« 「黒字倒産」と「欠損金の繰戻し還付」による税金の取り戻し。「2008年上場企業倒産は34件、戦後最悪 「黒字倒産」が19件、過半数を占める」(2009年1月14日付「日刊帝国ニュース」より) | トップページ | パリの製粉会社と直接提携したバケットがおいしい。「VIRON(ヴィロン) 丸の内TOKIA(トキア)店 」(丸の内) »

変な名前、変なジャケットにひるんではいけない、驚きの完成度の「関西現代音楽ポップ」。ウリチパン郡(Urichipangoon)「ジャイアント・クラブ(Giant Club)」(M)

H210122  先日、当ブログでご紹介した、UAの新作シングル「2008年」(2008年12月)収録の3曲目「黄金の緑 ウリチパン郡MIX] を手がけた、ウリチパン郡(Urichipangoon)。

 http://www.myspace.com/urichipangoon

 変な名前、変なジャケットにひるんでなかなか買うのがためらわれた2ndアルバム「ジャイアント・クラブ(Giant Club)」(2008年4月)ですが、ミュージック・マガジン(MUSIC MAGAZINE)等の年間ベスト・アルバムでのあまりの好評ぶりにおそるおそるチャレンジ。

 なるほど、坂本龍一等の音楽家や音楽通が絶賛するとおり、驚きの完成度の、内橋和久やレイ・ハラカミ(Rei Harakami)に相通ずるような、オリジナルティあふれる「関西現代音楽ポップ」です。

 ウリチパン郡(Urichipangoon)は、2003年にOORUTAICHI(オオルタイチ)とYTAMO(ウタモ)により結成され、2004年に奈良のインディーレーベルscilli disques(シリディスク)より1stアルバム「せん」をりリリース。

 その後、ライヴ活動に伴い、かねてより交流のあった千住宗臣(d)、亀井奈穂子(key)がメンバーとして加入し、2008年にメンバー自身が時間をかけ過ぎたというぐらいにていねいに作った2ndアルバム「ジャイアント・クラブ(Giant Club)」をリリースし、これが大好評。

 myspace videoのこのインタビュー動画によると、ウリチパン郡(Urichipangoon)という強烈なインパクトを持つ名前の由来は、YTAMO(ウタモ)が南河内郡に住んでいたのでそこから「郡」をとり、ウー、リュー、チー、パー(中国の数の数え方)の頭文字からとり、特に意味はないとのこと。

 You Tube上の1曲目「ゼノン(Zenon)」のプロモーション・ビデオ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=ZkGFabT2HNw

 演奏、すごく上手です。

 You Tube上の2曲目「パヤパヤ(Paya Paya)のプロモーション・ビデオ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=xY-_CLahMfE

 昭和の言葉で言うならば、「アングラ」っぽさも感じます。

 You Tube上の8曲目「アトランティス(Atlantis)のプロモーション・ビデオ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=YmYST8KTt6o

 独特のリズムのキレが気持ちいいです。

 「POPSの究極のすがたは、わらべうたかな?このアルバムを聴いていて、フトそんなことを思いました。すごく時間をかけて、ていねいにつくってあるね。」(By 坂本龍一)

 「黒潮にのってやってきた!? こんな爽やか変態、聴いたことない。」(By UA)

 「ウリチパン郡という地には、秘密の道があるという。世界の何処へも通じる、秘密の道。 その道を知るのは、たった4人の音楽家。今ぼくらに必要なのは、世界を繋ぐ、彼らの音楽。」(By 内橋和久)

 「こんな音楽に出会えた事が嬉しくて仕方がない。間違いなく日本屈指のポップグループ。アルタナティブなポップのひとつの極みであるのに、未来を感じる音楽だ。」(By トクマルシューゴ)

等々、「ジャイアント・クラブ」のシールや帯に寄せられた実力派ミュージシャンの声がその内容を代弁する、ウリチパン郡(Urichipangoon)「ジャイアント・クラブ(Giant Club)」、変な名前、変なジャケットにひるまずお試しあれ。

|

« 「黒字倒産」と「欠損金の繰戻し還付」による税金の取り戻し。「2008年上場企業倒産は34件、戦後最悪 「黒字倒産」が19件、過半数を占める」(2009年1月14日付「日刊帝国ニュース」より) | トップページ | パリの製粉会社と直接提携したバケットがおいしい。「VIRON(ヴィロン) 丸の内TOKIA(トキア)店 」(丸の内) »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/43842288

この記事へのトラックバック一覧です: 変な名前、変なジャケットにひるんではいけない、驚きの完成度の「関西現代音楽ポップ」。ウリチパン郡(Urichipangoon)「ジャイアント・クラブ(Giant Club)」(M):

« 「黒字倒産」と「欠損金の繰戻し還付」による税金の取り戻し。「2008年上場企業倒産は34件、戦後最悪 「黒字倒産」が19件、過半数を占める」(2009年1月14日付「日刊帝国ニュース」より) | トップページ | パリの製粉会社と直接提携したバケットがおいしい。「VIRON(ヴィロン) 丸の内TOKIA(トキア)店 」(丸の内) »