« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

ドトールコーヒー創業者、鳥羽博道氏の情熱が生んだ食べ飽きない定番、ジャーマン・ドック。「ドトールコーヒーショップ京橋店」

Img_0302  ドトールコーヒー創業者、鳥羽博道氏の「私の履歴書」も今日が最終回。

 仕事が忙しい日のランチは、ドトールのジャーマン・ドックともう一品のフード・メニューのテイク・アウトというのが、私の定番。

 とういう身近な関係もあり、ジャーマン・ドックの誕生の逸話など、創業経営者らしい情熱あふれる鳥羽博道氏の「私の履歴書」、毎日興味深く読ませていただきました。

 

続きを読む "ドトールコーヒー創業者、鳥羽博道氏の情熱が生んだ食べ飽きない定番、ジャーマン・ドック。「ドトールコーヒーショップ京橋店」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「理屈抜きのカッコ良さ」がすごく新鮮。ジェフ・ベック(Jeff Beck)「ワイアード(Wired)」(M)

H210227 エリック・クラプトン(Eric Clapton)とのジョイント・コンサートがおじさんの間で話題持ちきりのジェフ・ベック(Jeff Beck)。

 なんだか、私も無性にジェフ・ベック(Jeff Beck)が聴きたくなり、中高生時代に愛聴した1975年~1977年の「クロス・オーバー・ミュージック」期3部作を2004年リマスター、Blu-Spec CDで入手。

 中でも、「ワイアード(Wired)」(1976年)は、今聴いても見事なまでの「理屈抜きのカッコ良さ」、すごく新鮮です。

続きを読む "「理屈抜きのカッコ良さ」がすごく新鮮。ジェフ・ベック(Jeff Beck)「ワイアード(Wired)」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.6。古田善香 (編集) 「所得税確定申告書記載例集―平成21年3月申告用」

H210226_213  早くも前半の2月が終わろうとしている、平成20年分の所得税の確定申告。

 2月の短さには毎年泣かされます。

 国税庁のサイトによる「確定申告書の記載例」も充実しておりますが、千差万別、いろいろなパターンがある確定申告、記載例本もプロには欠かせません。

 大蔵財務協会発行の、古田善香 (編集) 「所得税確定申告書記載例集―平成21年3月申告用」は、72パターンもの記載例が掲載された、プロ御用達の記載例本です。

続きを読む "会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.6。古田善香 (編集) 「所得税確定申告書記載例集―平成21年3月申告用」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッチリの弾き語りポップス野郎、サウンド重視のこだわりの自分世界。ジョン・フルシアンテ(John Frusciante)「ザ・エンピリアン(The Empyrean)」(M)

H210223  レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers)のギタリスト、ジョン・フルシアンテ(John Frusciante)が、久々のソロ・アルバム「ザ・エンピリアン(The Empyrean)」(2009年1月)を発表。

 ワイルドさとメロディアスさが混然一体となったレッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers)でのギター・ワークが本当に素晴らしい、ジョン・フルシアンテ(John Frusciante)。

 レッチリのステージでは、毎回、ビージーズ (The Bee Gees)やら、 アバ (ABBA)などを題材とした弾き語りポップスのコーナーがあることでも知られる、愛すべき弾き語りポップス野郎。

 本作では、サウンド重視のこだわりの自分世界を追求しています。

続きを読む "レッチリの弾き語りポップス野郎、サウンド重視のこだわりの自分世界。ジョン・フルシアンテ(John Frusciante)「ザ・エンピリアン(The Empyrean)」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年のトレンド、DIP型会社更生法。「DIP型会社更生法-今年に入り申請企業が相次ぐ」(「日刊 帝国ニュース」2009年2月24日号より)

