« ポップ・ミュージックが進化を遂げようとする瞬間を感じさせる、新しい音。トクマルシューゴ(Shugo Tokumaru)「ラムヒー(Rum Hee)」(M) | トップページ | 素晴らしい完成度の「トリビュート・トゥ・オール・オブ・ザ・ポップ・ミュージック」。クノシンジ(Kunoshinji)「光のアルバム」(M) »

減価償却資産の「取得費」にフォーカスしたユニークな専門書の改訂版。河手博(著), 成松洋一(著)「減価償却資産の取得費・修繕費」

H210403  固定資産の税務・会計は、何年やってもつくづく難しいと感じる分野。

 取得価額の算定、減価償却方法の選択、耐用年数の決定、資本的支出と修繕費の判定など。

 そんな、固定資産の税務・会計の参考書として頼りになる専門書、河手博(著), 成松洋一(著)「減価償却資産の取得費・修繕費 改訂第五版」(2009年3月)が発売。

 修繕費に関する書籍は多いですが、減価償却資産の「取得費」にフォーカスした書籍はおそらく本書だけかと思われるユニークな専門書です。

■固定資産の税務・会計の難しさ

H210403_3  固定資産の税務・会計がなぜ難しいかというと、金額が多額な取引が多いこと、所有管理を通じて原価償却等により長期にわたって影響を及ぼすことが多いこと、近年の税制改正により一部簡素化されたものの耐用年数に関する規定が複雑かつ曖昧であること、資本的支出と修繕費はその効果が不明確でありそもそも区別がつきにくいこと、が挙げられます。

 そんな、難解な固定資産の税務・会計について、理路整然、過不足なく簡潔にまとめた、総論的な傑作参考書としてお勧めしたいのが、太田達也(著)「『固定資産の税務・会計』完全解説」(2007年8月)。

 固定資産の税務・会計について、調べるには、まずは、「『固定資産の税務・会計』完全解説」を手に取るのが効率的でしょう。

■「減価償却資産の取得費・修繕費 改訂第五版」

 そして、取得判断に迷うような場合の質疑応答集として利用したいのが、「減価償却資産の取得費・修繕費 改訂第五版」。

 合計190、取得費だけで104の質疑応答は実に頼もしい。

 よくありがちな誤り、土地建物取得に際して負担した固定資産税相当額の日割精算金を租税公課処理し取得価額に算入し忘れた、借地権取得の仲介手数料を支払手数料処理し取得価額に算入し忘れた、資産を買い替える際に旧資産の取り壊し費用を特別な理由がないのに取得価額に算入してしまった、にはくれぐれもお気を付けを。

|

« ポップ・ミュージックが進化を遂げようとする瞬間を感じさせる、新しい音。トクマルシューゴ(Shugo Tokumaru)「ラムヒー(Rum Hee)」(M) | トップページ | 素晴らしい完成度の「トリビュート・トゥ・オール・オブ・ザ・ポップ・ミュージック」。クノシンジ(Kunoshinji)「光のアルバム」(M) »

会社・個人の税金・会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/44558259

この記事へのトラックバック一覧です: 減価償却資産の「取得費」にフォーカスしたユニークな専門書の改訂版。河手博(著), 成松洋一(著)「減価償却資産の取得費・修繕費」:

« ポップ・ミュージックが進化を遂げようとする瞬間を感じさせる、新しい音。トクマルシューゴ(Shugo Tokumaru)「ラムヒー(Rum Hee)」(M) | トップページ | 素晴らしい完成度の「トリビュート・トゥ・オール・オブ・ザ・ポップ・ミュージック」。クノシンジ(Kunoshinji)「光のアルバム」(M) »