« 平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.1。中小法人等に対する軽減税率の22%から18%への時限的引き下げ | トップページ | 平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.2。中小法人等の欠損金の繰戻し還付制度の復活 »

GREAT 3 (グレイト・スリー)のベーシストの変名ソロのこれまた燻し銀の最新作。カーリー・ジラフ(Curly Giraffe)「New Order」

H210501_new_order  以前にもご紹介させていただいた、GREAT 3 (グレイト・スリー)のベーシスト、高桑圭(たかくわ きよし)の変名ソロ、巻き毛のキリン、カーリー・ジラフ(Curly Giraffe)。

 カーリー・ジラフ(Curly Giraffe)の2年ぶり3枚目のオリジナルアルバム、「New Order」(2009年4月)が発売。

 2年の制作期間を費やし、マスタリングには、スティーリー・ダン(Steely Dan)「彩(Aja)」(1977年)等を手がけているというバーニー・グランドマン(Bernie Grundman)を起用した、これまた燻し銀の最新作です。

 ビートの効いた、一曲目「Forbidden Fruits」に少々驚きましたが、全体的には今までの作品のように、日本のジャック・ジョンソン(Jack Johnson)ともいうべきアコースティックで優しいサウンド。

H210501_music_magazine_2009_05 ただし、今までは「謎のミュージシャン」というスタンスを貫いていたように見えましたが、今回は、GREAT 3 (グレイト・スリー)のベーシスト、高桑圭(たかくわ きよし)のソロとして、雑誌露出も活発。

 「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2009年 05月号」の岡村詩野氏によるインタビューによると、基本は自宅での作業が中心で、あくまでも自分が聴きたい音楽を自分の手で作っているとのこと。

 その割には、開かれた印象の作品に仕上がるのが、彼の天性のポップ・センスの賜物でしょうか。

 You Tube上の4曲目「Run Run Run」のプロモーション・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=WDX-jz0SiAc

 Chocolat&Akito (ショコラ&アキト)での活躍が光る片寄明人、初のソロ・アルバム「manmancer」(2008年11月)が素晴らしかった白根賢一、とソロ活動でもその高い音楽性を発揮するGREAT 3 (グレイト・スリー)、そろそろ活動再開をお願いいたします。

|

« 平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.1。中小法人等に対する軽減税率の22%から18%への時限的引き下げ | トップページ | 平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.2。中小法人等の欠損金の繰戻し還付制度の復活 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/44852024

この記事へのトラックバック一覧です: GREAT 3 (グレイト・スリー)のベーシストの変名ソロのこれまた燻し銀の最新作。カーリー・ジラフ(Curly Giraffe)「New Order」:

« 平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.1。中小法人等に対する軽減税率の22%から18%への時限的引き下げ | トップページ | 平成21年(2009年)税制改正でこうなるNo.2。中小法人等の欠損金の繰戻し還付制度の復活 »