 「日刊 帝国ニュース」2009年2月24日号の「DIP型会社更生法-今年に入り申請企業が相次ぐ」によると、当ブログでもご紹介のDIP型会社更生法の申請が、今年に入り、株式会社クリードの第1号を皮切りに、第2号の日本綜合地所株式会社、第3号のSpansion Japan株式会社、第4号のあおみ建設株式会社と相次いでいるとのこと。

 「日刊 帝国ニュース」が「2009年のトレンドの様相」とまで評する、DIP型会社更生法、事業再生の新たな有力な選択肢として検討したいものです。

続きを読む "2009年のトレンド、DIP型会社更生法。「DIP型会社更生法-今年に入り申請企業が相次ぐ」(「日刊 帝国ニュース」2009年2月24日号より)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはすごいものが紙ジャケ・再発。デイヴィッド・マクアイヴァー(David Maciver)/ルパート・ハイン(Rupert Hine)「ピック・アップ・ア・ボーン(Pick Up Bone)」(M)

H210223  とどまるところを知らぬ、パッケージ音楽ソフト不況下の紙ジャケ・再発。

 以前にロバート・パーマー(Robert Palmer)との素晴らしいコラボレーションをご紹介したルパート・ハイン(Rupert Hine)の、デイヴィッド・マクアイヴァー(David Maciver)との共作の形で、ディープ・パープル(Deep Purple)のパープル・レコーズ(Purple Records)から発売されたデビュー・アルバム、「ピック・アップ・ア・ボーン(Pick Up Bone)」(1971年)まで、2008年24ビット・リマスターで登場(2008年12月)。

 1980年代初期にアナログで再発された際に買いそびれていた「ピック・アップ・ア・ボーン(Pick Up Bone)」、初めて聴きましたが、ジャケットからクラシック寄りのプログレッシヴ・ロックかと思いきや、意外やフォーキーな傑作です。

続きを読む "これはすごいものが紙ジャケ・再発。デイヴィッド・マクアイヴァー(David Maciver)/ルパート・ハイン(Rupert Hine)「ピック・アップ・ア・ボーン(Pick Up Bone)」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い占めたくなるほどハマっているヨーグルト。「高千穂牧場 のむヨーグルト」

Photo  私は、昼食後と夕食後には必ず食べるという、ヨーグルト好き。

 このところ、冬場は、小岩井乳業株式会社の季節限定のダークチェリー(2008年度版名称「小岩井 大粒フルーツの生乳ヨーグルト【ダークスイートチェリー】」)と決めているのですが、そのシーズンが終わりどうしようかと物色中に掘り出し物を発見。

 それが、宮崎県の観光牧場、有限会社高千穂牧場が販売する、「高千穂牧場 のむヨーグルト」。

 扱っているコンビニエンス・ストアが限られているらしく、我が事務所周辺ではサークルKにしか置いていないため、思わず買い占めたくなるほどハマっているおいしさです。

続きを読む "買い占めたくなるほどハマっているヨーグルト。「高千穂牧場 のむヨーグルト」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸田繁のこれまた「和」を感じさせるメロディー。くるり「三日月」(M)

H210221  前作のシングル「さよならリグレット」での、土岐麻子との「和」を感じさせるコラボレーションが素晴らしかった、くるり。

 NHK土曜時代劇「浪花の華~緒方洪庵事件帳~」主題歌にして、ニュー・シングル「三日月」(2009年2月)が発売。

 岸田繁のこれまた「和」を感じさせるメロディー、病みつきになりそうです。

続きを読む "岸田繁のこれまた「和」を感じさせるメロディー。くるり「三日月」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.5。日本実業出版社 (編集) 「あなたの確定申告(平成21年申告用) (エスカルゴムック 249)」

H210220_21  受付を開始してから5日を経過し、いよいよエンジンがかかってきた、平成20年分の所得税の確定申告。

 国税庁による「所得税の確定申告の手引き」も昔と比べ、ずいぶんとわかりやすくなりました。

 それでも、わかりやすいムックの解説本はあると便利。

 日本実業出版社 (編集) 「あなたの確定申告(平成21年申告用) (エスカルゴムック 249)」(2008年12月)は、最近はずいぶんと同類の本が増えたものの、わかりやすいムックの解説本の昔からの定番。

