« 毎年改訂に敬意を表したい倒産・事業再生に携わるプロ必携の六法。伊藤眞・多比羅誠・須藤英章編集代表「倒産・再生再編六法〈2009年版〉」 | トップページ | 「平成の経営の神様」による中小企業の「人の問題」の解決のバイブル。稲盛和夫「実学・経営問答 人を生かす」 »

小泉今日子の「アラフォー」ではなく「ナイス・ミドル」な歌心。小泉今日子「Nice Middle」(M)

H201203nice_middle  2008年12月1日に発表された、「現代用語の基礎知識」選「2008年ユーキャン新語・流行語大賞」で、40歳前後の女性をさす「アラフォー」(around forty=アラウンド・フォーティー)が大賞を受賞。

 「アラフォー」は、天海祐希主演の金ドラ「Around40」から広がった言葉らしく、世の中に氾濫気味。

 いつの間にやらそんな年代に突入した小泉今日子が、「アラフォー」という言葉を避けるように、待ちに待った5年半ぶりの新作アルバム、「Nice Middle」(2008年11月)を発表しました。

 

H201203ic  小泉今日子の前作「厚木I.C.」(2003年4月)は、知る人ぞ知る大傑作。

 THE BOOM、 GANGA ZUMBAの宮沢和史作曲の「厚木」、「モクレンの花」、ハナレグミの永積タカシ作曲の「きのみ」、「サヨナラCOLOR」等の良質なメロディーに、高野寛等のソフトな編曲が織りなす名曲のオンパレード。

 随分と愛聴させていただきました。

H201203  最近は、女優として評価の高い小泉今日子ですが、自ら主演した大島弓子漫画が原作の映画「グーグーだって猫である」(2008年9月)では、音楽担当の細野晴臣に促され、「グッド グッド(Good Good)」で細野晴臣と素晴らしいデュエット。

 「グーグーだって猫である オリジナルサウンドトラック」(2008年8月)にも収録された「グッド グッド(Good Good)」のYou Tube上のプロモーション・ビデオ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=XB4eDG9X5pQ

 どうも、この細野晴臣とのデュエットがきっかけとなり作成されたらしい、5年半ぶりの新作「Nice Middle」、前作と同様に歌心あふれるアルバム。

 小泉今日子は、Tokyo No.1 Soul Setが最近のお気に入りらしく、オープニングの1曲目とラストの11曲目に彼らの曲を起用するとともに、Elvis Woodstockことリリー・フランキー他小泉今日子ゆかりの「ナイス・ミドル」なアーティスト達が楽曲提供。

 私は、元The PILLOWS、カーネーションのプロデューサーとしても知られる上田健司(上田ケンジ)作曲の「Samida-rain」が気に入りました。

 しかし、なぜでしょうか前作の立役者の一人、高野寛の不在のせいもあるのか、残念ながら名曲度は前作にかなわない印象。

  小泉今日子の「ナイス・ミドル」な歌心、今後にも期待したいと思います。

 

 

 

|

« 毎年改訂に敬意を表したい倒産・事業再生に携わるプロ必携の六法。伊藤眞・多比羅誠・須藤英章編集代表「倒産・再生再編六法〈2009年版〉」 | トップページ | 「平成の経営の神様」による中小企業の「人の問題」の解決のバイブル。稲盛和夫「実学・経営問答 人を生かす」 »

音楽等(やや通向)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503310/43312951

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉今日子の「アラフォー」ではなく「ナイス・ミドル」な歌心。小泉今日子「Nice Middle」(M):

« 毎年改訂に敬意を表したい倒産・事業再生に携わるプロ必携の六法。伊藤眞・多比羅誠・須藤英章編集代表「倒産・再生再編六法〈2009年版〉」 | トップページ | 「平成の経営の神様」による中小企業の「人の問題」の解決のバイブル。稲盛和夫「実学・経営問答 人を生かす」 »