« 最高のメロディ・メイカーにしてポップ・シンガー、グレン・ティルブルック(Glenn Tilbrook)の快心の最新作。グレン・ティルブルック&ザ・フラッファーズ(Glenn Tilbrook&The Fluffers)「Pandemonium Ensues」(M) | トップページ | 長年の心残り、「カメラ=万年筆(Camera Egal Stylo)」発売後のライヴの音源が遂に登場も短編映画の行方が気になります。ムーン・ライダーズ(Moon Riders)「ライブ・アット・広島見真講堂(1980.10.11 at HIROSHIMA KENSHIN KODO)」 »

お昼(ランチ)のフレンチのコースこそ真骨頂だと思います。「レストラン サカキ」(京橋)

Photo_2  昼は洋食、夜はフレンチの形態で知られる「レストラン サカキ」(京橋)。

 実は私、お昼(ランチ)のフレンチのコースこそ、「レストラン サカキ」の真骨頂ではないかと思います。

 土曜日に楽しめるのが有名ですが、13:30ぐらいからの予約のみでメニューにも載っていないため実はあまり知られていないのですが、平日でも楽しめるお昼(ランチ)のフレンチのコース、ちょっとしたイベントがあり久しぶりにいただいてまいりました。

 左の写真は何だと思われますか?

Photo_4 「レストラン サカキ」の定番、リエットとバゲット。

 リエットは、インターネットで見ると、豚と鴨とじゃがいもで出来ているらしい。

 リエットにも、ボリュームたっぷりだけど意外にさっぱりしているという「レストラン サカキ」の特徴が出ています。

Photo_5  お昼(ランチ)のフレンチのコースの前菜は4、5種類からどれか一つを選択。

 これも定番の前菜のウニのジュレ。

 殻付2個が出てくることで有名なサカキのウニのジュレですが、今日で4回目のお昼(ランチ)のフレンチのコースで殻付に出会えたのは初回のみ。

 今でも殻付で出てくることがあるのでしょうか?

Photo_7

 オマール・エビと春野菜の前菜。

 いつもお昼(ランチ)時は行列が絶えない「レストラン サカキ」ですが、インターネットを見ると、その評価は大きく二分。

 その原因は、①サービスがフレンチや高級洋食店と比べてそっけない、②思ったよりランチの洋食はメニューが普通、といった点にあるのではないかと思われます。

 しかし、北島亭等の有名フレンチ店で修行した3代目が街の洋食店に戻ってきたという沿革を考えれば、①気取りのないサービスはかえってこちらも気が楽、②街の洋食店として普段使いできるとともにここぞというときはリーズナブルな値段で本格フレンチが楽しめる、という見方ができ、そこに価値を見いだせる人は大ファンになります。

Photo_8  ここで、冒頭の写真の正体を。

 答えは、メインではなく、前菜のズワイガニのパスティア。

 ズワイガニ等をパイ生地のようなもので包んであり、サービスをしていただいたお父さんの説明によると、とうもろこしの粉でできているとのこと。

 ズワイガニがぎっしり詰まり見た目よりさっぱりして意外においしい。しかし、前菜にしてこのパンチ力、さすがサカキ。

Photo_10  お昼(ランチ)のフレンチのコースのメインは、肉3種、魚1種からの選択制。

 定番でいつもある、牛ほほ肉の赤ワイン煮。

 柔らかくて、いつ食べてもおいしい。

 初めての方はメインはこれを頼むのが良いかもしれません。

Photo_12  これも比較的よくある系統の白ワイン煮で、本日は羊肉。

 トマトやズッキーニなどの野菜がたくさん入っていて、これまた柔らかい。

Photo_13  保存用に食材を漬け込むフランスの調理方法であるコンフィもよくあり、本日は鴨のコンフィ。

 

Photo_15  魚料理は、イサキのポワレ。

 これも、野菜がたっぷりで、魚料理もパンチ力有。

Photo_16   デザートも4種ぐらいから選択でき、この日は季節がらほとんどのメンバーがいちごのタルトを選択。

 洋酒を利かした下ごしらえをしたいちごが、以前にご紹介した「カストール ケーキブティック」のものとはまた一味違う魅力。

 バゲットとリエット、前菜1品、メイン1品、デザート1品、コーヒー・紅茶付きで、以前は何と2,500円でしたが、今はおそらく3,000円ぐらい。

 「おそらく」というのは、何しろメニューに出ていないので値段の提示すら受けなかったしこちらも聞かなかったからで、そこがわかる人にはわかるサカキの「味」。

 値段に見合わぬ驚異のパンチ力、夜だと倍増となりちょっと量がこなしきれない私からすると、お昼(ランチ)のフレンチのコースこそ「レストラン サカキ」の真骨頂だと思います。

 

 

 

|

« 最高のメロディ・メイカーにしてポップ・シンガー、グレン・ティルブルック(Glenn Tilbrook)の快心の最新作。グレン・ティルブルック&ザ・フラッファーズ(Glenn Tilbrook&The Fluffers)「Pandemonium Ensues」(M) | トップページ | 長年の心残り、「カメラ=万年筆(Camera Egal Stylo)」発売後のライヴの音源が遂に登場も短編映画の行方が気になります。ムーン・ライダーズ(Moon Riders)「ライブ・アット・広島見真講堂(1980.10.11 at HIROSHIMA KENSHIN KODO)」 »

ランチ・グルメ等(八重洲・京橋・銀座・丸の内・日本橋・築地)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/44638656

この記事へのトラックバック一覧です: お昼(ランチ)のフレンチのコースこそ真骨頂だと思います。「レストラン サカキ」(京橋):

« 最高のメロディ・メイカーにしてポップ・シンガー、グレン・ティルブルック(Glenn Tilbrook)の快心の最新作。グレン・ティルブルック&ザ・フラッファーズ(Glenn Tilbrook&The Fluffers)「Pandemonium Ensues」(M) | トップページ | 長年の心残り、「カメラ=万年筆(Camera Egal Stylo)」発売後のライヴの音源が遂に登場も短編映画の行方が気になります。ムーン・ライダーズ(Moon Riders)「ライブ・アット・広島見真講堂(1980.10.11 at HIROSHIMA KENSHIN KODO)」 »