 プロだって、わかりやすい解説本の方はやっぱり便利で、私も開業以来、愛用しています。

続きを読む "会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.5。日本実業出版社 (編集) 「あなたの確定申告(平成21年申告用) (エスカルゴムック 249)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木茂と鈴木慶一がアレンジを分け合ったハーフ&ハーフな「隠れ名盤」。岩淵まこと「スーパー・ムーン(Super Moon)」(M)

H210219_2  一昨日、大麻取締法違反の現行犯で逮捕という残念なニュースで世をにぎわせてしまった、元はっぴえんどのギタリストの鈴木茂。

 その鈴木茂とムーンライダーズ(Moonriders)の鈴木慶一がアレンジを分け合ったハーフ&ハーフな「隠れ名盤」、岩淵まこと「スーパー・ムーン(Super Moon)」(1977年10月)が、コロムビアの昭和アーカイブス・シリーズの一環として、昨年は2008年1月に再発。

 「スーパー・ムーン(Super Moon)」、私はこの再発で初めて聴きましたが、みずみずしい歌声に小粋なアレンジが噛み合った、なるほど「隠れ名盤」です。

続きを読む "鈴木茂と鈴木慶一がアレンジを分け合ったハーフ&ハーフな「隠れ名盤」。岩淵まこと「スーパー・ムーン(Super Moon)」(M) "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.4。岸英人編 「回答事例による不動産所得をめぐる税務〈平成18年版〉」

H210218 今週より受付が開始となった、平成20年分の所得税の確定申告。

 日本では、ほとんどの給与所得者が年末調整により課税関係が終了してしまうため、医療費控除の適用者等を除くと、比較的多いのが不動産所得の申告者かもしれません。

 大蔵財務協会刊行の不動産所得の定番書、岸英人編 「回答事例による不動産所得をめぐる税務〈平成18年版〉」を活用し、過不足のない所得計算をこころがけ、税金の払いすぎにはくれぐれも注意したいものです。

 

続きを読む "会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.4。岸英人編 「回答事例による不動産所得をめぐる税務〈平成18年版〉」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パステル・カラーのおしゃれヒップ・ホッパー、カニエ・ウェスト(Kanye West)のロボ声テクノ・ポップ・サウンド。「808’s&ハートブレイク(808s & Heartbreak)」(M)

H210217_808s  ヒップ・ホップはあまり聞かない私も、その洗練されたポップ・センスでいつも気になる存在がカニエ・ウェスト(Kanye West)。

 そのカニエ・ウェスト(Kanye West)の新作、「808’s&ハートブレイク(808s & Heartbreak)」(2008年11月)が登場。

 「パステル(Pastelle)」という洋服ブランドを始めるのにちなんだのか、パステル・カラーを多用したジャケット、グレン・チェツクのいかにも仕立がよさそうなスーツに身を包んだアーティスト写真のアート・ワークはもちろん、中田ヤスタカと同じくアンタレス(Antares)社のオート・チューン(Auto-Tune)を利用した、ロボ声テクノ・ポップ・サウンド、相変わらず期待に応えてくれる「おしゃれ野郎」です。

続きを読む "パステル・カラーのおしゃれヒップ・ホッパー、カニエ・ウェスト(Kanye West)のロボ声テクノ・ポップ・サウンド。「808’s&ハートブレイク(808s & Heartbreak)」(M) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.3。柳原直人編 「所得税 必要経費の税務〈平成19年版〉」

H210216_19  平成20年分の所得税の確定申告の申告書の受付が、本日、平成21年2月16日(月)からいよいよ開始。

 事業所得や不動産所得などの金額は、これらの所得の総収入額から必要経費を差し引いて計算することになっていることから、必要経費の範囲・計上時期はものすごく重要な問題です。

