雑誌「Hanako No944 2009/4.9 銀座・丸の内最新マップ」での最大の発見が、このお店、「リストランテ フィオレンツァ (Ristorante Fiorenza)」(京橋)。

 その「熱い」ブログで研究熱心さがうかがえる、オーナー・シェフの橋本直樹氏が、1995年開店の「オステリア・コココローゾ(Osteria Cocogoloso)」(本郷)、1998年開店の「トラットリア ラ・クローチェ (Trattoria La Croce)」(茗荷谷)に引き続き、2007年8月に開店。

 近くは、いつも通っていたのですが、全然気が付きませんでした。

 もっと早く気がつけば良かったと思う、伝統的郷土料理が楽しめるユニークなイタリア料理店です。

続きを読む "研究熱心なシェフによる伝統的郷土料理が楽しめるユニークなイタリア料理店。「リストランテ フィオレンツァ (Ristorante Fiorenza)」(京橋)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忌野清志郎といったら私はやはりこの曲。忌野清志郎&坂本龍一 「いけないルージュマジック」 忌野清志郎「マジック(MAGIC~Kiyoshiro The Best」より

H210508_magickiyoshiro_the_best 既に御承知のように、忌野清志郎が5月2日に他界。

 ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones)音痴の私は、RCサクセション(RC SUCCESSION)も昔からどうも苦手。

 そんなわけで、忌野清志郎といったら私はやはりこの曲、忌野清志郎&坂本龍一 の企画もの的シングル、「いけないルージュマジック」(1982年)。

 無性にこの曲が聴きたくなり、amazonで収録されているCD(意外に少ない)を探し、ジャケットの良さで忌野清志郎「マジック(MAGIC~Kiyoshiro The Best)」(1994年)を入手。

 久しぶりに聴きましたが、坂本龍一にとっても最高傑作と言っても良い素晴らしくキャッチーな曲です。

続きを読む "忌野清志郎といったら私はやはりこの曲。忌野清志郎&坂本龍一 「いけないルージュマジック」 忌野清志郎「マジック(MAGIC~Kiyoshiro The Best」より "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.4。平成21年及び平成22年に取得した土地等の先行取得した場合の課税の特例の新設(個人、法人)

 ねじれ国会による混乱から1ヶ月遅れで成立した前年と異なり、平成21年度税制改正法案は、3月27日に成立し、3月30日に公布、一部を除き4月1日より施行され、年度内に決着。

 前回に引き続き、平成21年(2009年)税制改正によりどこがどう変わったのか概要を確認して行く「平成21年(2009年)税制改正でこうなる」シリーズの第4回。

 今回は、平成21年及び平成22年に取得した土地等の先行取得した場合の課税の特例の新設(個人、法人)についてです。

続きを読む "平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.4。平成21年及び平成22年に取得した土地等の先行取得した場合の課税の特例の新設(個人、法人)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期待のニューアルバムからの先行シングルは、地味ながらさすがの完成度。くるり(Quruli)「愉快なピーナッツ」

H210506  期待のニュー・アルバム「魂のゆくえ」の発売が6月10日に決定した、くるり(Quruli)の先行シングル、「愉快なピーナッツ」(2009年4月)が発売。

 「さよならリグレット」、「三日月」と和を感じさせてくれる傑作シングルを連発し、今、日本で最も充実した作品を生み出すロック・バンドではないかと思う、くるり(Quruli)。

 期待が高かったこともありますが、「愉快なピーナッツ」は前2作とかなり作風の異なる、地味な曲調。

 しかし、そこはくるり(Quruli)、さすがの完成度です。

続きを読む "期待のニューアルバムからの先行シングルは、地味ながらさすがの完成度。くるり(Quruli)「愉快なピーナッツ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.3。平成21年及び平成22年に取得した土地等の譲渡所得の1,000万円の特別控除(個人、法人)。

 ねじれ国会による混乱から1ヶ月遅れで成立した前年と異なり、平成21年度税制改正法案は、3月27日に成立し、3月30日に公布、一部を除き4月1日より施行され、年度内に決着。

 前回に引き続き、平成21年(2009年)税制改正によりどこがどう変わったのか概要を確認して行く「平成21年(2009年)税制改正でこうなる」シリーズの第3回。

 今回は、平成21年及び平成22年に取得した土地等の譲渡所得の1,000万円の特別控除(個人、法人)についてです。

続きを読む "平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.3。平成21年及び平成22年に取得した土地等の譲渡所得の1,000万円の特別控除(個人、法人)。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな素晴らしいライヴ音源が出ていたんですね。ジェネシス(Genesis)「Genesis Archive, Vol. 1:1967-1975」

