« 2年振りに復活。2009年のバレンタインのチョコレート・ケーキは25台限定の難関。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) | トップページ | イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)の2009年バレンタインをもう一品、「トリフ ショコラ フリュイ」。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) »

来日公演でも浮遊感あふれる声とサウンドを見事に再現。クレア&リーズンズ(Clare&Reasons)「ザ・ムービー(The Movie)」(M)

H210213  「ザ・ムービー(The Movie)」(2007年)が好評のクレア&リーズンズ(Clare&Reasons)の来日公演も、本日が最終日となる渋谷クラブクアトロ公演。

 私も仕事の合間を縫って馳せ参じてまいりましたが、浮遊感あふれる声とサウンドを見事に再現。

 本業のヴァイオリンだけでなく、ギター、ベース、ミュージカル・ソウ、リコーダー等を持ちかえ、マルチ・プレーヤー振りを発揮するオリヴィエ・マンション(Olivier Manchon)の多彩なサウンドが、やはりキーポイントでした。

 You tubeのライヴ映像を見ると、クレア&リーズンズ(Clare&Reasons)の編成にはいろいろとあるようですが、来日公演は、クレア・マルダー(Clare Muldaur): Vo. G、オリヴィエ・マンション(Olivier Manchon):Violin、ボブ・ハート(Bob Hart):keyboard・bass・vocals、ニューヨーク(NEW YORK)在住の日本人ヒロコ・タグチ(Hiroko taguchi):viola・vocals、マリア・ベラ・ジェファーズ(Maria bella jeffers):cello, vocalsのミニマムな室内楽的編成。

H210213_2  「ザ・ムービー(The Movie)」の日本盤ボーナス・トラック、ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for Fears)の1985年の全米第1位の大ヒットにして1980年代を代表する名曲、「ルール・ザ・ワールド(Everybody Wants to Rule the World)」のカヴァーの、このYou Tube上の映像と似た編成。

 http://www.youtube.com/watch?v=mFUOfB3wDl0

 真赤な衣装も同じで、「ルール・ザ・ワールド(Everybody Wants to Rule the World)」はアンコール前の最後の曲でした。

 ちなみに、懐かしいティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for Fears)版のYou Tube上のプロモーション・ビデオ。

 http://www.youtube.com/watch?v=FOA4ixV-3jU

 クレア&リーズンズ(Clare&Reasons)ですが、演奏が上手で、CDの浮遊感あふれる声とサウンドを見事に再現。

 オリヴィエ・マンション(Olivier Manchon)の「カラオケ行きませんか」などの笑わせてくれる片言日本語など、思ったよりフレンドリーでアット・ホームな雰囲気も感じが良かったです。

 You Tube上のリコーダーで小鳥と会話するオリヴィエ・マンション(Olivier Manchon)(笑)。クアトロでも、クレアがギターのチューニングを変える幕間にさかんにリコーダーでイパネマの娘を吹いて遊んでいました。

  http://www.youtube.com/watch?v=uXDYKnDK4aU

 セカンド・アルバムにも期待したいですね。

 

|

« 2年振りに復活。2009年のバレンタインのチョコレート・ケーキは25台限定の難関。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) | トップページ | イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)の2009年バレンタインをもう一品、「トリフ ショコラ フリュイ」。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

私も観ました。よかったですよねえ。

なんつっても2度とないだろう、クアトロフロア内 椅子着席観賞状況。

クレアマルダーの、とろけるような、アルバムと同じ声。

即興BGMイパネマの娘の、これでもかっていう繰り返し。

あとプルトーの時の、会場真っ暗闇状況の中の演奏と点滅するライトとか。

私は会場でラス1となった、オリヴィエ マンションのソロアルバムを買いました。

なんか帰国子女から教えてもらったんですけど

オルタネイティブ(=オルタナティブ)ってのは、もともと宗教的側面を持つ、室内楽らしいです。

まさにオルタネイティブな一夜でした。

投稿: tommy sasuga | 2009年2月24日 (火) 00時20分

tommy sasugaさん、コメントありがとうございます。
お客の入りが心配になって思わずかけつけてしまいました(笑)。
でも、良いライヴだったと思います。
クレア&オリヴィエには今後も期待できそうですね。

投稿: Accounting&Music | 2009年3月 3日 (火) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/44053233

この記事へのトラックバック一覧です: 来日公演でも浮遊感あふれる声とサウンドを見事に再現。クレア&リーズンズ(Clare&Reasons)「ザ・ムービー(The Movie)」(M) :

« 2年振りに復活。2009年のバレンタインのチョコレート・ケーキは25台限定の難関。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) | トップページ | イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)の2009年バレンタインをもう一品、「トリフ ショコラ フリュイ」。「イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)」(京橋) »