 必要経費についての「これ1冊」的定番書、大蔵財務協会刊行の柳原直人編 「所得税 必要経費の税務〈平成19年版〉」でよく調べ、過不足のない必要経費の計上をこころがけ、税金の払いすぎにはくれぐれも注意したいものです。

続きを読む "会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.3。柳原直人編 「所得税 必要経費の税務〈平成19年版〉」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレア&リーズンズ(Clare&Reasons)来日公演、「手売り」の掘り出し物。クレア・マルダー(Clare Muldaur)とジャズ・ギタリスト、ジェレミー・ズムダ(Jeremy Zmuda)の、都会派童謡プロジェクト、「ソングス・イン・ザ・キー・オブ・ニューヨーク・ウィズ・クレア・アンド・ジェレミー(Songs in the Key of New York with Clare and Jeremy)」(M)

H210215songs_in_the_key_of_new_york  前回ご紹介したとおり、浮遊感あふれる声とサウンドが見事に再現されるとともに、フレンドリーでアット・ホームな雰囲気も素晴らしかったクレア&リーズンズ(Clare&Reasons)来日公演。

 その会場で、「手売り」されていたのが、クレア・マルダー(Clare Muldaur)とジャズ・ギタリスト、ジェレミー・ズムダ(Jeremy Zmuda)の、都会派童謡プロジェクト、「ソングス・イン・ザ・キー・オブ・ニューヨーク・ウィズ・クレア・マルダー(Songs in the Key of New York with Clare and Jeremy)」(2008年)。

 クレア・マルダー(Clare Muldaur)の声がずばりとはまった、掘り出し物の傑作です。

続きを読む "クレア&リーズンズ(Clare&Reasons)来日公演、「手売り」の掘り出し物。クレア・マルダー(Clare Muldaur)とジャズ・ギタリスト、ジェレミー・ズムダ(Jeremy Zmuda)の、都会派童謡プロジェクト、「ソングス・イン・ザ・キー・オブ・ニューヨーク・ウィズ・クレア・アンド・ジェレミー(Songs in the Key of New York with Clare and Jeremy)」(M) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)の2009年バレンタインをもう一品、「トリフ ショコラ フリュイ」。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋)

Photo  前回に引き続きイデミスギノ(HIDEMI SUGINO)の2009年バレンタインをもう一品ご紹介。

 昨年は、当ブログでもご紹介した「ガナッシュ・スペシャル」を楽しみましたので、今年は、「トリフ ショコラ フリュイ」にしてみました。

続きを読む "イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)の2009年バレンタインをもう一品、「トリフ ショコラ フリュイ」。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来日公演でも浮遊感あふれる声とサウンドを見事に再現。クレア&リーズンズ(Clare&Reasons)「ザ・ムービー(The Movie)」(M)

H210213  「ザ・ムービー(The Movie)」(2007年)が好評のクレア&リーズンズ(Clare&Reasons)の来日公演も、本日が最終日となる渋谷クラブクアトロ公演。

 私も仕事の合間を縫って馳せ参じてまいりましたが、浮遊感あふれる声とサウンドを見事に再現。

 本業のヴァイオリンだけでなく、ギター、ベース、ミュージカル・ソウ、リコーダー等を持ちかえ、マルチ・プレーヤー振りを発揮するオリヴィエ・マンション(Olivier Manchon)の多彩なサウンドが、やはりキーポイントでした。

続きを読む "来日公演でも浮遊感あふれる声とサウンドを見事に再現。クレア&リーズンズ(Clare&Reasons)「ザ・ムービー(The Movie)」(M) "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2年振りに復活。2009年のバレンタインのチョコレート・ケーキは25台限定の難関。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋)

Photo  「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」の2009年のバレンタインは、チョコレート・ケーキが2年振りに復活。

