« 会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.7。後藤昇 (編) 「複式簿記による青色申告の手引〈平成20年版〉」 | トップページ | 税務会計面からの民事再生法と「DIP型」会社更生法の比較No.1。事業年度 »

周囲も認めた、自称「神がかり的超大作(Oracular Spectacular)」。MGMT「オラキュラー・スペクタキュラー(Oracular Spectacular)」(M)

H210303  本国アメリカでは2007年に発売された、MGMTのデビュー・アルバム、「オラキュラー・スペクタキュラー(Oracular Spectacular)」(2007年)。

 自称「神がかり的超大作(Oracular Spectacular)」と名付けられた本作品、全米38位、全英8位の好セールスを記録するとともに、NME's Top Albums Of The Year 2008(NME誌 2008年ベストアルバム)の輝く第1位、remix誌でFPMが2008年の年間ベストに挙げるなど、各方面で絶賛。

 怪しげなジャケットに躊躇すること数か月、買ってから馴染むまで数か月、と私もじわじわと虜になりましたが、意外に味わい深いアルバムです。

 MGMTは、ニューヨークはブルックリン出身のベン・ゴールドワッサー(Ben Goldwasser)とアンドリュー・ヴァンウィンガーデン(Andrew VanWyngarden)により、2005年に結成されたサイケデリック・ポップバンド。

 1980年代ニュー・ウェーヴ育ちのおじさんは、ジャケットから、ポップ・グループ(Pop Group)とかスリッツ(The Slits)のようなアヴァンギャルドな音を想像してしまいましたが、意外やポップで美しいメロディーが満載。

 You Tube上の「オラキュラー・スペクタキュラー(Oracular Spectacular)」関連映像。

 1曲目「タイム・トゥ・プリテンド(Time to Pretend)」のプロモーション・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=RNnLXzn7zZU

 4曲目「エレクトリック・フィール(Electric Feel)」のプロモーション・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=UtUI5MC9tVM

 3曲目「ザ・ユース(The Youth)」のライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=fony393fXF0

 私はこの曲が一番好きです。

 アンドリュー・ヴァンウィンガーデン(Andrew VanWyngarden)の甘いマスクは、アイドル人気も出そうです。

 フリート・フォクシーズ(Fleet Foxes)とか、ヴァンパイア・ウィークエンド (Vampire Weekend)とか、アメリカはどんどん良いバンドが出てきますね。

 

|

« 会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.7。後藤昇 (編) 「複式簿記による青色申告の手引〈平成20年版〉」 | トップページ | 税務会計面からの民事再生法と「DIP型」会社更生法の比較No.1。事業年度 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/44235884

この記事へのトラックバック一覧です: 周囲も認めた、自称「神がかり的超大作(Oracular Spectacular)」。MGMT「オラキュラー・スペクタキュラー(Oracular Spectacular)」(M) :

« 会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.7。後藤昇 (編) 「複式簿記による青色申告の手引〈平成20年版〉」 | トップページ | 税務会計面からの民事再生法と「DIP型」会社更生法の比較No.1。事業年度 »