« 鈴木惣一朗プロデュースのララバイ・カヴァー集が今度はバート・バカラック(Burt Bacharach)に挑戦。「雪と花の子守唄~バカラック・ララバイ集~」(M) | トップページ | 前からちょっと気になっていたキーボディスト、渡辺シュンスケの小気味よく洗練された音世界。カフェロン(Cafelon)「ノーモアユーモア(No More Humor!)」(M) »

「おだふじ」(大泉学園)の武蔵野スフレ「まほうのチーズケーキ」、「とろけるチョコレートケーキ」を彷彿とさせる、傑作コンビニ100円菓子。「濃厚半熟チーズ」、「濃厚半熟ショコラ」(「サークルK PCP丸の内店」)

K  最近、コンビニエンス・ストアに行くと、100円菓子がどんどん増殖しているように感じます。

 商品の入れ替えが激しいコンビニで長続きしているのが、私の事務所の周辺では、「サークルK PCP丸の内店」で買える、「濃厚半熟チーズ」、「濃厚半熟ショコラ」。

 「おだふじ」(大泉学園)の武蔵野スフレ「まほうのチーズケーキ」、「とろけるチョコレートケーキ」を彷彿とさせる、傑作コンビニ100円菓子です。

K_2  どうも100円チーズスフレは数多くあるようで、どこが元祖かはわかりません。

 私は、「おだふじ」(大泉学園)の武蔵野スフレ「まほうのチーズケーキ」を食べたのが最初で、その安さとおいしさは衝撃でした。

 サークルKの「濃厚半熟チーズ」は、コンビニ菓子であることを考えれば、「まほうのチーズケーキ」にかなり近い驚異の出来の傑作だと思います。

K_3  「濃厚半熟ショコラ」も、武蔵野スフレ「とろけるチョコレートケーキ」に負けない出来。

 税込98円という価格も限界を追求したがんばりだと思います。

 「濃厚半熟チーズ」、「濃厚半熟ショコラ」、これからも長続きしてもらいたいですね。

|

« 鈴木惣一朗プロデュースのララバイ・カヴァー集が今度はバート・バカラック(Burt Bacharach)に挑戦。「雪と花の子守唄~バカラック・ララバイ集~」(M) | トップページ | 前からちょっと気になっていたキーボディスト、渡辺シュンスケの小気味よく洗練された音世界。カフェロン(Cafelon)「ノーモアユーモア(No More Humor!)」(M) »

ランチ・グルメ等(八重洲・京橋・銀座・丸の内・日本橋・築地)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/44438527

この記事へのトラックバック一覧です: 「おだふじ」(大泉学園)の武蔵野スフレ「まほうのチーズケーキ」、「とろけるチョコレートケーキ」を彷彿とさせる、傑作コンビニ100円菓子。「濃厚半熟チーズ」、「濃厚半熟ショコラ」(「サークルK PCP丸の内店」):

« 鈴木惣一朗プロデュースのララバイ・カヴァー集が今度はバート・バカラック(Burt Bacharach)に挑戦。「雪と花の子守唄~バカラック・ララバイ集~」(M) | トップページ | 前からちょっと気になっていたキーボディスト、渡辺シュンスケの小気味よく洗練された音世界。カフェロン(Cafelon)「ノーモアユーモア(No More Humor!)」(M) »