 25台限定の難関でしたが、なんとか確保。

 漆塗りのように黒光りする、♡型のショコラフランボワーズ、やはり期待に応えるおいしさです。

続きを読む "2年振りに復活。2009年のバレンタインのチョコレート・ケーキは25台限定の難関。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強烈な個性の中性的シンガー、アントニー(Antony)の圧巻の耽美的世界。アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ(Antony and the Johnsons)「ザ・クライング・ライト(The Crying Light)」(M)

H210211  アントニー(Antony)こと、アントニー・ヘガティ (Antony Hegarty)率いる、アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ(Antony and the Johnsons)の3rdアルバム「ザ・クライング・ライト(The Crying Light)」(2009年1月)が発売。

 強烈なジャケット写真の主は、1906年(明治39年)生まれ、102歳で現役の日本の舞踏家、大野一雄氏で、写真自体は1977年に撮影されたものとのこと。

 アート・ワークもそうですが、アントニー(Antony)の、もの哀しく聴き手の心を揺さぶる唯一無二の声を中心とした、強烈な個性の中性的・耽美的世界は圧巻です。

続きを読む "強烈な個性の中性的シンガー、アントニー(Antony)の圧巻の耽美的世界。アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ(Antony and the Johnsons)「ザ・クライング・ライト(The Crying Light)」(M) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実感だけではなく数字からも裏付けられる法人の法的整理の増加。「法人自己破産1万件突破 昨年申し立て 85年以降で最多」(2009年1月10日付日本経済新聞より)

 2009年1月10日付日本経済新聞によると、2008年に法人が裁判所に申し立てた自己破産件数が10,629件と07年に比べて約1,600件増え、1985年以降で最多となったことが、9日、最高裁のまとめた速報値で分かったとのこと。

 会社更生手続や主に法人対象の通常再生の民事再生手続の申し立ても対前年で大幅に増加したようです。

続きを読む "実感だけではなく数字からも裏付けられる法人の法的整理の増加。「法人自己破産1万件突破 昨年申し立て 85年以降で最多」(2009年1月10日付日本経済新聞より)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもながら抜群の、音楽とビジュアルが織りなすセンスの良さ。テイ・トウワ(Towa Tei)「ビッグファン(BIG FUN)」(M)

H210209_big_fun テイ・トウワ(Towa Tei)、約4年ぶり、5枚目のオリジナル・フルアルバム、「ビッグファン(BIG FUN)」(2009年2月)が自身のレーベルhug Columbiaより発売。

 おなじみタイクーン・グラフィックス(TYCOON GRAPHICS)の手を借りたアートワーク、付属のDVD、いつもながら抜群の、音楽とビジュアルが織りなすセンスの良さです。

続きを読む "いつもながら抜群の、音楽とビジュアルが織りなすセンスの良さ。テイ・トウワ(Towa Tei)「ビッグファン(BIG FUN)」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来栖けい氏イチオシの、21世紀型「近所の焼きたてパン屋さん」。「ボヌール・ドゥ・パン(Bonheur de Pain)」(築地)

Photo_5  新世代のグルメ評論家、来栖けい氏のブログで「イチオシパン屋さん」として紹介されていた、最近開店したらしい「ボヌール・ドゥ・パン(Bonheur de Pain)」(築地)。

 さっそく、我が事務所の築地駐在員を派遣し、パン6種をゲット。

 昭和の時代の「近所の焼きたてパン屋さん」を、21世紀型としてよみがえらせたような素朴で幸福なパンです。

続きを読む "来栖けい氏イチオシの、21世紀型「近所の焼きたてパン屋さん」。「ボヌール・ドゥ・パン(Bonheur de Pain)」(築地)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレア・マルダー(Clare Muldaur)へ受け継がれた魅惑の声と小粋なセンスのDNA、No.7。ジェフ・マルダーズ・フューチャリスティック・アンサンブル(Geoff Mauldaur's Futuristic Ensemble)「Private Astronomy  A Vision of the Music of Bix Beiderbecke」(M)