H210504_genesis_archive_vol_1196719  先日、当ブログで絶賛させていただいたリマスター盤、ジェネシス(Genesis)「ザ・ラム・ライズ・ダウン・オン・ブロードウェイ(眩惑のブロードウェイ)(The Lamb Lies Down on Broadway)」(オリジナル盤1974年、リマスター盤2008年11月、リマスター日本盤2009年1月)。

 その時に、中学生時代に聴いた、NHKFMでオン・エアされたオリジナル盤発売時のBBCライヴを聴き(確かDJは渋谷陽一氏)、メロディの美しさに脱帽した話をいたしましたが、不勉強で恐縮ですが、その後、同時期のライヴ音源が発売されていることを発見。

 ジェネシス(Genesis)「Genesis Archive, Vol. 1:1967-1975」(1998年)で、DISC1とDISC2が、「ザ・ラム・ライズ・ダウン・オン・ブロードウェイ(眩惑のブロードウェイ)(The Lamb Lies Down on Broadway)」発売時のライヴ。

 スタジオ盤をも上回るような、素晴らしい演奏で、美しいメロディを浴びるように味わえます。

続きを読む "こんな素晴らしいライヴ音源が出ていたんですね。ジェネシス(Genesis)「Genesis Archive, Vol. 1:1967-1975」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンバーグがおいしいです。「メルシャン・サロン(Mercian Salon)」(京橋)

Photo  「メルシャン・サロン(Mercian Salon)」(京橋)は、ワインでおなじみのメルシャン株式会社の本社1階、自社直営のレストランで、以前から「京橋 ドンピエール」(京橋)、「ペリニヨン」(銀座)等のペリニヨン・グループが姉妹店として関与。

 以前にもご紹介した、雑誌「Hanako No944 2009/4.9 銀座・丸の内最新マップ」を見ていて、以前とメニューが変わっているようなので早速チェツク。

 どうも、1年ぐらい前に、以前のシェフがペリニヨン・グループの「Dom 天の川」(根津)という店に移られて、「京橋 ドンピエール」出身の現在のシェフに交代されているとのこと。

 現在のメニューをいろいろと楽しまさせていただきましたが、私の1番のお気に入りは、「手作りハンバーグステーキ デミグラスソース」です。

続きを読む "ハンバーグがおいしいです。「メルシャン・サロン(Mercian Salon)」(京橋) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

細野晴臣&森高千里の共演が最高の音質で楽しめます!「細野晴臣の歌謡曲~20世紀BOX」

H210502_20box  ゴールデン・ウィーク直前に合わせるかのように、すごいボックス・セットが発売。

 日本が誇る「音楽王」、細野晴臣がエイプリル・フール(Apryl Fool)でデビューしてから40年の間に作曲された200曲を越える楽曲から、細野本人が厳選し選曲した115曲を6枚のCDに収録したという、「細野晴臣の歌謡曲~20世紀BOX」(2009年4月)。

 さっそく、全部聴かせていただきましたが、松田聖子よりも、イモ欽トリオよりも、ナウシカよりも、やっぱり、私にとっては、細野晴臣&森高千里の共演(1997年~1998年)が断トツ。

 細野晴臣と森高千里の素晴らしい才能の出会いが、最新リマスタリングによる最高の音質で蘇ります。

続きを読む "細野晴臣&森高千里の共演が最高の音質で楽しめます!「細野晴臣の歌謡曲~20世紀BOX」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.2。中小法人等の欠損金の繰戻し還付制度の復活

 ねじれ国会による混乱から1ヶ月遅れで成立した前年と異なり、平成21年度税制改正法案は、3月27日に成立し、3月30日に公布、一部を除き4月1日より施行され、年度内に決着。

 前回に引き続き、平成21年(2009年)税制改正によりどこがどう変わったのか概要を確認して行く「平成21年(2009年)税制改正でこうなる」シリーズの第2回。

 今回は、中小法人等の欠損金の繰戻し還付制度の復活の概要についてです。

続きを読む "平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.2。中小法人等の欠損金の繰戻し還付制度の復活"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »