« ドトールコーヒー創業者、鳥羽博道氏の情熱が生んだ食べ飽きない定番、ジャーマン・ドック。「ドトールコーヒーショップ京橋店」 | トップページ | 会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.7。後藤昇 (編) 「複式簿記による青色申告の手引〈平成20年版〉」 »

カフェ・ジャックス(Café Jacques)より私は好きです。ルパート・ハイン(Rupert Hine)参加、クォンタム・ジャンプ(Quantum Jump)「Quantum Jump」(M)

H210301_quantum_jump  先日ご紹介のデビュー・アルバム、「ピック・アップ・ア・ボーン(Pick Up Bone)」(1971年)が日本で紙ジャケ・再発されたルパート・ハイン(Rupert Hine)。

 その際に、You Tube上の関連映像を探していて発見したのが、ルパート・ハイン(Rupert Hine)が1970年代中期に元キャラバン(Caravan)のベーシスト:ジョン・G・ペリー(John G. Perry)らと結成したクォンタム・ジャンプ(Quantum Jump)「ローン・レンジャー(Lone Ranger)」の映像。

 これがなかなかポップで良いので、Amazonで調べてみると、「ローン・レンジャー(Lone Ranger)」が含まれたデビュー・アルバム「Quantum Jump」(1976年)が1999年のUK盤再発CDが販売中なのでゲット。

 今まで活字では目にしていたクォンタム・ジャンプ(Quantum Jump)、ルパート・ハイン(Rupert Hine)とジョン・G・ペリー(John G. Perry)が関与した、同じくファンキーなシティ・ポップス的サウンドのカフェ・ジャックス(Café Jacques)よりも私は好きです。

 クォンタム・ジャンプ(Quantum Jump)とは、このサイトによると物質のもとである量子(quantum)が一定のエネルギーを蓄えると次元を越えて別の物質に変わるというような現象で、物理学上の言葉らしい。

 ルパート・ハイン(Rupert Hine)のケンブリッジ大学時代の友人で、ハインのソロ・アルバム「アンフィニッシュド・ピクチャー」(1973年)の曲を使用した映画「Wheels」を製作した映画監督アンソニー・スターン(Anthony Stern)が、当時、ケンブリッジ大学で発見されたクォンタム・ジャンプ(Quantum Jump)について話したのが、この粋なバンド名の由来とのこと。

 Wikipediaによると、「ローン・レンジャー(Lone Ranger)」は、発売後しばらくたった1979年に、英国のタレント、ケニー・エベレットKenny Everett)のラジオやTV番組でかけられことから再リリースされ、50万枚もの予想外のヒットになったらしい。

 というわけで、いまだにYou Tube上にアップされたクォンタム・ジャンプ(Quantum Jump)「ローン・レンジャー(Lone Ranger)」の映像。

 プロモーション・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=fIwM8ZMa4xM

 英国のTV番組「トップ・オブ・ポップス」出演時のライヴ映像。

 http://www.youtube.com/watch?v=I2SuqRQ7_QQ

 ラップ調のヴォーカルと歯切れの良いファンキーなリズムが気持ちがいい。

 ちなみに、「Quantum Jump」(1976年)のエンジニアは、XTCの傑作「マーマー(Mummer)」(1983年)でおなじみのスティーヴ・ナイ(Steve Nye)。

H210301_barracuda_2  クォンタム・ジャンプ(Quantum Jump)の2ndアルバムはこちらも1999年のUK盤再発CD有の「Barracuda」(1977年)で、オリジナル・レコーディング・アルバムはこの2枚のみ。

 1stアルバムより地味目ですが、1曲目「Don't Look Now 」はこれまたポップでご機嫌なナンバー。

 クォンタム・ジャンプ(Quantum Jump)のファンキーさ、ルパート・ハイン(Rupert Hine)のソロ・アルバムでは、「Wildest Wish to Fly」(1983年)に通ずるものがあります。

 どうも、日本国内ではいまだかつて発売が無いように思われるクォンタム・ジャンプ(Quantum Jump)、勉強させていただきました。

  注:「クァンタム・ジャンプ」の日本語表記で、1999年に日本でも「クァンタム・ジャンプ(Quantum Jump)」(1976年)の再発があったようですので訂正させていただきます。 

|

« ドトールコーヒー創業者、鳥羽博道氏の情熱が生んだ食べ飽きない定番、ジャーマン・ドック。「ドトールコーヒーショップ京橋店」 | トップページ | 会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.7。後藤昇 (編) 「複式簿記による青色申告の手引〈平成20年版〉」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/44219094

この記事へのトラックバック一覧です: カフェ・ジャックス(Café Jacques)より私は好きです。ルパート・ハイン(Rupert Hine)参加、クォンタム・ジャンプ(Quantum Jump)「Quantum Jump」(M):

« ドトールコーヒー創業者、鳥羽博道氏の情熱が生んだ食べ飽きない定番、ジャーマン・ドック。「ドトールコーヒーショップ京橋店」 | トップページ | 会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.7。後藤昇 (編) 「複式簿記による青色申告の手引〈平成20年版〉」 »