H210207_private_astronomy  父、ジェフ・マルダー(Geoff Muldaur)から、クレア&ザ・リーズンズ(Clare & the Reasons)の来日公演がいよいよ始まったクレア・マルダー(Clare Muldaur)へ、受け継がれた魅惑の声と小粋なセンスのDNAを探る第7弾。

 2003年9月にドイツで発売された、ジェフ・マルダーズ・フューチャリスティック・アンサンブル(Geoff Mauldaur's Futuristic Ensemble)名義での、ビックス・バイダーベック(Bix Beiderbecke)へのトリビュート盤、「Private Astronomy  A Vision of the Music of Bix Beiderbecke」。

 注目は、9曲目「Bless You! Sister」。

 ジェフ・マルダー(Geoff Muldaur)のヴォーカル・アレンジメント、ラウドン・ウェインライト・Ⅲ世(Loudon Weinwright Ⅲ)のヴォーカル、その娘のマーサ・ウェインライト(Martha Wainwright)とクレア・マルダー(Clare Muldaur)とクレアの姉のジェニ・マルダー(Jenni Muldaur)の3人からなる「The Harmony Girls」のトリオ・ヴォーカル、の2音楽家族共演のこれまた小粋な作品です。

続きを読む "クレア・マルダー(Clare Muldaur)へ受け継がれた魅惑の声と小粋なセンスのDNA、No.7。ジェフ・マルダーズ・フューチャリスティック・アンサンブル(Geoff Mauldaur's Futuristic Ensemble)「Private Astronomy  A Vision of the Music of Bix Beiderbecke」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「DIP型」会社更生手続の第2号案件でしょうか。「日本綜合地所株式会社など3社が会社更生法の適用を申請 負債額は3社合計で約2,142億2,300万円」(2009年2月5日付TEIKOKU ON LINE NEWSより)

 2009年2月5日付TEIKOKU ON LINE NEWSによると、採用内定取り消しで社会的に話題を呼んでいた、東証1部上場のマンションデベロッパー、日本綜合地所株式会社など3社が、2月5日に東京地裁へ会社更生法の適用を申請し、負債額は3社合計で約2,142億2,300万円とのこと。

 申請代理人は澤野正明弁護士他で、監督委員兼調査委員は多比羅誠弁護士とのこと。

 現時点での報道では触れられていないようですが、第1号案件の株式会社クリードに続く、「DIP型」会社更生手続の第2号案件ではないかと思われます。

続きを読む "「DIP型」会社更生手続の第2号案件でしょうか。「日本綜合地所株式会社など3社が会社更生法の適用を申請 負債額は3社合計で約2,142億2,300万円」(2009年2月5日付TEIKOKU ON LINE NEWSより)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これまた、変な名前、変なジャケットにひるんではいけない、関西発バンド。neco眠る「engawa boys pentatonic punk」(M)

H210205_engawa_boys_pentatonic_punk  先日ご紹介した、ウリチパン郡(Urichipangoon)と同様、音楽誌等で評価が高いneco眠る。

 http://www.myspace.com/neconemuru

 これまた、変な名前、変なジャケットにひるんでなかなか買うのがためらわれた、neco眠るの1stアルバム「engawa boys pentatonic punk」(2008年9月)を恐る恐る購入。

 これも、なるほど、完成度こそウリチパン郡(Urichipangoon)に一歩譲るものの、「大阪発盆踊り系インスト・ダブ・バンド」などとも呼ばれているらしい、日本人の体の奥底のDNAを刺激するユニークなサウンドです。

続きを読む "これまた、変な名前、変なジャケットにひるんではいけない、関西発バンド。neco眠る「engawa boys pentatonic punk」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.2。後藤昇(編集) 「医療費控除と住宅借入金等特別控除の手引―平成21年3月申告用」

