« スフィアン・スティーヴンス (Sufjan Stevens)やジェスカ・フープ(Jesca Hoop)と相通ずる「自然主義ポップ」の掘り出し物。バウアーバーズ(Bowerbirds)「ヒムズ・フォー・ア・ダーク・ホース (Hymns for a Dark Horse)」(M) | トップページ | アイスランドには素晴らしいい音楽の土壌があります!エミリアナ・トリーニ(Emiliana Torrini)「ミー・アンド・アルミーニ (Me and Armini )」(M) »

今年も期待に応えるNo.2。「イデミ・スギノ(HIDEMI SUGINO)」の2008年 クリスマスケーキ「Neo(ネオ)」

Neo  京橋の年度末の風物詩、「イデミ・スギノ(HIDEMI SUGINO)」の2008年 クリスマス・ケーキの第2弾は「Neo(ネオ)」。

 相変わらずのその造形美にみとれながら、一口食べると、「おおっ」と思わず声を上げてしまいました。

 「Neo(ネオ)」=「新しい」というネーミングのとおり、フロマージュ・ブラン(Fromage Blanc)の爽やかさ、マンゴーの酸味に、なんとバジルの苦みをぶつけてきた、正に新次元の味わいです。

Neo_2  「Neo(ネオ)」についての「イデミ・スギノ(HIDEMI SUGINO)」の説明文。

 「爽やかな味わいのチーズ、フロマージュブランのムースの中にマンゴーのムースとジュレを閉じ込めました。フレッシュバジルのスポンジが全体の印象を引き立てます。杉野ならではの絶妙なバランスに仕上がりました。」

Neo_3  断面図。

 フロマージュブランのムース、マンゴーのムースとジュレ、フレッシュバジルのスポンジの3層構造がよくわかります。

 フレッシュバジルのスポンジが新次元の味わいのポイントです。

Neo_4 イデミ・スギノ(IDEMI SUGINO)の金のマークも誇らしげ。

 イデミ・スギノ(IDEMI SUGINO)の2008年 クリスマス・ケーキですが、インターネット上の評価もどうやら「Neo(ネオ)」の方が良いようです。

 期待にこたえるというより、期待を超える素晴らしさの「Neo(ネオ)」、パティシェ杉野英美氏の高いプロフェッショナリズムに再び心から敬服いたします。

 

|

« スフィアン・スティーヴンス (Sufjan Stevens)やジェスカ・フープ(Jesca Hoop)と相通ずる「自然主義ポップ」の掘り出し物。バウアーバーズ(Bowerbirds)「ヒムズ・フォー・ア・ダーク・ホース (Hymns for a Dark Horse)」(M) | トップページ | アイスランドには素晴らしいい音楽の土壌があります!エミリアナ・トリーニ(Emiliana Torrini)「ミー・アンド・アルミーニ (Me and Armini )」(M) »

ランチ・グルメ等(八重洲・京橋・銀座・丸の内・日本橋・築地)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/43520979

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も期待に応えるNo.2。「イデミ・スギノ(HIDEMI SUGINO)」の2008年 クリスマスケーキ「Neo(ネオ)」:

« スフィアン・スティーヴンス (Sufjan Stevens)やジェスカ・フープ(Jesca Hoop)と相通ずる「自然主義ポップ」の掘り出し物。バウアーバーズ(Bowerbirds)「ヒムズ・フォー・ア・ダーク・ホース (Hymns for a Dark Horse)」(M) | トップページ | アイスランドには素晴らしいい音楽の土壌があります!エミリアナ・トリーニ(Emiliana Torrini)「ミー・アンド・アルミーニ (Me and Armini )」(M) »