« 変な名前、変なジャケットにひるんではいけない、驚きの完成度の「関西現代音楽ポップ」。ウリチパン郡(Urichipangoon)「ジャイアント・クラブ(Giant Club)」(M) | トップページ | 帰ってきた世界一カッコいいドラマー、スチュアート・コープランド (Stewart Copeland)!ザ・ポリス(The Police)「サーティファイアブル(Certifiable)~完全限定デラックス盤」(M) »

パリの製粉会社と直接提携したバケットがおいしい。「VIRON(ヴィロン) 丸の内TOKIA(トキア)店 」(丸の内)

Photo  実用性の高いグルメ・ブログとして参考にさせていただいている「銀髪グルメ紀行」で、2008年に食べたものでもう一度食べたい一品を紹介した「この一品(東京)」で取り上げられていた「VIRON(ヴィロン)」。

 「VIRON(ヴィロン)」は、「All About」の清水美穂子氏によるインタビューによると、兵庫県加古川市のパンの製造・販売会社であるニシカワ食品株式会社の3代目、西川隆博氏がパリで「バケット・レトロドール」のおししさに感動し、製粉会社VIRONと直接提携し、2003年に株式会社ル・スティルを設立して始めたお店。

 もともとは渋谷のお店ですが、「丸の内TOKIA(トキア)」にも「VIRON(ヴィロン) 丸の内TOKIA(トキア)店 」があるので、「バケット・レトロドール」を使ったサンドウィッチなどを、さっそく新年明けのお昼に買いこんできました。

Photo_2  「VIRON(ヴィロン)」の「バケット・レトロドール」は、噛み応えのある小麦粉の味わい深さが特徴。

 以前に当ブログでご紹介した近くのパン店と比較するならば、「ポール(PAUL)」ほどハードではないが、「ビゴの店」よりハードで、その中間という感じでしょうか。

 

Photo_3  ちなみに、お店の右側「ブラッスリー」では、イート・インのランチも楽しめます。

 軽く暖められた「バケット・レトロドール」が、お替り可能。

 サンドウィッチよりも、そのまま食べた方が小麦粉の旨味がよくわかります。

 ただし、ランチ時は、13:00を過ぎても混み合う人気ぶり。

 今度は、「バケット・レトロドール」のテイク・アウトを楽しんでみたいと思います。

|

« 変な名前、変なジャケットにひるんではいけない、驚きの完成度の「関西現代音楽ポップ」。ウリチパン郡(Urichipangoon)「ジャイアント・クラブ(Giant Club)」(M) | トップページ | 帰ってきた世界一カッコいいドラマー、スチュアート・コープランド (Stewart Copeland)!ザ・ポリス(The Police)「サーティファイアブル(Certifiable)~完全限定デラックス盤」(M) »

ランチ・グルメ等(八重洲・京橋・銀座・丸の内・日本橋・築地)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/43852497

この記事へのトラックバック一覧です: パリの製粉会社と直接提携したバケットがおいしい。「VIRON(ヴィロン) 丸の内TOKIA(トキア)店 」(丸の内):

« 変な名前、変なジャケットにひるんではいけない、驚きの完成度の「関西現代音楽ポップ」。ウリチパン郡(Urichipangoon)「ジャイアント・クラブ(Giant Club)」(M) | トップページ | 帰ってきた世界一カッコいいドラマー、スチュアート・コープランド (Stewart Copeland)!ザ・ポリス(The Police)「サーティファイアブル(Certifiable)~完全限定デラックス盤」(M) »