H210203_213  いよいよ到来した、所得税確定申告のシーズン。

 特に、多くの方が恩恵を受けるのが、医療費控除と住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)。

 これまた、大蔵税務協会発刊の網羅性に優れた定番、後藤昇(編集) 「医療費控除と住宅借入金等特別控除の手引―平成21年3月申告用」(2009年1月)をよく参照し、誤りのないようにしたいものです。

続きを読む "会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来No.2。後藤昇(編集) 「医療費控除と住宅借入金等特別控除の手引―平成21年3月申告用」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勇気を持って言わせていただくとジョン(John)よりショーン(Sean)No.2。ショーン・レノン(Sean Lennon)「フレンドリー・ファイア(Friendly Fire)」(M)

H210201_3  前回、Chimera Music(キメラ・ミュージック)からの第一弾、所属アーティストのお披露目コンピレーション・アルバム「Chimera Music Release No.0」(2009年1月)を紹介させていただいたショーン・レノン(Sean Lennon)。

 そこでもご紹介させていただいた、素晴らしい2ndアルバム「フレンドリー・ファイア(Friendly Fire)」(2006年9月)ですが、今回は独立の記事でご紹介したいと思います。

 お父さんを超えていると言っていい、ブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)から影響を受けたらしい「多彩なコード感とメロディー感」による味わい深さが楽しめるだけでなく、付録のアルバム全曲のショート・フィルムのDVDで、ショーン・レノン(Sean Lennon)のスタイリッシュな映像へのこだわりが楽しめます。

続きを読む "勇気を持って言わせていただくとジョン(John)よりショーン(Sean)No.2。ショーン・レノン(Sean Lennon)「フレンドリー・ファイア(Friendly Fire)」(M)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来。伊東幸喜・植松浩行・高杉尚志 (編集) 「所得税確定申告の手引―平成21年3月申告用」

H210201_213  1月末の法定調書合計表と固定資産税(償却資産)の申告が終わるといよいよ会計事務所は、所得税確定申告のシーズンが到来です。

 まずは、平成20年度分対応版の商売道具の準備をチェツク。

 大蔵財務協会刊行の所得税確定申告必須のバイブル、伊東幸喜・植松浩行・高杉尚志 (編集) 「所得税確定申告の手引―平成21年3月申告用」、今年も当然準備OKです。

続きを読む "会計事務所の風物詩、いよいよ今年も所得税確定申告のシーズンが到来。伊東幸喜・植松浩行・高杉尚志 (編集) 「所得税確定申告の手引―平成21年3月申告用」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勇気を持って言わせていただくとジョン(John)よりショーン(Sean)。ショーン・レノン(Sean Lennon)他「Chimera Music Release No.0」(M)

H210201_chimera_music_release_no0  ジョン・レノン(John Lennon)とヨーコ・オノ(Yoko Ono)の息子、本名ショーン・タロー・オノ・レノン(Sean Taro Ono Lennon) 、ショーン・レノン(Sean Lennon)が2008年9月に立ち上げた新レーベル、Chimera Music(キメラ・ミュージック)。

 Chimera Music(キメラ・ミュージック)からの第一弾は、所属アーティストのお披露目コンピレーション・アルバム「Chimera Music Release No.0」(2009年1月)。

 注目は、ショーン・レノン(Sean Lennon)とシャーロット・ミュール(Charlotte Muhl)のユニット、THE GOASTT(ザ・ゴースト)。

 Chimera Music(キメラ・ミュージック)の公式サイトで「多彩なコード感とメロディー感、知的で洗練された歌詞が特徴」と紹介されているTHE GOASTT(ザ・ゴースト)、最高です。

 もう、勇気を持って言わせていただくならば、私は、ジョン(John)よりショーン(Sean)です。

続きを読む "勇気を持って言わせていただくとジョン(John)よりショーン(Sean)。ショーン・レノン(Sean Lennon)他「Chimera Music Release No.0」(M)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »